まあこんなこともできるよシリーズその10(遊戯王編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

まあこんなこともできるよシリーズその10(遊戯王編)

2020-03-15 22:29
    こんにちわ、こんばんわ、このタイトルではお久しぶりです
    ということで3月15日に発表された4月以降の制限改訂でハリファイバーとリンクロスがまだ使えるので
    アダマシアのデッキの話をしようかなと思います。
    と言ってもやることは他の方のデッキと大体同じです、ちょっとだけ違うのはユニオン・キャリアーに仕事してもらう形のデッキなので
    ※ハリファイバー+リンクロス+シューティングスタードラゴン以外のが見たい方は許せサスケ
    ということで

    やることはシンプルに
    1 先行であれ後攻であれアダマシアのシンクロモンスターで戦う
    シューティングスタードラゴンはアダマシアのサインとラピュタイトとレベル8シンクロモンスターを出す方法さえあればどうとでもなるので牽制するにしても突破するにしても
    1ターン目はそんな動き方に

    2 フォーミュラシンクロンを出してスターダストドラゴンを出す
    アダマシアだけではレベル2とレベル4を使ってレベル6やレベル8シンクロモンスターを出す形で
    奇数の数字のレベルのモンスターがいないので奇数の数字のチューナーが必要になります
    ただ、リンクロスを使えばフォーミュラシンクロンはリンクトークンとレベル1チューナーで出せますが
    スターダストドラゴンを出すのにレベル7チューナーモンスターが必要だし
    そもそもスターダストがレベル8だからアダマシアの動きをすれば出せるからってのもあるので
    「リンクもしたいしシンクロもしたい」って考えたら思いついたのが
    チューニングガムっていうレベル1チューナー

    こいつ何をするかというと
    ① 自分のモンスターをチューナーとして扱う代わりに発動したターンはシンクロモンスターでしか攻撃できない
    ②墓地のチューニングガムを除外してシンクロモンスターを対象とする効果を無効にする
    っていうチューナーです
    つまりハリファイバーからリンク召喚したリンクロスのリンクトークン2体の内1体をチューナー化して
    リンクトークン同士でシンクロしフォーミュラシンクロンを出して残ったチューニングガムをリンクリボーに変換、リンクリボー+リンクロスでユニオン・キャリアーという流れです
    そこからはレベル8シンクロモンスターを出す動きをしてアクセルシンクロして
    シューティングスタードラゴンをシンクロ召喚します
    ハリファイバーの効果で出すとチューナー化できないので通常召喚かワンフォーワンなどで出すのがいいかなと

    3 ユニオン・キャリアー何に使うの?
    ユニオン・キャリアーの効果でモンスターを装備魔法化させるんですが
    効果としては丁度いい運命の戦車っていう風属性のユニオンモンスターがいまして
    装備してると直接攻撃できるがその時のダメージが半分になる
    って効果なので五連打確定状態なら
    シューティングスタードラゴンの攻撃力3300+ユニオン・キャリアーの効果で攻撃力1000アップの
    攻撃力4300の五連打で大抵は消し飛びますが相手の場のモンスターが強い場合
    攻撃誘導系効果を持ってなければダメージ半分でも2150の5回だから
    ライフ回復デッキでもない限りは安全に消し飛ばせます
    弱点は手札に来るとユニオン・キャリアーの効果が使えないならコストになってもらうしかないっていう

    アダマシアの奇数チューナーが来て特に縛りがないならそれでもいいんですが
    これやるにしてもハリファイバーからのリンクロスありきなので両方とも禁止になったら
    別のやり方考えなきゃいかんので大変ではあります
    ただ、EXデッキの空きが5枚あるので三つめの戦い方も考えたいなという所
    今回はシンプルにここまで読んでいただきありがとうございます

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。