ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 時オカ100%RTA(SRMあり) よくありそうな質問

    2020-08-20 00:31

    1回も質問されたことないし今後もされなさそうだけど、
    今ひまなのでFAQ(自演)まとめておきます。
    これを全て読んだ人は、私の時オカRTAの85%を理解するでしょう。
    残りの15%紅ショウガです。


    Q.いつから練習はじめたの?
    A.2020年5月の初めくらいから練習開始
    時オカRTAはバグ制限もバグありもほぼノータッチ
    any%だけ少しやってたけど、ほぼ役に立たず(残像剣、くらい)

    Q.ランキング(Speedrun.com)ありますか
    A.https://www.speedrun.com/oot#100
    「SRMありorなし」で分かれてて、ありの方を練習しています

    Q.これ最新ルートですか?
    A.いいえ。最新ルート(2020/8/19現在)はFブーツという重力無視技術を用いてフワーッしています。あとフロルの行き先を変えるだとかでワープしまくります。あと副作用で子供リンクの服が水色になります。見た目も難易度もマジキチルートです(なんかバク宙するだけでソフトロックするらしい)。クソムズそうだしあんまり疾走感を感じないので自分でやる気はないです。

    Q.じゃあどんなルートで走ってるんですか
    A.大枠はzfg氏が5/20に出した世界記録3:38:01のルートです。
    https://www.speedrun.com/oot/run/zx2gwjem
    ↑のFブーツのルートより理論値15分くらい遅いみたいですが、そちらは通すのが難しすぎるのでいまだに更新されていません。(Fブーツの最高記録が3:45:xxくらい)

    Q.SRMってなんですか
    A.くわしくしらんけど、なんかいい感じにメモリをいじってアイテム取ったりワープ先ずらしたり大人になったり色々できるらしい。原理を理解するのはめんどいけど、再現するだけなら説明書どおりやればだれでもできる。

    Q.どこでSRMをつかいますか
    A.私のルートでは最初の15分くらいでゾーラ川でアイテムぽこぽこ回収するところでだけ使います。

    Q.SRMでとってるアイテムおしえてほしい
    A.ながくなるぞ くわしくは動画をみてくれ
    https://youtu.be/nShiYmEPqsI

    デク棒30
    目薬 
    ロングフック
    コンパス(森の神殿の)
    デク実30
    ボムチュウ
    大人のサイフ
    のこぎり ※目薬がきえる
    ポウ(本当は妖精入りのビン) ※ビン1
    ディンの炎
    矢立て40
    巨人のサイフ
    うさみみずきん
    ミルクビン ※ビン2
    あやしいくすり ※ノコギリ消えるから予め増殖保存しておく
    氷の矢 ※弓なくても矢立あるので弓矢がうてる
    ミルクビン ※ビン3
    ボムチュウ
    ボムチュウ
    ホバーブーツ
    デク棒20 ※あとで0本にしたいから20の方が便利
    ばくだん ※ボム袋ないので無価値
    タネ袋50 ※あとでパチンコ取る時30に上書きされる
    50ルピー
    ボムチュウ ※50でカンスト
    メガトンハンマー
    目薬 ※あやしいくすり消える
    ボスカギ(森の神殿の。つかわん)
    ちいさなかぎ(森の神殿の。有用)
    200ルピー


    Q.こんだけアイテムとれれば短縮すごそうですね
    A.まあ、デカイはデカイんだけど、時オカ100%は「バグでアイテムだけゲットして、はいおわりー」ってのは禁止されているのでちょっとややこしい
    不正入手(RBAっていうBビンバグや、SRMなど)自体はしてもOKなんだけど、最終的には正規の手段で入手する必要があるらしい
    なので、ここで稼いだアイテム(例えばロングフック、メガトンハンマー、ホバーブーツ等)は宝箱あけてもう一度入手する必要がある


    Q.そしたらびみょうですね
    A.とはいえ、このおかげでカットできるイベントも多いので総合すると10分以上は速くなってんじゃないのかなランキングみるに
    ・ホバブをとりに闇の神殿行かなくていい(従来だとホバブのためだけに闇いって攻略はせずに帰る)
    ・ノコギリRBAでワープ曲とれる(プレリュード等)
    ・お面評論会などのアップグレード系の途中が省ける
    ・わらしべイベも、うさみみと目薬が最後1つ手前なのでフルカット
    ・ディンの炎スロットを使って大人で子供アイテム使える
    ・ロングフックもってるからダンペイレース1回で済む
    ・ボムチュウ50こあるからガンガン消費できる
    ・250ルピーも、豆10、デクの実強化40、ゴロン服200で使い切れてムダがない


    Q.ゾーラ川SRMの途中でノコギリ増やしたりしてんのは何
    A.equip swapってやつで、子供でハンマー装備したりするのと同じバグなんだけど、なんか2つもっていれば、同じスロットのアイテム(キータンのお面とうさみみずきん等)を別々に所持することができるっぽい
    これやらないと元々もってたほうは上書きされちゃう(あやしいくすり入手時にノコギリが消える)
    最終的にほしいのは、ダイゴロン刀引換券の1つ前の目薬なんだけど、ノコギリが有能すぎる(後述)からいったん保存しておきたいってかんじ


    Q.SRM後に豆屋爆撃してBビンしてるのは何
    A. RBA というバグで、C右のアイテムが管理するアイテム系列のメモリを書き換えて色々入手しちゃうことができる
    Bビンの中身をカラにするか虫にするか等で効果が変わる
    例)C右 ポウ(ボムチュウの個数担当)
    例)C右 ミルク(爆弾の個数担当)
    例)C右 氷の矢(水の神殿のボス鍵など担当)
    このときはC右に「ノコギリ」をセットし、Bに「虫」を入れる
    ノコギリは「歌・ワープ曲担当」と凶悪なのでチョー便利
    「虫」だと子守歌・セレナーデ・ノクターン・プレリュードGET!


    Q.ほーん・。・☕(興味が無いのでコーヒーを入れ始める)
    A.ほーん・。・(あきた)


    まあここまでの内容で大体20分前後だと思いますけど(あと3時間以上続くわけだが)、あとは結構みただけでわかる系のバグだと思うので、なんか思いついたら追加しておきます
    ツイッターでルートの7割くらい字幕解説動画だしてるから、もしガチで勉強したい人は参考にしてちょ #バンおか100
    https://twitter.com/OotBann







  • 広告
  • 第3回RTAバー終えて(学祭・SoSと比較)

    2019-12-28 09:52

    ※かんじたことのメモ書きです
    あまり文章を整理してないのでご注意を
    ※専門単語っぽいのは最下部に注釈として補足説明をつけました


    12月27日、17~23時で
    例のイベントバーエデンサッポロでRTAやってきやした
    https://twitter.com/ebe_sapporo
    終わったばかり(なお仮眠8時間)の興奮冷めやらぬうちに、
    感じたことを残しておきます。


    今年は、6月の学祭、8月末のSoSを経験して、
    前回の第2回RTAバーが3月だったので
    約9ヶ月ぶりとなるRTAバーということで、
    前者2つのイベントとはだいぶ色がちがうイベントだったかなーってことで
    自分なりの解釈をちょっとまとめておこうと思いました。




    学祭、SoSと大きく違ったところ、それは


    ①小規模な会場&完全オフラインイベント。
     だからこそのワイワイ感 
    です。



    エデンサッポロは、よく店長が自分から言ってるので
    多分いいだろうってことで僕も言っちゃうんですけど、
    まああんまり広い会場ではないです、、、

    お客さん15人も入るともう立ち見が出るような感じです。
    RTA研究会側ですでに9人ほどくることが決まっており、
    また今回初の試みである「プロジェクター上映」をはじめ
    機材でさらにスペースをとることを考慮すると・・・


    あれ?お客さん入れなくね?




    という不安は若干あったのですが、
    17時開店のところ14時と早めに現地入りし、
    機材レイアウトを工夫した結果、その問題はだいぶ解消できたかなと思います。
    (後ろの方の人はプロジェクター画面が見えづらかったかも。すいません!)


    ただこの「狭い」会場っていうのが
    完全デメリットというわけではなかったな、
    むしろメリットとしてうまく働いていたなというのが、
    本記事で一番伝えたいことです。


    会場が狭いと必然、物理的にお客さん同士の距離感も近くなります。
    すると、ここで初めて会った人同士にも関わらず、
    「ゲーム好き」という共通話題で自然と話が進んでいるのが
    僕的にはとても嬉しかったです。
    今回に限らず、これがイベントバーエデンという場の楽しさの1つだと思います。

    そして「生配信なしの完全オフラインイベント」というのが、
    学祭とSoSとの大きな違いです。
    同時生配信もおこなった学祭やSoSの時は、いつも配信しているクセからなのか、
    やはりゲームしながらコメントが気になってしまい、
    画面の向こうにいる「ネット配信の視聴者」に気が行ってしまって、
    現地にきてくれた視聴者さんとのからみがあまりできなかったなー
    という後悔が少しありました。

    しかし、エデンでやる場合は、
    第1回・2回とも完全オフラインで行っているため、
    プレイの解説を100%現地のお客さんに向けてできます。
    視聴者の反応を見ながらできるため、やってる側としても非常に楽しい。
    また物理的にも心境的にも「走者⇔視聴者」の距離感がかなり近く
    見ている人が走者に気軽にその場で質問できたり、
    華麗に決まったら「おお~」と言える空気にできたかな、と思いました。

    もちろん規模や視聴者(現地+ネット)は学祭やSoSのほうが数十倍も上で、
    また今現在行われているRTAinJapanでは
    ついに今年同時接続者1万人を超え(!)大きな盛り上がりをみせていますが、
    「走者と視聴者の一体感」に関しては
    今回のRTAバーも引けを取らない盛り上がりを見せていたかな、と思います。
    (いやホント、最後に関してはエロゲやってるだけで、もはやRTAですらなかったのに
     あれほど盛り上がれるのは素晴らしいことです)


    来て下さった方の感想もツイッターでちらほら見かけており、
    皆さん楽しんでいただけたようで、企画者として非常にうれしい限りです。
    このワイワイ感が、今回エデンという
    「狭い」会場で開催出来てよかったなと思う点の1つです。





    イベントバーエデンでRTAを披露できたことによる
    メリットはもう1つあります。

    我々RTA研究会の活動目的として、
    「自分たちがRTAを楽しむ&追究していく」のはもちろん、
    まだまだ一般層に認知が十分とは言えない「RTA」という遊びを
    イベントを通してさらに広めていきたいな、というものがあります。


    この点は実は学祭・SoSでも共通して言えることなのですが、
    エデンの方がより影響が大きそう、ということで挙げさせて頂きます。

    ②「RTA好き」ではなく、
    「イベントバーエデン」の固定客として
    来てくれる人
    によって広がるRTAの輪



    イベントバーエデンサッポロは、ほぼ毎日、お客さんが1日店長となり
    その人の個性を生かした様々なイベントバーをおこなっています。
    (12月の例:オラに性欲分けてくれバー、
     倖田來未と女装バー、素数大富豪バーなど)


    とすると、バーの内容に興味をもってきてくれる人もいる一方で、
    イベントバーエデン自体のファンとしてとりあえず行こう、という
    エデンの固定客の人がRTAをここで知ってくれる可能性があります。
    (僕は経営とかはドシロウトなので変なこと言ってたらすいませんw)

    実際、今回
    「我々RTA研のことはあまりよく知らなかったけど、
     エデンサッポロにはよく来るので来てみました!」
    と、その直後すすきのでの飲み会の予定があるにも関わらず
    わざわざ寄ってくれたお客さんがいました。
    その方はRTAの起源となった「ファミ通」時代は知っていたが、
    最近のRTA事情については追えていなかったようで、
    世代ドンピシャの「クロノトリガー」メモリ破壊系RTAを披露したところ

    「今のRTAって上手いプレイとかじゃなくて、
     ゲームを壊す時代になったんですね」


    と言っていただけたのが印象的でした。(そ、それが全てではないですよ!w)
    褒め言葉として受け取らせていただきます。
    ちなみにクロノトリガーは
    第1回は2時間50分でクリア、今回は27分でクリアしました。





    まとめ

    SoSは、もともとRTAが好きで見る人のアクセスは素晴らしいですが、
    現状RTA完全初見層の獲得は難しいかな、という印象があります。
    もしその方向で力を入れていくなら、会場でお借りしている
    13labo内で宣伝をしていくか、SNS上での宣伝をするかになると思いますが、
    まあ、第1回時点で会場が埋まるほどの盛況もありましたし、
    無理に初見獲得を掘り下げていく必要があるか・・・というのは
    今後運営の方針次第かなーって感じです。
    (※参考:SapporoOfflineSpeedrun終えて

    一方、北大祭は、新規獲得のチャンスが最も大きいと思っています。
    特に土日のメインストリートの人口数はとてつもないわけで、
    今年はマリオのコスプレをして宣伝していきましたが、
    北大祭を楽しみに来た一般層に「なにか面白そうなやってるな」と
    少しでも思わせる、引き込んでいくのがとても重要だと思います。
    第1回となった今年は、esportsサークルと合併の教室だったこともあり
    課題がたくさんあがりましたが、来年は改善して
    「ホーム」である北大で、我々の存在感を出していきたい所存です
    (と、偉そうに言いながら来年は主催できないという。ガンバレ!後輩!

    そしてエデンサッポロは、上記①②で言った通りの
    独特の良さがあると思っています。
    今までは走者が完全にRTA研究会メンバーのみで構成されていた都合上、
    練習期間や学業との兼ね合いがあり、けっこう負担が大きいため
    半年に1回くらいペースでの開催としていましたが、
    今回SoS主催の人に来ていただいたところ
    非常に気に入っていただけたようで、
    走者の獲得・視聴者の需要があるようなら
    今後はもしかしたら頻度をあげて開催できる・・・かも?






    てことで
    これで大体言いたいことはいいました。スッキリ
    じゃいあんくんからもらった大根のツマをもっしゃもっしゃ食べながら
    ダラダラと長文失礼いたしました

    ・・・とりあえず今回も言えることは、


    めちゃくちゃ楽しかったです

    Thank you 店長・不謹慎マン
    次回はいつになるかわからん&来年からお仕事で忙しくなる(予定)なので
    僕は参加できるかわからんけども、
    また来年も北大RTA研究会をよろしくお願いします。


    良いお年を!




    ※注釈
    北大祭(学祭)って?・・・6月に行われた第61回北大祭で
    屋内企画としてRTAを披露する企画をしました。↓配信ビデオ
    https://www.twitch.tv/rta_hokudai/videos?filter=highlights

    SoSって?・・・Sapporo Offline Speedrunの略称。
    8月末に行われた、札幌のRTA走者で集まった北海道最大のRTAイベント。
    ホームページ https://rta-sap.net/

    RTAinJapanって?・・・3年前に発足し、今回で4回目となる日本最大のRTAイベント。
    日本のトップ走者たちが秋葉原の会場に集まり最高のプレイを披露します。
    ホームページ https://rtain.jp/
    現在配信中(大晦日まで連続放送です!)→ https://www.twitch.tv/rtainjapan

  • SapporoOfflineSpeedrun終えて

    2019-09-02 23:372

    8月31日、9月1日の2日間、37時間ぶっつづけ
    札幌初のRTAオフラインイベントに運営・走者として参加しやした




    運営としての反省はマァそっちでやるとして、

    1・オフラインイベントに参加した感想
    2・自分の走りの自己採点
    3・バグなしRTAはイベントに不向きだろうか?

    を、寝る前に書き残しておこうと思った
    鉄は熱いうちにトンテンカンってやつす
    (でも実は3書いてる途中に寝た!!!!)




    1・感想
    めっちゃ楽しかった。
    深夜メインでずーーっと会場にいた。仮眠で2回家帰ったけど。
    ほんとはずーーっと居たかったし結局家でも配信で見てた。

    RiJも他のオフラインイベントもどこも行ったことがなかったので、
    直接会場に出向いたのは初の経験でござんした。
    6月に学祭やったろって?
    正直主催としては配信トラブらないかヒヤヒヤで楽しむどころじゃナイ

    今回は、結構な走者さんと交流出来たり、
    深夜きてくれたDPS(学生のバーサークル)の人や会場の店長さんとも
    お酒を飲みながらRTA話が出来たので、とても居心地よかった

    もちろんRTAもやっぱり配信で見るより何倍も臨場感があって、
    あとスクリーンとは別に、コメントが見れるモニター2つあるのは
    いちいちスマホで確認せずすむし見やすかった

    まあ37時間あっという間だったけど、もっともっと続いてほしかったなー
    って気持ちが今めっちゃ強いからこそ、これくらいの長さが丁度いいんだと思ふ
    いやー次回もぜひ会場は同じく13LABOでやりたいなー





    2.ムジュラの自己採点

    タイム・・・2:45:20(運営さんのストップウォッチ準拠)

    ざっと大きなミス
    ・ララスキ焦りすぎ 1分
    ・ウィズロ逃し1回 20秒
    ・キータスキップもたもた 10秒
    ・ナック乙 からの逆さ 1分
    ・卵集め区間もたもた 基礎動作ゴミ30秒?
    ・ギブド井戸もたもた 30秒?
    ・グレベ神殿テクタイト部屋、パネルジャンプ落下 30秒?
    ・ウドフォ神殿フック 20秒
    ・イカーナ城クモ部屋 10秒
    ・ロックビル裏リコフリ落下 30秒
    合計 5分

    普段の配信でこれだったら文句なしの「ゴミ!」で吐き捨てて
    オワオワリなタイムだけど、まあ本番でこれなら十分かしら
    乱数はララスキの吹雪で2分溶け以外はだいぶいい感じだったと思う

    オフラインの環境だとやっぱり豆腐メンタルマンは
    手が震えてエイムが合わない合わない(エポナ風船割り。モルド。。)

    4神殿内はまあそれなりにまとまったけど、
    ロクビ裏がマイナス5万点くらいあるので帳消しで~~~す
    終わり悪ければすべて悪し。

    ただ、たらればに入りますけど目標だった2時間40分切りは、
    もし大ミスが1個もなくても切れてないのね。
    まあララスキ2分プラスの前提だけど。
    じゃあどっからきたプラスかというともちろん基礎動作の積み重ねで。
    これは家で配信やってる時では絶対あり得ないことだと思う

    やっぱり環境が変わること、解説しゃべりつつってことに慣れること、
    そしてこだわらないでチキるとこは安定をとってチキるという冷静な判断
    純粋な実力(自己べタイム更新)よりこーゆーの能力のほうが、
    本番1発タイムの底上げには重要だなあとおもった

    ま、予定タイムの2時間50分は余裕をもって超えられたし
    こんなガバガバな通しでもまだ世界2位のタイムより速いし
    要所要所のポイントは決められたから特に思い残すことは無いですな
    初陣ってことで70点ってとこやね







    3 バグなしRTAの行方

    これは今回のイベントで直接会場に出向いて特に感じたことなんだけど、
    バグありRTAの盛り上がりすごすぎ。


    例えばロマサガ2あたりから、2日目のお昼ごろということもあってか
    会場の人も徐々に増え始め、
    ツイッチ上の視聴者も同時350人ほど?(通常時の2倍近い人数)
    今イベント一番の盛り上がりを見せていたと思います。
    実際すごかった。見てない人は是非ビデオを。
    https://www.twitch.tv/videos/475232458


    ただ。



    もちろんバグ技で盛り上がるというこの現象は自然な流れだとは思うのですが、
    僕はRTAをそれだけの観点で見るのは非常にもったいないと考えています。


    というわけで、RTAの中でもマイナー・マニアックであり
    なかなかスポットライトの当たりづらいバグなしRTAについて
    すこーしだけ語って終わろうと思います。
    (ためしに配信でしゃべってみたら40分くらいダラダラ続いてしまったので
     なんとか短く要点をまとめます。)



    ぼくはRTAは 視聴する側と走る側で 意識が異なっていると思っていて、

    視聴者側(特にオフラインイベントなど)
    ・通常プレイでは見られないようなバグ技がみたい
    ・多くの人が安定しないような難しい操作を華麗に決めるところがみたい
    ・ゲームの豆知識や雑談・BGMをきいて、昔を懐かしみたい


    走る側
    A バグ技を用いて大幅にショートカットしたプレイがしてみたい
    B 技や基礎動作の完成度を高めて、記録更新したい
    B' 何度もリセットして豪運を引いてとんでもないタイムが出したい


    走る側をA、Bに分けたのは理由があって、
    まさにこういうイベントの場で視聴者側が見たいのはAであり、
    走者の自己満足の色が強いBはあまり求められていないと感じています。

    まさに バグありRTAがAの観点であり、バグなしRTAはBの観点に
    属しているんじゃないかと思うわけです。

    もちろんすべてのRTAがこれらを片方しか満たしていないわけではなく、
    例えばマリオ64のようにバグ技も豊富にありながら、
    上位のタイムを出すには実は基礎動作詰める方が重要で、
    ストイックに1秒単位のタイムを争う、助長なムービーも少ない、
    まさにタイムアタック向きのゲームも存在します。 が・・・



    B色がつよく、(細かい時短技が地味でわかりづらくあまりウケない)
    かつ時間が長くかかってしまうバグなしRTAは
    今後どんどん人気がなくなってしまう、
    というかイベントで全く採用されなくなってしまうんじゃないかと危惧しています。


    じゃあバグなし勢でもイベントで盛り上げるにはどうすればいいのか。
    ぼくが考えた案は2つです。


    1。並走で応募する
    Bの面を、自己満足だけでなく視聴者にもわかりやすい形で反映するなら
    これは2人で競っているところを見せるのが良いと思います。
    一見わからなかった地味な基礎動作の差がみるみるついていきますし、
    ムービーなどが多くても2人なら雑談で場をもたせやすいかもしれません。
    バグなしでは長い解説が必要な場面も多くないのも◎

    そしてむしろ、バグありRTAで並走形式ってする必要ありますか?
    難しい技をどちらかの走者が成功してくれる可能性があるメリットはありますが、
    2画面になって解説がどっちをしていいか
    わかりづらくなるデメリットのほうが大きくなるような気がしています。
    1画面の解説のほうが視聴者側は集中できそう、ということです。
    大技失敗によって大きく差がついてしまって逆転が厳しくなりがちなのも△




    2。比較用のラップを配信にのせるか、解説に紙をわたす

    今回、ドラクエ6の8時間のRTAを後半、ガヤとして参加させてもらいましたが、
    走者の方が自己ベストを30分ごとくらいにラップ化したものを
    紙に書いてもってきてくれました。これ、すごくいいアイデアだなって。
    おかげで、ボス撃破ごとに目標タイムに届きそうかどうか
    コメントすることができました。臨場感が生まれますよね。

    普段のRTA配信でも感じることですが、長時間のRTAを毎日やってると、
    ずーーーーっと画面にはりついてみてくれる人なんて相当の暇人以外いません。
    まあ時オカ100%みたいに、いつどのタイミングで画面見てもバグってるとか
    そういうバグてんこもり4時間とかならまだわからんでもないですケド


    だいたいの人が、作業しながらのラジオ用とか、
    雑談しにきたりとか、うんち!wっていいにきただけとか
    (※ここでこの先15行くらい書いた文章が消えて萎えたので
     思い出しながらだいぶ簡略化&テキトーになります)


    彼らが見に来てるのは地味なゲーム画面ではなく、
    ラップのプラスマイナスから、自己ベストが出るかどうかが重要なわけです。
    一方、イベントではストップウォッチ型タイマーしか存在しません。
    これでは、走者自身は走りの出来がわかっても、伝わりにくい・・・


    また、区間ごとに区切れば、全体の3時間でみると5秒短縮は微妙ですが
    例えば5分で終わるダンジョン攻略内部での5秒短縮なら
    非常に大きな差になってくるのは想像に難くありません。
    分割して、微短縮を視聴者に分かりやすい形で可視化させるのは大事だと思います。




    というわけで、
    素材だけで十分面白く見ごたえのあるバグありRTAと、
    一工夫いるんじゃないかな?と思うバグなしRTAについてのお話でした。

    まあ今回ムジュラバグ制限で参加したのでなんとなく
    バグなしに偏った立場で書きましたが、
    結局バグありでも上位を目指そうとしたらB色というか、
    基礎動作を詰めて自己満足の域に到達するのは避けて通れないとは思います。


    視聴者側が初めて見て楽しめたり、新しい走者が増える見込みがあったり
    イベント向きなのはきっとA色のつよいRTAなのでしょうけど、
    実際タイムを求めると走者は何週も何週もするわけなので、
    長年通じて配信などで記録狙いをできるモチベーションにつながるのは
    B色のつよいRTAなのかなと思っています。

    そして、今後のイベントでは
    まさにBなRTAにスポットライトが当たるような配慮があるといいなあと
    そんなふうにふと思いながら、
    ブルーベリーカシスオレンジを飲みながらカタカタと駄文を書きました



    さいごに



    札幌オフめっちゃ楽しかったので
    次回が待ち遠しいです!! 
    以上