ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ラヴォス第1形態スキップ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ラヴォス第1形態スキップ

2017-08-14 17:54
    通称LSS(Lavos Shell Skip)と呼ばれる技です。


    100%できるようにはなっていませんが、
    とりあえずそこそこできるようにはなったので
    みなさんにも一緒に苦しんでもらいたく、書きました。

    まずは動画を作ったのでご覧ください。




    そもそも何やってんのかって話ですが、
    (海外勢の真似っこしただけなので原理に関しては素人です)

    老人のセリフは普通はゲート側にいくと消えてしまうのですが、
    それをメニュー開閉でずっと表示させることで、
    まずはゲートワープのセリフをストレージさせます。
    (メニュー画面からAおしっぱでゲート乗るだけ。)

    するとムジュラのように、何かしらのセリフがでたあと
    ゲートの「〇〇年に行きますか?」のメッセージが出てくるので、
    ラヴォスのバケツに触れて、全て「はい」を押し、
    「未来+ラヴォス+古代のワープ」と3重にワープすることで
    ボス戦を一度経験したという扱いにしているんじゃないかと思っています。
    (なぜ左下にタッチして、メニューひらくと成功するのかはナゾです。)





    実際に成功させるうえで難しいポイントは、
    「ラヴォスバケツにさわってからクロノを左上にワープさせる」ところです。

    よく上にワープしてしまったり(→ラヴォスの日へ)
    左上にいくも、Yが効かなかったりします(→未来へ)

    左上にワープするための条件は2つ
    ・クロノ、マール、ルッカの位置が完璧であること
    ・特定フレームでAを押せていること



    この画像の位置以外だと失敗します。
    ちょっとでもずれていたらダメです。

    正確な位置をとるためにセットアップが存在します・・・が、
    セットアップ通り動いているのによく失敗します。
    原因はナゾです。
    (1999年の「はい」を押すAが早すぎたのかなーと最近気づきました)

    セットアップに関しては動画通りです。
    基本的にダッシュですが、回復バケツを下にいくところだけ歩きます。

    ラヴォスバケツにダッシュで行きついても、右にいききらないことがあります。
    原因は、ダッシュは2ピクセルずつ動いているからだそうで、
    初期位置が奇数ピクセルだとスキマが1ピクセルのこってしまうようです。
    もしスキマを感じたら右に歩きましょう。
    (念のため自分は毎回右にすこし歩いています)

    右に歩いたら一度左にダッシュして
    マールとルッカの立ち位置をリセットしたほうが良いらしいのですが、
    別にしなくても成功します。







    まずラヴォスバケツを調べると「2300年・・・」がでてきます。
    Aを押したらすぐスタートを押し、上の9つのどれかのフレームに合わせます。

    合わせられたら、解除+Aを同時に押し、Aをすぐ離します。
    「はい」を選択し、「1999年・・・」がでてくれば成功。
    「6500万年・・・」が出てくると失敗。強制ワープされるのでリセ。

    つまり、
    「2300・・・(バッファ、はい選択)」
    「1999・・・(1行目終わったらA長押し)」
    「6500万・・・(Aおしっぱ)」で、左上にワープするはずです。

    これで上に行ってしまったりする場合は、
    Aのタイミングがおかしいか、立ち位置がおかしいです。





    海外では海外版のほうがすこーし早く、入手の関係もあり
    日本版でやっている人はほとんどいない状況で、
    とにかくなんの解説もなかったため、
    海外勢にひたすらチャットで聞き試行錯誤をしていました(現在進行形)

    もしこれでクロノRTAに興味を持った方がいれば、
    まだまだ開拓状態なので、一緒にお勉強できたら嬉しいです!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。