ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

光過敏性発作について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

光過敏性発作について

2018-09-17 21:23
    書こうかどうか迷いましたが、少しでも楽しい投稿動画環境が守れるならばとの思いから、
    ここに書かせて頂きます。

     まずは下記のリンク先を見てください。
    一般社団法人 日本民間放送連盟のアニメーション等の映像手法に関するガイドラインです。
    https://www.j-ba.or.jp/category/broadcasting/jba101033

    ーー引用ここからーー
    〈アニメーション等の映像手法に関するガイドライン〉

    1.映像や光の点滅は、原則として1秒間に3回を超える使用を避けるとともに、次の点に留意する。
    (1)「鮮やかな赤色」の点滅は特に慎重に扱う。
    (2)避けるべき点滅映像を判断するにあたっては、点滅が同時に起こる面積が画面の1/4を超え、かつ、輝度変化が10パーセント以上の場合を基準とする。
    (3)前項(1)の条件を満たした上で、(2)に示した基準を超える場合には、点滅は1秒間に5回を限度とし、かつ、輝度変化を20パーセント以下に抑える。加えて、連続して2秒を超える使用は行わない。

    2.コントラストの強い画面の反転や、画面の輝度変化が20パーセントを超える急激な場面転換は、原則として1秒間に3回を超えて使用しない。

    3.規則的なパターン模様(縞模様、渦巻き模様、同心円模様など)が、画面の大部分を占めることも避ける。
    ーー引用ここまでーー

     きっかけは、私が改造配布したモデルを使ったMMD動画で、光過敏性発作を招来する可能性のある物を発見した事でした。
     実は、仕事の関係で光過敏性発作に関しては以前から知っていましたが、自分の関わる動画
    が、それに該当する事になるとは想像していませんでした。

     で、動画投稿する身として何をしたら良いか……。
     自分の作る動画で、光過敏性発作を招来するような物は作らない。投稿しない。
     のが良いと思います。

    「激しい点滅があるので、光過敏性発作を招来する可能性がある」
    と注意書きをするのも方法の一つです。
     ですが、幼児・児童の場合に注意書きが理解できるとは限りません。また、大人であっても、自身が光過敏性発作を起こす可能性を自認しているとは限りません。
     やはり、
     光過敏性発作を招来するような物は作らない。投稿しない。
     が良いと思います。

     少しでも楽しい投稿動画環境が守れるならばとの思いで、書きました。
     皆様の参考になって頂ければ幸いです。


     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。