ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2020年振り返り
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020年振り返り

2020-12-31 19:36
    年末如何お過ごしでしょうか、ブロマガでは度々お久しぶりになります。
    今年濃すぎてTwitterじゃ振り返り切れねぇ!!!!となり、ブロマガにて珍しく1年の振り返りをしてみたいと思います。

    2020年は非常に大変な年でしたね、と耳にタコが出来るぐらい聞いてると思いますが、それぐらい大変な年だったんだなぁ…と。
    一方その頃、私鈴見はと言えば、圧倒的散財とゲームの1年でした。
    勿論リアルの生活も大変ではありましたが、大変が故に物事を大いに楽しむことができたんじゃないかなと思います。



    さて、2020年1月25日にはEVOinJAPANにてパネルでポン大会がありました。
    今年のパワーの源はここから始まっていると言っても過言では無いですね!
    見たことないよ!という方は是非URLから飛んでご覧ください。(youtubeですが) https://youtu.be/qIf9dn7qWw8
    非常に長い動画にはなっていると思いますが、内容としても見ごたえがあると思います。
    「まだある!まだある!」
    自分はこの大会において3位という成績を収めることが出来ました。
    実は2019年の夏にもパネルでポン大会があったのですが、123位がその時と全く同じですね。
    3位が揺るがないというのは良いことでもあり、やはり壁の分厚さ・高さを感じます…。
    その壁の分厚さ・高さがパネポンをプレイするモチベにもなりますが、1番の理由は「まだまだ自分が大幅に成長できる余地がある」という事ですね。俺はまだまだやるぞ!
    またこのEVOの大会の前日、自分がパネポンRTAとニコ生とパズルボブルRTAとその他諸々の事を始めるきっかけになった方と写真を撮りに行ったのも、今年のパワーの源であります……ありがたや!
    更にEVOから約1週間後には、EVOで4位だった方と一緒に大会の解説配信が出来たことも非常に光栄で、自分の中では強い思い出となっております。

    EVOからは鬼のようにパネルでポンのスコアタと何故かパズルボブル2のRTAをすることとなりました。本当にパワーを得過ぎてパワーが有り余ってました。
    パネポンRTAに関しては今年大きく動きましたね。S-HARDのタイムが遂に7分切るという…恐ろしや!
    正直大層落ち込み、悔しかったのですが、逆に言えば自分にもそこまで縮められる余地があるんだなと今はポジティブに捉えております。モチベはまるで上がりませんが…。
    パズルボブル2RTAは現在は7分47秒までタイムを縮めることができています。speedrunで言えば一応3位ですね。最近モチベはまるで(ry
    そして、コミュ限でしか走ってないのですがSFCのぐっすんおよよというゲームのRTAも少し練習しました…これは1時間切ったぐらいで若干満足を得てしまいました。


    EVOのパワーが尽きないまま、去る5月15日、パネルでポン界隈に激震が走ります。
    『パネルでポンが5月20日にNintendo Switch Onlineにくるぞ!!!!!!!!!!!!!!!!』
    寝てた私は知らせを受けて飛び起きました。
    EVOで大会やってまだ私のモチベを上げるのか、と。
    遂に本家で手軽に対人が出来るのか、と。
    こんなに衝撃的で嬉しいことはなかなかありませんね。
    このことによってパネルでポンを過去にやっていた多くの方がプレイ可能になったわけです。
    そして今も多くの方がやられているようです。(ニコ生は寂しいことになってるらしいですが)
    間違いなく界隈にとって今年の1番のニュースになったことでしょう。私も嬉しい!
    配信者にとって嬉しいということ(配線替えをしなくて良い)、switchを持っていればパネルでポンを知ってる知らないに関わらず触れやすい環境になったこと、オンライン対戦が可能な環境になったことが本当に素晴らしい事だと思います。
    現に、今まで出て来なかった非常に強いプレイヤーが多く出てきてることや、自分のTwitterのフォロワーさんがパネルでポンをプレイし始めたよという報告を聞けたことが、良い環境になったことの証明だと思われます。
    とはいえ対人に関しては、自分は殆どやってないんですがね。(テヘ
    ただ、自分がRTAや大会の上位者として誰かのサンドバッグやレクチャーをしやすい環境になったというのも非常に大きいことです。
    任天堂さん、本当にありがとう。
    なので、25周年記念に新作はよ。


    またPANEL ATTACK(以下パネアタ)という海外勢が制作されたパネルでポンのファンゲームがあるのですが、このパネアタにて海外勢と日本勢がそれぞれ10人集めてHP制で戦うという大会もありましたね。
    今年と言う感覚が全くなかったのですが、今年だそうです…ヒエヒエ。
    自分は非常に不甲斐ない結果(ストレート負け)でしたが、大会自体も、日本勢のdiscordの通話もワチャワチャで楽しく、良い経験をさせて頂いたなぁと感じております。



    ところで、冒頭に散財の年であった、と書きましたが…。
    給付金10万円、これがいけなかった。(経済を回すという意味では良い意味)
    まず66000円の哲学の本を買います。
    そこからあれよあれよと色んなものを買い、気付いたら多分うん十万は使っていました。

    趣味の話なので、ここからはごま塩程度に見て貰えればと思うのですが、今年はカメラ機材を2台購入しております。(GR3とα6400)(どちらも10万に近いウン万円ほど)
    カメラにおいての1番の沼であろうレンズは、何だかんだ今日届いたLoxia 2/50という1本しか買ってないのですが…。
    趣味以外にも衣食住にほどほど費やしておりますので、何故黒字だったのか分かりません。
    まず趣味が多過ぎるんですがね!でもまだ増やしたいという欲があるので強欲ですね~。
    趣味はお金が掛かるが経験を得られます、とは言っておきましょう。トレードオフ ワーイ。
    更に言えば、1つの趣味が他の趣味に影響を及ぼしたりします。自分の場合はカメラです。
    カメラ以外の趣味では絵を描くこともあるのですが、今までより絵を描く喜びを知れたおじさんになれたと思います。
    因みに66000円の本は読み切れておりません。(総ページ約3000ページ)
    読み切れてないのに他の本を買い、その本も読み切れてないので、世の中の読書好きが通るであろう『積ん読』状態です。トオランデヨシ!
    あとはガンプラもピアノも絵も積極的にやり始めてるので、本格的に1日48時間欲しいです。



    2020年を総括いたしますと、人と人との距離を保つことを推奨されるような世の中に今はなっておりますが、個人的には逆に例年以上に人との繋がりを持てたと感じた1年でありました。
    また、お金を犠牲に自分の心の中の充実を召喚することが出来ました。
    充実を召喚してしまったが故に、更なる充実を求めるようになっていますが…。
    それはともかくとして、今年1年を振り返る度に自分はパネルでポンと言うゲームに出逢っていたこと、プレイしていたことにありがたさを感じざるを得ません。兄よありがとう。
    そして、パネルでポンというゲームを楽しませてくれる環境を与えて下さってる方々…多方面でおられますが、本当にありがたいことです。

    来る2021年、まだまだ世間的には困難も多かろうと思いますが、困難が解消されて物事がよく進めると良いなと願うばかりです。
    自分自身としては、経験をちゃんと形に出来るようになりたいという抱負を持って、次の年を迎えたいと思っております。



    とまぁ、こんなところでしょうか。
    これでもかなり駆け足で書いてみたのですが、長い&読みづらかったら申し訳ありません。
    そして「あぁそういえばこんなこともあったなぁ…」なんて思い返しながら書けたので良かったのですが、結局これは自己満足ですね。
    こんな自己満足な文章でしたが、もしここまで読んでくださった方がいらっしゃれば、ありがとうございます。

    では、よいお年をお過ごしください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。