10/24日記 
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

10/24日記 

2019-10-24 23:28
    知ってる人は知っている、
    僕の会社のろくでなしゴミジジイ。
    彼は数回の勧告にもしたがわず、
    クビ寸前まできてようやく泣きついてきて、
    おとなしく違う部門に異動させられたのだけど、
    今日と昨日、二日連続で有給。
    体力だけは超人的にあるから今まで休んだことすら珍しいのに。

    何のことはない。どうせ借金取りから逃げてる。
    奥さんだか兄弟だかが重病になった時に、
    保険にも入ってないし健康保険も払ってなかったとかで、
    かなりの借金を負っているとは聞いたけど、
    最近、本社にそいつを探す内容の電話がかかってくるそうだ。
    知らんなそんな名前の取引先?と調べたら金融関係の会社だったとか。

    僕は彼がどうなっても構わない。
    今頃、半死半生になってても知らないし、
    飢えて死にそうになってても見なかったことに・・・
    いやそれはできんな。おそらくだけど、
    僕に残ってる僅かな正義マン精神が、
    毎日98円のカップ麺一個くらいはくれてやるだろう。
    彼が他人に感謝する姿勢を持っていた場合だけど。

    それは慈悲ではないの。


    金がなくて普段食べられなくて、
    それでも我慢して過ごしてきた老駄犬に、
    一日一食、安物の餌を与えるヤツがいたとしてさ、
    なつくしかないよね彼に誇りがあろうとなかろうと。
    死ぬより飢えは苦しいものだから。プライドとか打ち捨てるよね。
    そうしてある程度、僕に餌をもらうことに慣れたころ、
    突然、打ち切るんだろうな僕は、支給を。
    しかも無言で特に前触れもなくだ。
    彼は物欲しそうでいて、けど立場の上下から沈黙するしかないだろう。
    完全に、その餌を腹に収めるタイミングでそのつもりでいたのに。

    慈悲ではないと言ったのはそういうとこだし、
    おそらくこんなことを考える僕は人間の屑なんでしょう。
    けれどもさ、そこまでの仕打ちをしてやろうと思われるほど、
    ゴミジジイがやらかし逆切れされ耐えてきた歴史も、
    少し顧みてはもらえなかろーか。

    もらえなくても、あいつは僕が侮辱し、プライドを傷つけ、
    精神や人生観全部を蹂躙してやる。
    そんなのは、クズがやりゃあいいのよ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。