• 2020年上半期ニコマス20選 

    2020-07-30 23:11
    基本レギュレーション
    対象は2020年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
    自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
    1Pにつき1作品(合作・別名義については別カウント)
    選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でも可)
    ※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります


    祝!アイマス15周年
    アニバーサリーイヤーだったはずなのにコロナ渦のせいで相次ぐライブ、イベントの中止
    私自身の生活にもその影響は大きく、Pとしての本業、副業共に未来に光が見えない状況になりました
    そんな中発表された、ミリオンのアニメ化
    開始よりの7年間の思い、未来に光が差した事、本当は7thライブで発表するハズだったんやろな(チケット持ってた)と様々な感情が極まり涙が止まらなくなってしまいました
    さらに15周年記念配信、MOIW2000
    自分にとっての765プロ集大成、当時はM@STERPIECEで嗚咽で声が出なくなるくらい泣き崩れました
    Blu-ray持ってますけど、やはりダバダバに泣いてしまいました
    そして高まった感情で集めた2020年上半期ニコマス20選です









    『アライブファクター』ミリシタMV音源差し替え版(3rd幕張2日目バージョン)
    週刊歌らん さん


    数々の伝説を残し3thライブツアー、その千秋楽の演者の感情が迸ったステージの再現MAD,
    アニメでもこのシーンとありがサンキューは再現してもらいたい
    この日にアニメ化発表
    アニメ終了後に、4th武道館開催、そしてミリシタスタート
    これがベストの流れだったと、ミリマス史を振り返れば思います
    その後のライブでも発表されず、sideMアニメ化、シャニマス立ち上げで、ミリオンアニメ化の分水嶺は超えてしまったものだと決めつけていました
    それだけに今回のアニメ化発表は本当に嬉しい
    ありがサンキュー!



    【ミリオン7th】Thank You! リモートVer DAY1【てづくり39】
    =mocchi=P(札幌P) さん



    アイマス内に限らず他のソシャゲが軽率にポンポンアニメ化する中、待ちに待たされたミリオンライブ
    それは我々だけでなくガールズ達もそうでしょう
    恐らく、アイマス声優に選ばれた時に夢見た未来と比べて「もうちょっと、こう、ねえ?」
    しかし765プロはオリジンからして苦労に苦労を重ねて報われた人達で、だからこそ語る言葉に耳を傾ける価値があるわけで
    7年間感情任せに歌ったり笑ったり泣いたりして、いつも感動をくれた彼女達に幸あれ



    Dragon Lady
    ゆのすP


    馬場このみ+チャイナ服+Dragon Lady
    という解釈一致


    東宝版「Do the IDOL!! ~断崖絶壁チュパカブラ~」【ゴジラ対チュパカブラ】
    リンスキー師範 さん


    アイマス×特撮 その1
    ゴジラ対へドラをちゃんと観た人ってニコマス界隈であまりいないと思うけど
    このMADはゴジラシリーズ最大の奇作の魅力を最大限に抽出していて見事なプロデュース


    Flyeriders!!!

    ゼロワンP(ガナティア) さん


    アイマス×特撮 その2

    自粛期間中、家で仮面ライダーすっごい観てた
    もっと面白い作品やためになる事沢山あるだろうに、すっごい観てた
    シリーズ毎にクオリティも方向性もバラバラで、序盤で見せたわくわくは大抵中盤でグダグダになる
    欠点多いけど、それが気にならなくなる突き抜けた加点を持っている
    うん、アイマスと仮面ライダーって似てる
    だから好き


    【疑似m@s】ジャスミン

    ホエホエ さん


    アイマス×特撮 その3

    タイトルとサムネで内容判るだろ?
    という作者の思いきりがいい



    シャニマスMAD】Dye the sky.【2周年記念】



    Dye the sky.は令和時代の歌マス



    天才あさひ面白いもの探しのついでに新大陸の謎を解明する



    シャニマスアイドル達はメインストーリーという芯に
    Pカードという縦軸とSカードという横軸を加える事で立体的に描写される事で顕在化する
    今作はあさひの魅力である縦横無尽な奔放さを公式に先駆けて3D化



    【MV MAD】We can go now!【シャニマス】

    いを さん


    イルミネの関係性は先行シリーズの信号機に比べて
    3人の噛み合い方の分量が緻密で均等で正三角形だと思います
    シャニマスはアイドル毎に専属ライターがいるとの事でその成果がうまく差別化できてる



    おシャニ魔女カーニバル!!



    シャニマス君は
    アイドル達はかわいい
    楽曲は最高
    シナリオは苛烈
    生まれる感情はクソデカい


    シャニマスのカード演出や構図をベタ褒めする月ノ美兎

    サイ さん


    おもしれえゲームだなあ、アイドルマスターシャイニーカラーズさんよお!


    346×283プロレス CG1 SHINYCARD メインイベント

    eso さん


    esoさんのプロレスを熟知したストーリーの組み方は抑える処を外さないので毎回楽しみ
    プロレスも無観客でネット配信等新しい試みで、コロナ渦と戦っている
    アイマスもプロレスも生観戦してえ



    大乱闘ワンダリングドリームチェイサーズ.run()

    謝罪P


    フルボイスストレイライト劇場
    いやシャニマスは元々フルボイスなんですが・・違和感ねえな



    【アイドルマスター】千本桜【和装ユニット競演】

    兄裸 さん


    今年は花見もまともに出来ませんでしたよ
    代わりに咲き誇る和装ユニット達で乾杯


    ☆私は上に行くんご☆辻野あかりボイス&総選挙応援一人テニミュ【あいつこそがテニスの王子様】

    屋良斗 さん


    テニミュパロとしての完成度がすげい



    白雪千夜の中の人「1日1円貯金していったら…」

    smsnm さん


    京セラドームで情熱的なステージで満座を魅了したVelvetRose
    関口嬢は一人で他の動画出演する時は新人声優の所作で応対しているのに
    この番組では佐倉嬢を敬愛するあまりデロデロに甘えてしまっていてそのギャップが良き
    そんなフリーダムな関口嬢を可愛がる佐倉嬢のお姉さんぶりも実に良き



    アイマス曲「薄紅」をビリーバンバン菅原進が歌ってみた。



    そんな事ってある?
    ニコマスにこんなロマンがあるなんて


    ろまんてっくがとまらない

    サハラ さん


    振り返れば奇跡的なタイミングで開催できたデレマス京セラ7thライブ
    普通に流れていた日常が壊れても、ロマンティックは止まらないし
    アイドルマスターは鳴りやまない




    【㊗️ボイス実装】あきあかをすこれよ!【りあむ込みでもいいよ】

    わんさかP


    りあむに先行して声が付き
    あきあかが揃って声が付く、どう転んでも面白いドラマのプロローグ


    【ボイスアイドルオーディション】Kim deal【デレステMAD】

    セバス さん


    君の声が聴きたい
    レギュ変更により盛り上がったVA
    個性的なアイドル達の魅力的な一瞬を切り取った編集も素晴らしいし
    190人もの精緻な3Dモデルを制作したデレステスタッフに大感謝
    私は2017年より桐生つかさを推しています↓証拠

    https://ch.nicovideo.jp/swordstrike/blomaga/ar1276759


    サムネ一選
    迷光には手を出すな very short ver.

    カワセミンP


    一張羅 パリッと着込んで ライブやるのさ なんすかねこれ
    どうせやるなら めんどくさくなろうじゃん
    なるようになるしかないわね ストレイライト

    最強のアイドルできちゃってるわな~
    ストレイライト



    あとこれ一選
    たべるんごの歌ブーム

    傑作揃いで選びきれないのでここに纏めます
    アイドルマスターを使って、面白い事を発信したい
    そんな多くの人が集まって盛況だった



    スターリットシーズンはきっとそれほど面白いゲームじゃないと思う
    しかし15周年関係のライブが尽く中止の中、否応なく注目度が上がっている
    期待値が上がるとトラブルが起きて微妙なゲームにコンテンツの命運がかかる
    アイマスはずうとそうだ
    アイマス最高

  • 広告
  • アイドルマスター MR ST@GE!!  亜美真美回感想  ~ブッ飛ばせ フルブーストで~

    2020-02-26 23:31
    アイマスMR、亜美真美回を観に行って来ました
    1stも2ndseasonも行ってなかったので、初観戦
    週末の公演が新型ウイルス問題で休止になったので行った回が、結果として最終公演になった訳で観れて良かったと胸をなでおろしています
    EXILEの京セラドームが当日中止になり、この間のシンデレラ7thも際どいタイミングでの開催だった事に慄きます

    ゲームのアイドルのライブシーンを大画面で観て、そこに声援をおくる
    そういうイベントを開いてほしい、とは10年以上前から思ってました
    その位無印箱版の3Dモデルは革命的に出来がよかった


    それを立体的に動かして見せるのは10年前にニコマスPがこれほどの動画を作っているわけで

    アイドルマスター 『All I want』 id -イド- OP

    今の最新技術だとどれくらいの物が観れるのか楽しみに、VRシアターへ向かいました

    開演するとステージ上、何も無かった空間にステラステージモデルのアイドルが出現
    浮き出て見えるというより奥行きが感じられる様に見える
    ステラモデルの頭身バランス、クキっとした発色、キビキビしたダンス
    着ぐるみショーを見ている感じ
    そしてその「見方の強制」は、アイマスライブのような「アイドルと中の人」「プロデューサーと観客」といった虚構と現実が入り混じる曖昧さが魅力の場においては、はっきりとマイナスにしかならないと思います。結局そのやり方の行き着く先は、MRのような「実際のアイドルが出てくるステージ」であって、声優さんはその代替物にしかなりません(その辺りはシンデレラ6thや今回の夜想令嬢のステージに色濃く出ていたと思います)。

    ライブの感想では何度も言っていますが「声優さん」は「キャラクター」ではありません。いわゆる「2.5次元ミュージカル」などであれば、「その場におけるそのキャラクター」として存在もできますが、声優さんはあくまで「声」という、大きいがそれが全てではない一部分を担当しているに過ぎず、それゆえに絶対「キャラクター(全体)」にはなりようがないのです。


    アイマスライブにおいては、声優さんの「キャラクターでなさ」を観客側が汲み取り、時に応援によってそこを埋めることによって成立させてきていて、それが成立した時の一体感や感動が、大きな魅力となっていたと思います。

    最近はキャラと同じ衣装を着せたり、延々キャラクターとして喋らせたり、主に「声優さん」を消す方向の「演出」によって、声優さんの「キャラクターでなさ」を埋めようとしているように感じます。しかし現状上手くできてるとは思いませんし、どこまでいっても「声優さん」は「声優さん」であり「キャラクター」ではないので、ただただ違和感が目立つばかりか、観客側は見方を狭められ、ステージと客側の双方向性も無くなり(台本を読むというのが基本になるので)、何もいいことがないので、そういうやり方は即刻やめていただきたいです。


  • デレマス7thライブ 大阪DAY2 ~アソベヤ ウタエ チカラツキルマデ~

    2020-02-25 00:09
    京セラドームから1週間
    ライブのあまりの衝撃で、その余韻が抜けず、日常のあらゆる事に対して向き合えないまま
    ふわふわと過ごしまました


    で、このラジオでの松田颯水の限界まで力を使い切った姿に



    やっと我に返る事が出来
    遅ればせながら感想を記したいと思います


    自分の京セラドームの座席はステージサイドの見切れ席
    ステージまでの距離で言えば、アリーナ最前より近いけど
    セットや柱が邪魔になってガールズ達の姿は彼女達がステージの前まで出てきてくれないと見えませんし、シンデレラバンドの姿も見る事が出来ないという位置

    なので曲によってはアイドルの姿が一度も肉眼で確認できない事もありました
    ステージ横のモニターに対しての角度も浅くて、席からではまともには見えません
    そして音響もステージに真横だからか、アリーナ向けのスピーカーとスタンド向けのスピーカーからどれぞれラグがある状態で両方聴こえるので
    耳に届くのは常時輪唱状態という中々のハンデを貰った席でした

    それでも同エリアのP達は生バンドの演奏とガールズのロックなパフォーマンスに熱狂
    さすがはこの新型ウイルスのリスクの中、アイマスの為にならこの身がどうなろうが構わない、といった覚悟を持った剛の者達

    特に前半のハイライト、牧野さんのアコースティックパート
    演者の皆さんはステージの上方に集まってしまったのでその姿はまるで視認できず
    あまりのエモさにドーム中のPがすすり泣いた、極上のステージでしたが
    ステージサイド席でのP達のすすり泣きには別の意味合いが込められていたように思えてなりません、血が混じるような涙でした


    そして後半のハイライトは松田颯水嬢の「

    初日に「PANDEMIC ALONE」2日目に「毒茸伝説」を披露して
    さらにこの曲
    京セラドームは松田颯水の為にあるのか

    ステージの中央で熱唱する颯水嬢
    その姿は見えませんが凄まじい熱量がドームを圧倒

    見たい!その姿を、我らの前にお見せ下され

    天照大御神を岩の前で待つが如く祈るP達
    曲が盛り上がる中」、ステージ最前に降臨、客席は大爆発

    15年前に場所も同じ京セラドームで伝説の名勝負
    山本KID vs 魔裟斗を観ました




    あの時もスタンド席からでしたが全盛期といっていい二人の放つオーラは半端なく
    マンガでよくある「闘気で身体が大きく見える」を本当に感じたもので
    160㎝と170㎝台の二人なのにまったくモニターを見る必要がなかった(同日メインの曙はモニター越しでも見つけられない程存在感が無かった)

    何が言いたいかと言うと、そんな15年前の記憶が蘇る程に颯水嬢は大きく見えた、という事です
    彼女の輝きはホンモノでした

    ガールズの姿をまともに見れず、ずっと不満を感じていたステージサイド席でしたが
    最初颯水嬢の曲だけが聴こえ
    最高に盛り上がったところでその姿が見せる
    結果として神がかった演出になった事だけは感謝したいと思います

    サンキューロック!



    最後に、6年前シンデレラガールズの1stライブの感想書いたブログに
    デレマス1stライブ感想 その5クール編 前

    https://ch.nicovideo.jp/swordstrike/blomaga/ar510193

    青木瑠璃子はその長い手足を使いこなせる様になった時凄くなる
    的な事を書いたんですが
    あの時と同じ、「Twilight Skyでドームを揺らす瑠璃子嬢はパフォーマンスは6年前に私が夢見た姿でした


    一度きりの旅だから
    自分だけの旅だから
    好きなもの集めるんだ  間違ったっていいんだ