• 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』感想 ~意地悪な嘘で駆け引きを~

    2019-12-22 03:41


    2016に「この世界の片隅に」を観た時は、感情かき混ぜボタンを押されてしまったので心の中がグルグルのグチャグチャのドロドロになりました
    映画観てる最中って、展開を予想したり、演技や美術を感心したり呆れたりしたりしながら観るようになっているのですが
    今作は、余計な事を何も考える事なくラストまで世界観に感情移入というか没入したあげく
    心が潰れそうになってバシャバシャに泣いた

    戦争によって貧しくて、幸せで、苦しくて、愛しくて、哀しくて、満たされて、失って、笑って、泣いて、生きていて、死んで行く市井の人々の物語

    世界の片隅で自分を見つけてくれた人がいる
    当たり前だと思っていた事がどれだけ幸せな奇跡なんだと言うことを教えてくれる作品

    主演の、のん(能年玲奈)の演技もうまいとかうまくないを超えた鋭さで心に刺さってしまって
    劇場に何度も足を運んでしまった

    内外で高評価を受け原作でアニメ化されなかった部分を追加した長尺バージョン

    映画→原作
    という順番でこの作品を見たので

    好きなのは通常版の方かな?が観終わった時の感想
    視聴前の期待値は超えてこなかった

    追加されたのは主にリンやテルといった遊郭の遊女達との交流
    それに伴うすずの心の葛藤

    それにより周作との喧嘩や、中盤の水原との一夜といった,絡み合いすれ違う男女の機微の意味合いが深くなっています(隣の席の女性はおそらく小野ファンで水原が喋る度に身を捩らせていた)

    通常版は全ての場面がトラウマレベルで心に刻まれているので
    原作の再限度の高さや演技が上手であればある程それを感心する度にそれが心の中でノイズになって作品に没入していた津常磐より、やや作品に対して俯瞰的でありました

    そんだけ何度も観た通常版の純度の高い結晶のような完成度好きなんだなと再確認
    (TVドラマ版のラストの解釈違いの甚だしさの再確認)

    もちろんポケットティッシュ使い切る程泣きましたし
    蛇足だなんてネガティブな事を言うつもりはありません
    監督、スタッフの皆さんはよくぞこの作品を作ってくれた、と思います


    もしこの長尺版が初めて観た「この世界の片隅に」なら感想は変わったかもしれないが
    そんな事を言うのは贅沢な事かもしれんよ(リン風に)




  • 広告
  • ターミネーター:ニュー・フェイトdis  ~審判の先に往く者~

    2019-11-27 20:13

    どうでもいい話ですが
    自分が初めて見たベッドシーン、外国人の裸はリンダハミルトンで
    当時小学生だったので映画館で非常に衝撃を受けました
    私の性の扉をノックした彼女が63歳で頑張っていらっしゃるのは感慨深い

    何の感慨だw

    ターミネーター2は高校生でした
    初日に観に言って、あまりの感動に一日中観てました(当時は入れ替え制では無かった)

    物語を綺麗に閉め、この後の展開を視聴者に委ねる
    この上ない完璧なラストだったので
    続編を作るという事が野暮極まりない

    なのに人は過ちを繰り返す
    パート3
    ジェニシス
    T2のその後を3度目に描くニューフェイトの感想です
    ネタバレを含むのでご注意下さい





    今作をT2の続編として評価するなら、自分はジェニシスの方がまだいいんじゃないかなと思います
    好みの問題といえばそこまでですが
    このニュー・フェイトはシナリオも面白くないしご都合展開の連続です
    でもその前に映画として問題点が多い




    ターミネーター2の続編を何度作ってもしっくりこないのは
    ジョンコナーがT-800を破壊しない
    これに尽きる
    T-800はジョンの父親であるカイル・リースの命を奪っています
    なのに2以降、新作のプロモーションは
    「シュワちゃんがまたT-800を演ります!アイルービーバック!て言います!すごいでしょう」
    で毎回キャッキャッして、作中でなあなあに馴れ合って
    アホかって話でね

    ジョンがレジスタンスのリーダーになる通過儀礼として必要なのは父の仇であり父がわりであるT-800という個体を破壊する事やろ?
    大人になったジョンが父の仇を取ることによって初めて、実の父をタイムワープさせる資格を得るねん、それで物語が円環する
    それをせぇへんからストーリーが締まらないし閉まらない、マイケル・ビーンも呆れてるわ
    3のラストでそれをやってれば、シリーズこんな迷走していない
    これはもう16年間言い続けているから

    今作はポディガードに水冷システムを付加したけど
    それが物語を何も面白くしてない
    「これは終盤で主人公側が窮地に陥る為の仕掛けやな」と視聴者に思わせて何も起きない、しょーもな

    T-800は180キロあるのに足の細いただの椅子に寛がせてログハウスの中をペタペタ歩き回らせる
    体重を椅子に掛けても傾ぐことも無く、重さへの表現が皆無
    アクションやCGに何十億掛けようかこう言うところ気を配らない映画は大嫌い

    コンピュータやスマホをハックして監視カメラやドローンを使ってターゲットを捕捉するならターミネーターが人型である意味がない
    1も2も、人と見分けがつかない機械との知恵比べしながらの追いかけっこがスリリングさ
    徐々にターゲットに近づく恐怖が観客を掴んで歴史に残る名作になったのに

    原案のジェームスキャメロンて人はターミネーター観たことないんじゃね?

    科学の進歩は映画からワンダーを奪ってしまいましたな

    Hasta la vista, Baby!



  • 個人的シャ二マス流行語大賞2019

    2019-11-25 15:31
    シャ二マス流行語大賞2019

    この様なイベントが公式で開催されております
    なので自分のシャニマス流行語大賞を決めてみたい


    ゲーム内に限らず、シャニマス界隈で使用されたワードならOKの様なので
    範囲を広げて選んでみたいと思います


    シャニのアイドルは数が少なく、一人辺りのテキスト量も多くなり、よりキャラクターが深く掘り下げられ、またキャラクター性を決定づけるセリフ回しが秀逸で
    ガールズの演技と相まって、自分でも思わず真似したくなってしまいます
    「見ない顔ですねぇ」
    などはその代表ですね、何てことないセリフなのに河野嬢が言葉に命を吹き込むと、一度聴くと耳から離れない


    「〇〇ってすごいのよ」夏葉
    「凛世は…〇〇…〇〇…で…ございます」凛世
    「あ゛ーーー(強調したいことに濁点をつける)ですー」果穂
    「見んね霧子、○○ばい!」恋鐘
    「最高じゃーん」摩美々
    「わくわくっすー」あさひ
    「よし、楽しく話せたな」プロデューサー
    この辺りの基礎的シャニ用語は汎用性と応用性に優れているので、日常的に使い倒していて恋人にウザがられています


    大賞採りそうな
    「餃子パリッとさせたくて」
    シャニマスを知らない人達にも強烈に刺さりました
    元のテキストからして狂ってますが、絶妙な抑揚と感情を込めて演じきった近藤嬢の素晴らしい仕事を絶賛したい


    ここからは個人的シャ二マス流行語大賞2019を発表します
    流行語というよりシャニマス界隈で2019に生まれた好きな言葉になっています
    コミュやCDドラマ等のネタバレを含むのでご注意ください






    3位 「あまりに身の丈に合わない大きな夢を持ってしまった」 芝崎典子

    1stライブ FLY TO THE SHINY SKY2日目夜の部の挨拶より

    初日の河野嬢の挨拶と凄く迷いましたが、僅差でこちら
    「有名になり喝采を浴びたい」表現者として生きる事を志したなら誰もがそう思うのでは
    そんな当たり前の感情すら「恥ずかしい」と言い切った彼女の挨拶
    「こんな清廉な人が存在するのか⁉」と号泣した、堤城平なの?
    特典映像で母性を見抜かれ園児にもみくちゃにされる姿とせっかく晴れ舞台でニーソを脱ぎ忘れるドジっ子ぶりと合わせて典子が最高なので1stのBlu-rayみんな買え!



    2位 「アイドルが戦うってのがどういう事か、見せてやる」黛冬優子

    ストレイライトイベコミュ『Straylight.run()』より

    「ふゆ」という鎧で全身を護る冬優子に対し、木刀を振り回し全力で殴ってくるあさひ
    全編そんなやりとりの果てに、クライマックスに鎧を脱いだ冬優子が言い放った啖呵です
    少年漫画のノリと熱さでグイグイ引っ張るんですがエピローグがビターなのが青年漫画的でいいです、松本大洋の「ピンポン」を彷彿とさせる完成度の高いシナリオ
    シャニマスがアニメ化する時は3人との出会いと感謝祭コミュと合わせて6話位使って完全再現してほしい、その価値がある
    自分のありのままの姿でファンに好かれたいあさひ、ファンが望むアイドルでありたい冬優子、こうありたいアイドル像を見つけられてない愛依
    違うベクトルで輝く三人だから
    迷光 ストレイライト その物語は敗れた処から始まる
    よく出来てる





    1位 「めぐるは解るの⁉」風野灯織

    THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 02」より

    いわゆるアイマス信号機のの系譜である灯織
    クールでストイック、初期は他人に心を開かないがあるラインを超えると懐いてくる
    そういう基本特性に神経質さとネガティブさを強めにステータス割り振った彼女の個性を確立したワードとして自分は「ここからは、私の領域」を推します
    デビュー1年経ち(作中経過時間は不明)以前より打ち解けたイルミネにお笑いとのコラボの仕事が舞い込み、3人が特訓する。という筋立てのドラマCD
    その中で真乃が「鳩漫談」なるものを披露するのですが、初めて聞いた時笑い死にそうになりました。
    その中で真乃の無茶ぶりへのめぐるの同意に対するツッコミがこのセリフなのですが、この場面の掛け合いの緩急が完璧、だから何度聴いても笑える
    誰にも通じないだろうけどセトウツミwithバルーンさんさながらの掛け合い
    これは演出家のディレクションというより実際に1年間苦楽を共にした3人だから共有できる空気感
    サービス開始よりしばらく盛り上がりに欠けたシャニマスも2年目に1stライブ、ストレイ追加、バンナムフェス、と勢い付いてきております
    一番しんどかった時期、看板として頑張った3人に敬意を込めて
    この言葉を個人的シャ二マス流行語大賞2019としたいと思います