夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE- 感想 ~世の果てで、愛に届け~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE- 感想 ~世の果てで、愛に届け~

2018-03-01 01:02

    閉幕した冬季オリンピック
    中でも盛り上がったのが女子カーリング

    P的には「そだねー」よりも引っ掛かったのは
    「これでいいかい?」「〇〇するかい?」で
    ミリオンライブ続いてればひなたがカーリングやってるカード絶対出てるよなー
    と観てました

    カーリング女子
    けして器用でない女子達がお互いを支え合いながら苦難を超えて躍進する物語は実にアイマス的でしたね
    いつかTHE@TER BOOST!で超カーリングとか良いんじゃないでしょうか?

    チーム結成からメダル獲りまで、土台造りに何年もかけて来た事が報道されていますが



    ミリオンで5年かけて蒔き育てた種が
    ミリシタに移行して開花した良イベント
    夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-




    そのCD
    「THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 05 夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-」

    の感想です

    内容に関するネタバレがあるのでご注意ください






    このCDでは単純にガールズの演技が冴えるドラマCD、というのでなく
    各アイドルが、お芝居をしている演技
    になってるのが素晴らしい
    演じるアイドルへ入り込む事と、アイドルを客観視する事の相反する事が出来なければならないと思います
    それは5年向き合ってきたアイマスガールズだから出来る事

    野村は千鶴とだれ?らじでのフリーダムトークしか知らない私ですが
    実に良い芝居を千鶴にさせてて、新しい一面に聴き入ってしまった
    二階堂千鶴のCVの為に生まれた愉快な女の人だと思っていましたが
    声優だった

    他人の言う事を裏も取らずに何でも信じちゃうアレクサンドラは実に野村的でした
    妹のノエル(伊織)の名を呼ぶ時に、何回ノメルと噛んで録リ直したんかなあ
    もっと野村の演技の幅を知りたい、聴きたいと思わせる熱演ですよ、熱演


    男装の美少女、恵美と女装の美少年、朋花
    というバリ舞踊の様な倒錯的な設定ですが、そこんところはあまり掘り下げられず残念(特に朋花)
    ゆきよさんの鬼気迫る演技はこのCDのMVP

    エドガーを救ったクリスですが、エドガーがメンドクサイ娘で困ってる葛藤が伝わることりさんのセリフの行間
    全部聴いてから、プロローグを聴くと二人のこの後が「人魚の森」ルートなんだなってのが暗示されます


    エレオノーラの演技はミリシタのコミュで莉緒姉が考える「セクシーな辺境伯夫人」感がバッチリで、ゲームとのリンクもしっかりしているのも良い

    昴が演じるルカは性別は作中で語られませんが男性名なので多分男
    「普段男言葉の女の子が男を演じてる」という演技がちゃんと出来てて
    この微妙な匙加減、佑圭さんの巧みさが光ってて、出番は短いですが実に印象的


    ミリオンライブが5年かけて積み上げた物があってこその作品
    3Dモデルを駆使してその裏側をコミュにしたミリシタ
    ここにきてコンテンツの土台が整った
    あとはどんどん突き進んで行ってもらいたい


    SSAでこの楽曲がどの様なパフォーマンスになるのか楽しみです
    客席で「どうして俺たちを殺そうとするんだ?」
    と、こちらのド肝を抜くような演出に期待





    シャイニーカラーズ
    いくつかのアイドルのPVが公開されても

    よくわからないアイドルに
    よくわからない声優でピンと来ないところですが


    ミリオンも始まる時はまったく同じでした
    見極めようとするのはまだまだ早い


    クリスティーナ「選んでください、今直ぐアイマスから離れるか
    もう二度とアイマスから離れなくなるか」


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。