シェイプ・オブ・ウォーター感想  ~神と紙と髪~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シェイプ・オブ・ウォーター感想  ~神と紙と髪~

2018-03-05 17:27

    アカデミー賞おめでとう

    監督がギレルモ・デル・トロで
    半魚人と喋れない女性のラブストーリー

    この設定を知っただけでお腹いっぱい

    ストーリーはエロとバイオレンスと笑いに満ちたのモンスターミーツガール

    私は指に大怪我(事故で切断)したことあるので
    ストリックランドさんに感情移入、というか激痛共有してしまって
    実に痛かった
    痛かったぞーー

    という訳で個人的な理由でスクリーンから目を背け
    思わず自分の指を擦るシーン多数

    という個人的な理由で作品に没頭しきれませんでしたw残念



    デル・トロの美術と画面造りの完成度は実に高くて
    セット、照明、カメラアングル、その他にすごく拘っていて
    場面場面が実に画になっています
    良い映画を観ているな、という気分に浸れるので
    劇場で観るのを推奨します






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。