M@STER SPARKLE 07 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

M@STER SPARKLE 07 感想

2018-03-09 00:49

    ミリシタ新衣装グレイトフルブルー
    昴に着せるとめっちゃ可愛い
    たまらん




    IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 07





    LTPがアニメ前期OP曲
    LTHが後期OP曲

    でこのM@STER SPARKLEはED曲

    曲の傾向がそんな感じだと個人的に思っております

    5年かけたアイドル達の成長やキャラクターの掘り下げを感じられる楽曲が揃っています





    「Take! 3. 2. 1. → S・P・A・C・E↑↑」 松田亜利沙

    亜利沙らしい明るく楽しく元気な曲
    作詞が前二曲と同じなので、正当発展曲という感じ
    コール&レスポンスも沢山あるのでSSAでも大いに盛り上がる事でしょう


    「ときどきシーソー」 中谷育

    この曲も作詞家が前2曲と同じ
    今までの楽曲は子供の視点で見えた世界を歌う、でしたが
    この曲では「大人に見られたい子供」という育のパーソナルにより迫る楽曲
    TH04ドラマパートによると育の両親は娘にかけ湯も教育しないようなので
    Pへ背伸びした所を見せる事が彼女の欠落した感情へのサティスファクションなのかと思うと可哀想
    とか、いらん深読み





    スノウレター  木下ひなた


    雪の中で遊んでいた頃を思い出し、そこから未来に想いを馳せる
    ひなたの明るい顔が浮かんで来て、聴く程にどんどん好きになるタイプの楽曲
    それ程大きくない会場でじっくり聴きたいところですが
    SSAの巨大なステージで、4thライブのBlu-rayや最近のニコ生でナチュラルでフリーダムな人間性が露わになり魅力に磨きに掛かっている田村嬢が
    この世界観をどう表現してくれるのかが楽しみです





    教えてlast note…  篠宮可憐


    このCDの中で1番好き
    M@STER SPARKLEの中で一つは入ってる、Pへの想いを歌った楽曲
    前2曲とは違う作詞家ですが、可憐が自分自身の成長を確かめるかの様な心情が綴られていて実に良いです
    歌う近藤嬢の歌声ものびのびとしていて、強くなった可憐への愛しさと頼もしさに満ちていています、可憐のフレグランスまで感じられそうな表現力
    2ndライブで勇気を振り絞った姿から武道館での堂々とした姿へ
    成長をライブで魅せてくれるという点ではミリオンメンバー屈指である彼女のSSAでのパフォーマンスに期待大でございます


    Hearty!!  所恵美

    「ASPT」での女のコの日常感から、「フローズン・ワード」で大人なオンナの世界
    そしてまた女のコの日常に戻ってきました
    「昏き星、遠い月」で凄絶な世界を歌ったばかりなのでこの位の軽さがいいのかも

    月も宝石も 照らされて輝く みんながいて わたしが輝く
    導かれていた 光に出会った今

    という歌詞は仲間思いの恵美らしさを見事に表している
    琴葉の合流により遂に揃う灼熱少女、そしてTSV
    夜想令嬢もありますから、SSAでは彼女を核としたユニットから目が離せません




    最後に、ジャケットのイラスト
    ダビンチの最後の晩餐の様にフラットに並んでいるならいいけど
    テーブルにパースついてて、奥にいて
    他のメンバー座ってて
    だとすると恵美のサイズがかなり変 肩から下のデッサンもおかしいし
    気になってしゃーない






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。