ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 感想 ~怪獣濁流に溺れろ~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 感想 ~怪獣濁流に溺れろ~

2019-06-01 05:09

    物心ついた時、最初に好きになったキャラクターはゴジラ

    劇場デビューは「ゴジラ(84)」
    地元の映画館は何故か「怪獣大戦争(65)」と二本立て上映の大サービス
    小学生だった私は初めて観る大画面での怪獣バトルに魅了され
    大戦争の方に大興奮していました


    ミレニアムシリーズの頃に付き合っていた彼女と別れ話の修羅場の中
    「それに毎年ゴジラに連れて行かれるのも嫌やったわ!」
    と吐き捨てられ
    「はあ⁉ファイナルウォーズはカスやったけど、他は佳作揃いやろ!」
    と反論するも論破できずに別れた苦い思い出があるので
    ゴジラKOMは現彼女は誘わず独りで観に行きました

    2014のギャレゴジ、2016のシンゴジラと良作と傑作が続きゴジラ熱が盛り上がったのに

    ゴジラの神格化されたカリスマ性をはき違えた
    アニメ3部作のどうしようもない出来

    USJ ゴジラ・ザ・リアル 4-Dのくそ寒いシナリオ

    と失速気味だったので
    ここはスカッと激しい怪獣バトルを魅せてくれ!
    と劇場に行き

    濁流の様な怪獣バトルに溺れて帰ってきました

    満足

    あんたらゴジラ好きやなあ

    エンドロールは必見
    昭和ゴジラ好きは絶対最後まで座ってる事

    チャン・ツィイー綺麗に年取りすぎ!


    最新CGで撮られた今作の大迫力の空中怪獣バトル
    それに引けを取らない出来のガメラ3(99)の空中戦は本当に素晴らしいなと改めて思った








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。