ターミネーター:ニュー・フェイトdis  ~審判の先に往く者~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ターミネーター:ニュー・フェイトdis  ~審判の先に往く者~

2019-11-27 20:13

    どうでもいい話ですが
    自分が初めて見たベッドシーン、外国人の裸はリンダハミルトンで
    当時小学生だったので映画館で非常に衝撃を受けました
    私の性の扉をノックした彼女が63歳で頑張っていらっしゃるのは感慨深い

    何の感慨だw

    ターミネーター2は高校生でした
    初日に観に言って、あまりの感動に一日中観てました(当時は入れ替え制では無かった)

    物語を綺麗に閉め、この後の展開を視聴者に委ねる
    この上ない完璧なラストだったので
    続編を作るという事が野暮極まりない

    なのに人は過ちを繰り返す
    パート3
    ジェニシス
    T2のその後を3度目に描くニューフェイトの感想です
    ネタバレを含むのでご注意下さい





    今作をT2の続編として評価するなら、自分はジェニシスの方がまだいいんじゃないかなと思います
    好みの問題といえばそこまでですが
    このニュー・フェイトはシナリオも面白くないしご都合展開の連続です
    でもその前に映画として問題点が多い




    ターミネーター2の続編を何度作ってもしっくりこないのは
    ジョンコナーがT-800を破壊しない
    これに尽きる
    T-800はジョンの父親であるカイル・リースの命を奪っています
    なのに2以降、新作のプロモーションは
    「シュワちゃんがまたT-800を演ります!アイルービーバック!て言います!すごいでしょう」
    で毎回キャッキャッして、作中でなあなあに馴れ合って
    アホかって話でね

    ジョンがレジスタンスのリーダーになる通過儀礼として必要なのは父の仇であり父がわりであるT-800という個体を破壊する事やろ?
    大人になったジョンが父の仇を取ることによって初めて、実の父をタイムワープさせる資格を得るねん、それで物語が円環する
    それをせぇへんからストーリーが締まらないし閉まらない、マイケル・ビーンも呆れてるわ
    3のラストでそれをやってれば、シリーズこんな迷走していない
    これはもう16年間言い続けているから

    今作はポディガードに水冷システムを付加したけど
    それが物語を何も面白くしてない
    「これは終盤で主人公側が窮地に陥る為の仕掛けやな」と視聴者に思わせて何も起きない、しょーもな

    T-800は180キロあるのに足の細いただの椅子に寛がせてログハウスの中をペタペタ歩き回らせる
    体重を椅子に掛けても傾ぐことも無く、重さへの表現が皆無
    アクションやCGに何十億掛けようかこう言うところ気を配らない映画は大嫌い

    コンピュータやスマホをハックして監視カメラやドローンを使ってターゲットを捕捉するならターミネーターが人型である意味がない
    1も2も、人と見分けがつかない機械との知恵比べしながらの追いかけっこがスリリングさ
    徐々にターゲットに近づく恐怖が観客を掴んで歴史に残る名作になったのに

    原案のジェームスキャメロンて人はターミネーター観たことないんじゃね?

    科学の進歩は映画からワンダーを奪ってしまいましたな

    Hasta la vista, Baby!



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。