追悼 たてかべ和也さん   ~小説版『ドラえもん のび太と鉄人兵団』感想~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

追悼 たてかべ和也さん   ~小説版『ドラえもん のび太と鉄人兵団』感想~

2015-06-20 23:01
    たてかべ和也さんお疲れ様でした

    貴方が命を吹き込んだジャイアンに少年時代。何度も何度も勇気を貰いました。

    昭和後半の子供達にとってガキ大将像なんてものは貴方と藤子不二雄先生が創った様なものです。
    普段は粗野でもいざという時、誰かの為に勇気を出せる。そんな存在になりたいと思いました。


    劇場版ジャイアンが何故かっこいいか?
    その内面を掘り下げたのがこちら







    「ザンダクロス信号を止めろ!」

    少年時代このCMを毎日見て、公開日を待ち焦がれていた大人達の為の小説です
    https://youtu.be/V-sGNLmQTqQ




    ネタバレありです








    名作のび太と鉄人兵団をSF作家の瀬名秀明がノベライズ

    瀬名先生のドラえもん愛というか藤子F不二雄への先生愛が凄い、濃い、深い。

    大筋のストーリーはそのままにSF設定が色々補完されてます
    それも無粋な揚げ足取りじゃないところが良い


    ドラえもんの劇場版ストーリーはそれぞれ独立していて直接の繋がりはありませんが(危険な目にしょっちゅうあっていると、のび太が回想する事はある)
    この物語ではエピソードの全てが同一の時間軸であった事になっていて、その組み込み方も心憎くてファンならば、くうううってなります。
    通常巻のエピソード、小ネタもたくさん盛り込まれてて、ドラえもんが好きであればある程、ニヤリとします。

    瀬名先生、貴方はドラえもん博士ですか?



    小説だから登場人物達の内面も掘り下げられているのも本作の魅力


    しずか
    リルルの心の交流
    人と冷たい機械の間に序々に温かさが染みわたって行く感じが小説ならではです

    「すばらしいと思わない?本当の天国作りに役立てるなんて」


    劇場版ドラえもんは前半では訪れた異世界での楽しい生活が楽しみの1つです
    この作品は鏡面世界。ビューティフルドリーマーと同じ子供の夢
    「衣食住が保証されたサバイバル」

    みんなでカゴ一杯の食材を持ってきて、大人がいない中で空き地でバーベキュー
    憧れました

    ここのシーンを大人になってから読む寂寥感

    初見時、ここからからはタオルで顔を拭わないと読めなかった。



    スネ夫も物語の核心にグッと踏み込むセリフを言います。
    今迄そこに思い至った事が無くハッとさせられました。

    そして最終決戦では彼にふさわしい役目を与えられて男を見せます。
    リメイク版のお涙頂戴展開を超えている。



    そして最終決戦前のジャイアンの心中。
    ガキ大将の中のガキ大将たる矜持が描写されます。
    ここで大好きな「大魔境」とリンクさせてくれる所も最高。

    春香とジャイアン リーダーの背中 新・のび太の大魔境 感想 ...



    木村ジャイアンも好きですけど

    今、ここをたてかべさんの声で脳内再生しながら読むと、涙がとまんねえです。




    本当にありがとうございました、貴方の声は忘れません。
    どうぞ安らかに。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。