• RTAiJ2019の悪魔城ドラキュラ黙示録外伝を見よう ③本番後

    2020-02-22 16:55
    本番まで ②本番
    本番動画 youtubeの方
    今回は後日談的な感じです。

     コーネル終了後はトワプリかいざあさんのしゃぶしゃぶ会に参加したり、悪代官松二さんと共にラヴィさんプレイの冒険時代活劇ゴエモンの解説をするなどして充実した日程を過ごしました。
     その後、偏差値さんはTwitterやTwitchのフォロワーもすごい勢いで増えたそうです。コーネルの面白さが皆に伝わって欲しいと(英語でも)言っていますので、プレイするしないは別としてもこの悪魔城シリーズの一作を知って楽しんでいただけたら幸いですね。
     それから私は大晦日から六連勤という悲しみを味わうことになるのですが、コーネルについてはRTAiJでは楽しさに主に焦点を当てていたので、それぞれの細かい技術についてまとめて解説動画を作ろうと考えました。
     偏差値さんも動画を作って欲しそうだったので、なるべく見栄えいいのが良いだろうということで、40分台を出したらその動画を使わせてもらい解説動画を作ると約束しました。
     そして年が明けて一月一日、仕事が終わるとその約束は果たされていました。
     その日の内に40分台を二回出し、しかも44秒更新し40分前半という記録が打ち立てられていました。実力的に40はすぐに達成できるだろうとは思っていましたが、40分50秒とかの後半台を想定していましたので本当に驚きました。自分も自分で大晦日にとりあえず通したら41分台が出てうまくいけば抜かせるくらいかもと思いましたが、一気に差をつけられてしまいましたね。
     こうしてコーネル解説動画を作ることになりました。一方で偏差値さんもその記録で満足したようで、コーネルから広げて前作悪魔城黙示録のラインハルトに挑戦したり、元々好きなゴエモン3RTAを再開したりすることにしたそうです。
     コーネル解説動画は先日完成して、これを見れば通すことは容易だと思いますので挑戦してみたい人やこのRTAの知識が欲しい人はどうぞ見てみてくださいね。

    ②が長すぎて書くこともそこまでなかったのでこれくらいで、記事はこれくらいにしておきたいと思います。今年も別のイベントをやったりRTAiJにも参加なり解説なり関わったりできたらと思うので、どうぞよろしくお願いします。

  • 広告
  • RTAiJ2019の悪魔城ドラキュラ黙示録外伝を見よう ②本番

    2020-02-15 23:58
    本番まで ③本番後
    本番動画 youtubeの方
    今回は本番プレイ中について書いていきたいと思います。
    画面のタイマーではなく上記動画時間を基準に書いていきますので動画を見つつ読んでもらうと分かりやすいかもしれないですね。
    本当は偏差値さんはしゃべらせても面白いので、もっとしゃべってもらっても良かったんですが、今回はプレイに集中してもらえて良かったと思うので次回以降に期待ですね。

    〇ステージ1「濃霧の湖」0:41~、ステージ2「沈黙の森」4:03~
     とりあえずまず初めに一言ですが。赤ジャージじゃねーから!
    ・最初のステージですが、自分も偏差値さんも緊張がありしゃべる内容をどうするかとか思い浮かびにくい感じはありました。最初の見えない床を渡って斧を取りに行くところで落ちてしまい前後不覚になっていましたが、どうやらモニターが近すぎてかなり見づらかったようです。よくよく動画で見ると徐々に椅子を後ろに下げていたようで少しずつ画面から遠くに行っています。
    ・サッカーの解説ネタ多めですが、やっぱり影響大です。スライディングとか完全にサッカーのものっぽいし
    ・基本移動はジャンプが早いのでルンルンスキップで移動しています。
    ・4:12~滑ってしまっていますが本来は橋の手すりに乗る技術を使います。ここではまだ距離
        感などをつかめていなかった様子。あそこむしろ滑って上がるのできるとは思いませ
        んでした。
    ・4:50~キングスケルトン戦
        「映す価値ありません」処理落ち回避でやっており声を聴いて解除します
        「地面を叩くだけの攻撃」本当はスケルトン召喚儀式
        「左手が弱点」ほんとは体のどこでもいいけどコーネルは左手をロックオンしやすい
        です
        「倒されて怒りながら地団太」映されなかったことにより怒っています
        キングスケルトンは倒されたあと身投げしますが下の川を眺めると川遊びが見られま
        す。
    ・5:57~セーブしました、ナイスセーブ①
    ・6:20~ワータイガーの断末魔「なぜか二回断末魔を上げる」しかもすごい血しぶきです
    ・6:53~「アー」とコーネルの悲鳴と共にショートカット、手がとても痛そう
    ・7:35~キングスケルトンとの再戦
        「やはり映す価値ありません」画面外から聞こえる叫び声
        「骨棍棒を振るも全く当たらず」本当に当たり判定謎です
        「キングスケルトンの口の中にはローストチキンがあります」

    〇ステージ3「城壁」9:05~
     この辺から口がすごい乾いてきています。
    ・9:50~「階段上りスキップ」この後も何度も出てくる小ネタですね
    ・9:55~ホワイトドラゴン戦
        二枚抜きに成功しており斧レベル2でも悪くない戦いです。
        「ここでカードが出ます」太陽のカードと月のカード集めが重要です。いつもちゃん
        と拾わず怒られるので一生懸命拾っています。本来二枚ずつ必要ですが太陽一枚だけ
        で途中で蝋燭の月のカードを回収しています。
    ・10:58~二回目の塔登り、徐々に慣れてきているのか足場飛び乗りの精度が上がっていま
        す。途中の炎ののけぞりで落ちることも良くありますが今回は大丈夫でした。内心か
        なり冷や冷やしていました。
    ・11:50~ナイスセーブ②です。このあと落ちるところでやられたりするので保険です
    ・12:25~左塔登りここは見事最速パターンでいけています。見えない足場は使った方がすご
         い技っぽい感じにはなりますが、使わない方が早いです。また左塔から降りるとこ
         ろもバックステップなども使って綺麗に行っています。クリア前に右側の斧を回収
         するのが重要ポイントで、忘れがちな配置もしっかり把握しているのがナイスプレ
         イです。

    〇ステージ4「別邸」13:33~、ステージ5「外壁」16:21~
     この辺からペースが乗ってきているのか大きなミスも見られなくなってきており、普段通りのいいプレイが続いていきます。
    ・13:33~犬退治が最初にあります。ここも斧3があれば楽々撃破です。ジュエルを落とさな
         いときの「ケチな犬」も割と普段から言っています。斧3の雷もお披露目ですがす
         さまじい威力です。犬の餌のローストビーフもきっちり奪っています。
    ・14:50~大事な注目ポイント「バイクに乗ったスケルトン」「しかもめっちゃ遅い、走って
         抜かせる」「サイドカーに乗っているスケルトン」「免許証は生前の写真か骨の写
         真か」と話題が尽きませんね。ちなみに前作のバイクスケルトンはかなり高速で厄
         介な相手です。
    ・15:30~「Villa skip」による大幅ショートカット
           結構難しい技ですが一発成功。このときコーネルの股間に注目しますって言お
          うとしたけどイベント的に危ない可能性があるので足の間に注目と言っておきま
          した。トラウマの庭師もヘンリーとヘンリーの両親もスルーしていきます。
    ・16:06~ジルドレおじさん撃破
          おじさんと呼ぶのも通常通りです。視点アップ時にも斧を投げられて先制攻撃
         です。
          実在の人物がモチーフになっているようで、チャットで解説してもらえてる
         のが印象的です。撃破後のジュエル回収も猶予時間短いですがきっちり回収して
         います。
    ・16:20~外壁の突入、最初の方に「アー」と悲鳴を上げながらショートカット「ぶら下がりで
         腕にダメージが行っているので走るのには問題ない」と言われてしまいます。
    ・17:25~「既に血の付いたピザカッター」お馴染みのやる気の無さそうな仕掛け
    ・17:54~ハーピー即効撃破「ハーピーなのであいつは雌です」
         雌でも容赦ない一般人狼男性(23)

    〇ステージ6「美術塔」18:06~、ステージ7「遺跡塔」21:33~
     環境音的なBGMが多い中でも貴重な名曲ステージ、壁抜けも難所も豊富でRTA的にも見どころです。偏差値さんもすっかり本来の力を発揮できているようで安心して見ていられました。
    ・18:14~カード集めですが太陽月どちらかのカードが必ず出るので、欲しいカード一枚出
         すのは楽ですが、今回は一枚ずつなので確率は低めでした。
    ・18:47~体を張ったリフト渡り、安定ルートを使っているので安心クリアです。たまにぶ
         ら下がりがすり抜けることもあるので危険度ありです。その後ナイスセーブ③と
         細いレールの上で素早いスキップです。
    ・20:04~美術塔の壁抜け一度やり直していますが、二回目は少しミスっても粘り強く壁を
         抜けていきます。
    ・21:00~綱渡りも綱の上でジャンプするのはなかなかの胆力が必要ですが余裕で越えてき
         ます。その後のトロッコの横につかまるのもスムーズにできています。
    ・21:33~遺跡塔迷路地帯ですが、結構長くてしゃべることも少ないので何をしゃべるかに
         苦労しました。
    ・23:15~「心臓に悪い落ち方」からの楽しいスキップとスキップの階段では左右手を入れ
         替える小ネタのポイント。立ち幅跳びと走り幅跳びで飛距離違うのも重要ポイン
         トです。
    ・24:32~ジュエルを拾うときなどに「んっ」「んっ」と少し声を出していますがあまり聞
         こえません。その後にすごい吸引力のホワイトジュエルがあってナイスセーブ④
         です。
    ・25:00~ギリギリジャンプでショートカットのポイント、普段と違う環境ではこの手の
         ジャンプは難しいのですが綺麗に一発で決めていきます。
    ・25:28~ナイスセーブ⑤です。ここで「T/A/S Ruins」(偏差値さん命名)という技を使
         おうとしており、ミスると落下するのでセーブをしています。しかし残念ながら
         今回は失敗してしまいます。最初にギリギリジャンプが必要なのと緻密な角度調
         整が必要な技なので本番一発はさすがに厳しかったようです。ただしそれでも落
         ちたりせずに抜けているのでロスは小さく、RTA的には適切な判断と言えます。

    〇ステージ8「科学塔」
     科学塔は見たままの部分が多く解説することがあまりなかったので、雑談コーナーになっています。偏差値さんにもここでは結構しゃべってもらっています。おしゃべりに集中していますが道中本当に淀みなく進められており細かい部分でもミスがほとんどない区間でした。
    ・27:14~コーネルRTA走者数について「今始めれば日本三位になれます」「日本二位以上に
         なったらすなわち世界の記録です」
    ・28:43~前回の記事でも触れていますが海外の凄腕プレイヤーが英語リストリームをしてく
         れています。偏差値さんに英語でお礼を言ってもらっており、これは海外視聴者に
         も好評だったようです。また英語解説は二人で楽しそうに解説していて羨ましいと
         偏差値さん談
    ・29:00~最初の方でアウェーだと何度か言っていましたが、チャットが英語ばっかりで日本
         語チャットがなく、日本語でプレイするのはかなり集中力を使っているようです。
         すっかりスルーしていますがボスの制御クリスタルも最速パターンで撃破です。

    〇ステージ9「決闘塔」
     ここも面白ポイントがいくつもあり、敵も空気を読んだ動きをしてくれていました。
    ・29:54~「四体のボスがいます」って言っていて伏線回収していなかったのですが、実際に
         戦うのは三体で最初の突き指大ジャンプで一体スルーしています。
    ・30:19~「一体目のボス、ワーウルフ」綺麗に身投げしてくれています。こいつも運要素が
         あって難しいのですが、本番でいいところを見せてくれましたね。またその後のリ
         ザードマンも普段は姿を見せないレアキャラなのですがここで姿を見せてくれまし
         た。
        「四体もボスいるんですから真面目に戦ってたらコーネル選手疲れちゃいますよね」
    ・31:08~ナイスセーブ⑥ですがここはそれほど危険というほどでもないです。多少の落ちる
         リスクがあるのでその回避をしています。
    ・31:16~等身大ミノタウロス選手の登場です。変身しても数発かかり、たまに殴られますが
         見事完封勝利を納めています。そして撃破後のお楽しみ
         「ミノタウロスのローストビーフ」
          周囲の炎で焼きながら倒すと三個ももらえます。おそらく胸肉など上半身部分の
         肉を焼いたのでしょう。
    ・31:50~「三体目のボス、右腕ばっかりムキムキの暴走ワーウルフ」今回は結構強かったよ
         うでスライディングしてもアッパーを振ってこなかったりなかなかフライングプレ
         スをしてこなかったりでした。このボスも割といいケツしています。

    〇ステージ10「処刑塔」
     見た目怖そうですがここも面白ステージです。最初にミスっていますが武器レベルもここからはさほど重要ではないのでロスは小さいです。
    ・33:00~「全然当たらない針とぶらぶらしているだけのペンデュラムというやる気のない処
         刑装置」「ただし血がついているので実績があります」
    ・33:27~「横から出てきて切れ味悪そうなギロチン」「しかしやはり血がついている」
    ・34:11~ナイスセーブ⑦です。処刑塔は長く後半で落ちやすく最初からやり直しで怖いので
         適切なセーブと言えます。
    ・34:19~「お楽しみのミートボールゾーン」どう見てもミートボールですね。このミートボ
         ールは、そもそもボールを当てるつもりがなく、しかも溶岩しぶきも大したことは
         なく本当の狙いは処理落ちで足を滑らすことというせこい仕掛けです。しかも途中
         からは真上から落とし勢いをつけて溶岩しぶきを強めようとしていますが、実際に
         は変わりありません。
    ・35:15~「今まで出てきた罠たちの総復習編」「色々詰まった悪魔城お弁当箱」勉強もここ
         の単元を練習してから通して復習しますからこれは適切な仕掛けですね。悪魔城お
         弁当箱は悪魔城卵かけご飯みたいなものですね。

    〇ステージ11「魔法塔」
     ここは先ほどの連続面白ステージから変わって地味目なステージになります。
    ・36:00~「一般通行人狼男性に謎の液体をかける謎の生命体」「殴られて当然ですね、謎の
         液体をかけることは犯罪ですからね」
    ・36:33~ナイスセーブ⑧です。ここで難易度イージーについて解説しています。ノーマルだ
         とこのステージも色々動きます。
    ・37:28~しゃべることがなくなってきたので雑談で偏差値さんが他にやっているRTAについ
         て話しています。マリオRPGのスーパージャンプ100回や回数調整ももしっかりチ
         ャートに組み込んで走られています。また覚えている方もいるかもしれませんが偏
         差値さんはRTAiJOnline2でがんばれゴエモン2マッギネスで出ているのでRTAiJは
         二度目の出場となっています。

    〇ステージ12「柱時計の間」
     主にこのときの新技であるオルテガカットを使う区間です。入ってすぐナイスセーブ⑨をしています。ここでジュエルを使いすぎると悪影響になるためです。今回一分ほどかかっており普通にいくよりかは若干短縮になっています。
    ・38:10~壁にタックルを仕掛ける完全に怪しい人です。これは不審者ゲージですね。
    ・39:02~「本来はオルテガというライバルキャラと戦います」抜けないときは大抵コーネル
         がオルテガに会いたいとき、と言おうとしたら抜けました。やっぱりオルテガに会
         いたくなかったんですね。ジュエルを枯らしてしまうこともあるので本番で短縮成
         功、ジュエル消費15個はかなりいい結果だと思います。

    ステージ13「時計塔」
     時計塔は総合的に難関となっていますが、完全に自分のペースをつかんでいるのでここまで来たらもう止められません。このままラストまで行ってくれるでしょう。
    ・39:50~ナイスセーブ⑩です。ここでコーネルの悪魔城来訪理由について触れています。今
         更ですが、オルテガが関わっているのでその流れですね。
    ・40:17~時計塔見せ場の連続大ジャンプ「Key C Skip」です。ここもギリギリジャンプや角
         度調整が重要で難しいのですが、ほぼ完璧と言えるプレイでした。対岸ジャンプも
         ほぼ調整なしで跳んでいますがこれができるのはかなりの高等技術です。偏差値さ
         んはコーネルのこういう体を張っているところをだいぶ気に入っているようです。
    ・40:55~「お待ちかねのミノタウロスのローストビーフを食べる時間」食べた後も「ハァ~」
         と言って一息ついているような、こんな体張らされてうんざりしているような感じ
         ですね。
    ・41:53~「コーネルの決定力不足」目的であるエイダを目前にして、ここで決定力不足とい
         うのは偏差値さんの案で事前に決まっていました。
         こんなことがあるのがサッカー!
    ・43:02~歯車からの力技ジャンプの場面です。回転する足場からのギリギリジャンプは当然
         ながらタイミングが取りづらく難しいものとなっています。これも一発で決めるの
         はまさに実力と言えるでしょう。
    ・43:12~「レバーを倒している隙に十字キーで左を見る」スティック操作をしながら十字キ
         ーも操る技です。この部屋は炎が出たり止んだりの周期があるので最適化が難し
         く、ここで下にある微妙な出っ張りに小ジャンプして最速近く移動しないと次の場
         面で炎の周期一つ待つ必要が出てきます。以前は走っていたのですが、本番少し前
         にこれが採用されました。スティックと十字の同時操作は64慣れしていないと難し
         いですが、レバーを倒す時間を有効活用するのは偏差値さんも気に入ってくれたよ
         うです。
    ・44:07~ナイスセーブ⑪です。ここで突き当りから落下してショートカットをします。先ほ
         ど肉を食べたのですが、当然ながら肉を食べる時間まで割いたのには理由がありま
         す。「アー」と落ちてミリほども体力が残っていないのですが一生懸命頑張ってスキ
         ップをしています。

    〇ステージ14「悪魔城天守」
    ・44:45~このゲームで最も楽しそうなシーン。ドラキュラの間への長い階段をスキップで駆
         け上がりです。私の方もうっかりスルーしていましたが解説する前から笑い声が聞
         こえたのが個人的にとても面白かったです。見慣れると全然気にならないのですが
         こんなに笑えるもんなんだなーと思いました。確かに改めてみると絵面が面白すぎ
         る。
    ・45:42~ドラキュラ戦ですが、今回武器レベルが2しかなく4発必要だったのですが、4発目
         で霧フェイントをしつつ衝撃波を使ってきています。衝撃波は無敵判定が強くこう
         いうときはだいたいいつも「卑怯なドラキュラ」と呼んでいます。
    ・46:16~ラストのドラキュラアルティメット戦ですが、お腹が本当の顔です。最後アッパー
         を華麗なサイドステップでかわして反撃して撃破です。サイドステップ、バックス
         テップも本当はかなり面白い動きなのですがRTAではあまりみられる場面がありま
         せんでしたね。

    〇完走「46:12」
     46:12はセーブもたくさんしていながらとも考えてかなり速いペースだったと思います。慣れない環境でしたが後半は本当にミスも少なくしゃべりながらも見せるべきところを見せて良いプレイをしていただけたと思います。
    ・47:16~完走したので一言「このゲーム秋葉原なので売ってますよね」これ実際売ってるか
         どうかわからず、むしろ少し前に行ったときは黙示録のみで外伝は売ってなかった
         のですが。その帰りにsignaさんが本当に見つけて買ってくれたようで驚きまし
         た。
    ・48:00~再び英語リストリームへのお礼を英語で言う場面です。やはり英語の方が流暢に話
         せるのかもしれませんね。
    ・49:24~ここでコーネルの胸筋アピールと助けていないヘンリー
    ・50:28~「浅はかな獣人の欺まん(ぎまん)」と言われる場面について、偏差値さんに話し
         ているときすごい「何言ってんだこいつ」って顔をされています
    ・50:50~お待ちかねのコーネルに執着しているオルテガさんの見た目公開場面です。暗い画
         面で顔が見づらいですがとてもいかつく、しかも半裸っぽい恰好をしています。


     だいぶ長くなりましたが、こんな感じでしょうか。偏差値さんにもかなり良いプレイをしていただけたのでスムーズに進行でき、各種技についても説明しつつ見どころもきっちり見せられたのではないかと思います。笑いどころもあり初めて見る人にも楽しめる内容になったのではないかと思います。通常プレイも何度もやって楽しい、RTAだとより楽しいゲームだと思うので是非やってみていただけたら嬉しく思います。
  • RTAiJ2019の悪魔城ドラキュラ黙示録外伝を見よう ①本番まで

    2020-02-15 17:08

    昨年末RTA in Japan 2019の悪魔城コーネルRTAをご覧いただいた方はどうもありがとうございます。
    まだという方はぜひ面白いので見ていただけたらいいと思います。
    本番動画 youtubeの方
    本番 ③本番後
    ということでそこに至るまでや、当日のこちら側の視点など色々適当に書き連ねたいと思いますので、長いかもしれませんがよろしくお願いします。
    もっと参加レポートっぽいの書けたらいいんですがちょっと苦手っぽいので書けそうなやつを書いてます。主語が私シャーフのところとプレイヤーの偏差値60さんのところでごちゃごちゃしてますが適当に読み進めてもらったらと思います。


    ○コーネルRTA開始
     偏差値さんがコーネルに触れたのは多分昨年の6月くらいからだと思いますが、きっかけは家にあるゲームの中で64の面白くなさそうなゲームとしてプレイしてもらったことです。
     やってみるとやはり微妙な手応えでしたがホラーっぽいのに見た目がやたら面白いとは思ったようです。
     その後動画を探すと海外勢が盛んにプレイしていることが判明、Speedrun.comにあるスキップリストなど英語解説を見て技を学習、壁抜け等を次々修得していきました。バグ技があまりないのが好きだから見てたらできそうだったそうです。
     RTAを始めてTwitch配信をすると海外勢がかなりチャットをしてきて、英語でおしゃべりも盛んに行われるようになりました。この辺から英語が主要言語になってきます。
     一週間に一分ずつ更新すると言う公約を作っていたのですが実際にほぼそのペースでどんどん更新をしていきます。
     そのうちRTAiJの応募が始まるも、しばらくは様子見をしていました。その後、台風の影響で応募期間が伸びた間にWRを達成、RTAiJ応募を決めます。私のマクシームオールボスは落ちましたがコーネルは当選、まあ妥当な結果でしょう。
     それから海外勢主催のCV4ACというチャリティ悪魔城RTAマラソンイベントに参加、GrowthKaseiさんと並走されていました。このGrowthKaseiさんは本番にリストリームでもうお一人のtyさんと共に英語解説されていた方です。

    ○余談のマクシーム
     マクシームについても一応話すと、10分ちょっとで通せるので隙間時間とかにやらせてもらえるかと思ったのと、昨年Anyリレーではマクシームの技について詳しく解説とかはできなかったのでオールボスならマクシームの技が堪能できること、オールボスのルート構築は自分が考えたやつも結構あるので、元々自分で何かしら功績みたいなのがある作品で出たいと思っているのでオールボスがいいかと考え応募していました。まあ同じプレイヤーで同じ作品なので落ちても別にいいやーと思ってました。
     自分にとってもコーネルが本命だったので、自分も走りつつ本番は解説をすることにしました。

    ○オルテガカット発見
     自分もコーネルは走っていますが、見てただけでほとんどの技は修得できていましたので、通し回数もそこまでかからず(タイマー確認したら現在通し21回、試行109回でした。記録してない部分もありますが目安として)二位までなることができました。3Dゲーは特に成功イメージの構築と失敗しないための要点があるので「見る」はかなり上達につながると実感しました。(マクシームも正確な動画を見ると調子が上がりますので2Dでも重要だと思います)
     本番一ヶ月ほど前、遺跡塔でエレベータに挟まれた状態で壁抜けできることに気付きます。
     他に応用できる場所がないか探しオルテガ戦前のエレベータを調査、攻撃時にコーネルに少し前進判定があることが分かり、時計塔へ向かう柵を流れで調査、微妙に柵にめり込むことに気付きさらに試行し通常攻撃ではなくサブウェポンを使うことで柵を抜けることに成功しました。
     ナイフがあまりにも役に立たないとネタにして笑っていましたが、ここで活躍することとなります。ナイフについても言及すると、本作は通常攻撃がかなりリーチが長く威力も高く、対するナイフはレベル3にしても威力がとても低いという残念な武器です。利点は消費ジュエルが少ないこと、ですがこの低コストがオルテガカットで活きることとなりました。
     オルテガカットのあとはもう変身がメインになりサブウェポンは使わないので武器の種類はどれでもよく、柵を抜けるにはどの武器でも大丈夫です。しかもちょうど柵の横にあるのがナイフなので切り替えにも時間がほとんどかかりません。これはナイフの時代到来と喜び勇んでナイフを拾っていきます。

    ○さらなる記録更新
     オルテガカットによって更新できるのは早くて40秒ほど、オルテガ戦は見所の一つでもあり、また難易度は壁抜けとしては低めだと思いますが後半でタイムを潰される類いの技ではあるので最初はかなり嫌がられていました。
     そのため最初はオルテガカットは発見してすぐには動画も出さず、あわよくば闇に葬り去るつもりでしたがこれもたくさん練習してくれてだいぶ安定して成功させられるようになり、本番でも採用することにしました。
     これにより区間ベストも縮まりSOB(区間ベスト合計)も40分を切れるようになり、40分台くらいまでは現実的なものになりました。
     そして本番前にさらに更新を重ね40分台目前まで来ました。

    ○本番前
     本番が近くなりオルカの練習をしてくれている間に私は解説の準備をすることにしました。とりあえず技と見所のリストアップをし、それを見せて確認してもらいます。
     このゲームやったことある人にほとんど会わないくらいの知名度なので、完全初見の人には詳しく技とか説明しても意味わからんになりやすいと指摘され、初めて見る人にも楽しめるように「見て分かるような技の解説」「勢い」「ネタ」重視にすることにしました。ちなみにニコ生でこのゲームのRTAをやるとコミュ人数が減るそうです。
     一方でTwitchだと海外人気が高く(特に前作の黙示録が人気)またRTAiJ2019にドンキー64の101%で参加されるsignakongさんが偏差値さんの方にも自分の方にも配信に来てくれていて、確かにドンキー64とも64のちょっと近めの3Dゲームなのでこのゲーム好きなのかと思いました。

    ○当日
     その日は自分は夜勤明けでめちゃ眠い中でしたが、急いで帰って準備をして会場に向かいます。やたら寒いし眠いしでしたが体調はそこまで悪くはありませんでした。
     会場に着いたら練習スペースで事前調整をします。普段家でやるのと環境がかなり変わってラグも少ないので結構難しそうでしたがだいたいの技はできそうな感じでした。
     練習スペースで蒼月のNOVelさんやアルバスRTAをしている霧崎さんと会い、またsignaさんも練習中に見に来てくれたのでおしゃべりなどしました。偏差値さんも初めて会う人が多そうでしたが、事前に色んなRTAを見ていたようで知っている人も多く色んな人と話していて楽しそうで良かったです。
     そして蒼月を見ながら本番を待ちます。蒼月はその少し前に初プレイができていたのでとても楽しめました。


    とりあえず今回はここまでです。次回本番の状況など詳しく書いていきますのでよろしくお願いします。