ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 家土地の所有は、特に歴史を紡ぐ。

    2021-05-17 21:13
    セルフビルドというのがあって、2階建以下30坪の木造建物は、作る事自体に資格は必要無し。延べ面積が百㎡を超える場合、設計と工事監理は、建築士資格持つ者。電気配線するには電気工事士資格必要。公設の水道管に繋ぐ給水工事は、自治体の指定業者。建築確認不要でも、建築物は建築基準関係規定を守る必要が有る。昔は都市部でも、背の低い平屋建ての建物が軒並並んでいたものが写真に残ってある。一般的に、都市部ほど背丈の高い建物を見掛ける事かと思う。しかし、その背の高さだけに、緻密な構造計算が積まれていると思えば、当然に施工する側の信用が必要に成って来る。また、建築物を作る者の慢心というものも有る。それは人の手と手によって作られている以上、監視の目が行き届いて居ないと成らない。当然、材料の中抜き等は有ってはならないし、其れが監理の目を盗んで無い事も条件かと思う。少しの誤差や不確実性も、有ってはならないのである。其処には人が長きに渡って住む訳であるから、頑に基礎のしっかりした構造状態で無くては、安心して住めないのである。伊達に資格や免許が無い所なのであろう。衣食住の基本を疎かにして、他の何かを充実させようと思えば、そこに安住の地は無く、右往左往する事であろう。住環境もそう、一般的に犠牲にしている者がほとんどだろう。今後予期せぬ大震災等で、固定の住居を失う事も有り得る。賃貸契約アパート・マンション、貸家で生活を余儀無くされている者もいる。一寸先は闇、であるが、その為の街づくりである事を、今一度訴えたい所。防災事業を蔑ろにして、国民の生活を守るだの抜かす、悪徳政治家連中は皆、結局自己利益追求型と言える、謂わば我欲と呼ぶにふさわしい私利私欲の塊であろう。何の為に国民から税金を集めているのかも分からない昨今の政治事情を鑑みても、日本の国民にとって土地等の固定資産の売り買いが流行らない現状に持って行っている状況こそが、国民生活を軽んじているといえよう。そんな中でも、土地所有の重要性である。土地というのは、その性質上基本的に他者に流動するものではないと思う。日本国民の世代間の流れを作るもので、不動産である土地所有の必要性の、今一時を投げかけたい所。
  • 広告
  • 歴史を学ぶ意義。

    2021-02-01 02:01
    歴史について拙きも語りたい。一つ、教科科目に成っている。二つ、受験科目に成っている。しかし、其のどちらも、学ぶ事のきっかけに過ぎないのかと思う。歴史を知って、其れを下手に誇張した所で、抜け落ちが有り得て墓穴を掘る事に成る。其れでは、学生に始まり、何処迄の内容を憶えればいいのかは、取り敢えずは文部科学省の学校教育に於ける其の指導要領に基いた事柄であろう。中学校を修了する程度の目安で、本来は充分なのだ。しかし、現状は力の根競べの様に、其の学力の持てる余りの能力を競わす事に依って、知識の能力差を相対的に表現する事しか出来無い。詰りは、其の際限は無いと言っても良いのかと思う。ただ、最低線の事は、特に自国の根源を俄には知って置きたい。国の成り立ちであるかと思う。例えば、何の様にして、日本の国が形成されたのか。其の年数は経て、千余年程であろう。千年以上も続けている歴史有る国の、其の運営を担うのは私達国民に帰結するのである。納税している国民に、其れを治める領主が居て、国体として成り立っている。外国資本というのがいくら介在しようとも、日本の魂である風土風習等、そうやすやすと他国が其の文化を真似出来る代物では無く、すぐに襤褸が出る物と思う。逆に言えば、日本の文明を奪いたがっている外敵は、国外に蠢く程に蔓延っているのかと思う。歴史上で実際に侵攻されて、滅亡している国だってあるだろう。自身の事を知る手段としての歴史、他国の経済事情を知る手段としての歴史、此れもまた、一つの判断材料で物差しなのであるのかと思う。
  • 日本の歴代内閣総理大臣ゴロ覚え

    2020-05-19 19:45

    日本の歴代内閣総理大臣ゴロ覚え
    ●歴代内閣総理大臣(7)<…(情報追加主:シンヤ)>
    あふくあそーは、(と)かんのだあああ…?
    (安部晋三①、福田康夫、麻生太郎、鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦、安部晋三②③④)
    ------------------------------------------------------------------------------------------
    (情報追加主より:※歴代内閣総理大臣の流れで、日本の民主主義政治が始まってから、その最たるものである。
    読み手の諸君は、これを総括的に憶えて、自身のその歴史的文献の総合的な検索力を高めたまえ。つづく…。)
    ------------------------------------------------------------------------------------------