5/4-5/5 福島取材(浪江町から帰還困難区域へ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

5/4-5/5 福島取材(浪江町から帰還困難区域へ)

2013-05-16 01:55
    5/4-5にかけて福島へ取材に行ってきました。行ってきた場所は浪江町です。
    浪江町でも駅前周辺と津波の大きな被害を受けた、請戸地区へ行ってきました。
    線量測定も行ってきました。

    ・浪江駅前



    商店街の中で、建物が倒壊したままの状態で放置されています。
    2年間警戒区域で立ち入れなかったためです。

    ・浪江町役場



    浪江町役場では、全国から集められた鯉のぼりが2台のクレーンで上がっていました。
    青空の下の鯉のぼりはいいですね。

    ・請戸地区から見た福島第一原発



    津波の影響の多かった海のそばの請戸地区です。遙か遠くに福島第一原発と思われる
    煙突が見えます。周囲は津波で瓦礫しか残っていません。

    ・放射線量
    今回立ち入りが出来た「避難指示解除準備区域」は比較的低線量地域ではありますが、測定箇所として選んだ浪江駅前では空間放射線量は1.2μsv/h前後ありました。詳細データは後日掲載。

    ・帰路の国道6号



    今回は通行証を得て入域したので、帰路は警戒区域・帰還困難区域の通行は認められました。
    国道6号をひたすら南下。大熊町を通過中に見える看板。左上に小さく、「←福島第一原子力発電所」とあります。




    同じく国道6号・大熊町を通過中の光景。線量計(PA-1100)が上限(19.99μsv/h)を振り切れました。

    この国道6号走行の動画はニコ動にアップしてありますので、もしよろしければご覧下さい。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。