7月7日、これ以上ないほど素敵な日付ですが
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

7月7日、これ以上ないほど素敵な日付ですが

2016-07-07 15:47
  • 1
『セブン・イディオッツ』EP0-2、まだ完成しておりません!本当に申し訳ない!

決してサボっているわけではないのです…
シムズ4の某日のアプデにより光源まわりの仕様が大きく変わってしまい、それまでに撮ってたカットと画がつながらなくなったためにワンシーンまるっと撮り直しを余儀なくされたり、
プライベートの方で色々あって転職する事になったり、
自宅のすぐ目の前で行われてる建築工事が完成間近で日中ずーっとうるさかったり、
オーバーウォッチにハマったり…
とにかく6月いっぱいは地味ーに作業が捗らない状況が重なり、全体的に遅れまくっているわけであります。
でも7月中には必ずうpしますよ!約束!
(この記事を書いてる現在、進捗65%くらい!折り返しは過ぎた!)

◇  ◇  ◇

で、せっかくの機会なので『セブン・イディオッツ』製作の経緯について少し書かせていただこうかなと。

皆様ご存知のように、シムズ3を使ったsims劇場シリーズは、ゲーム自体が起動できなくなってしまったため製作を断念せざるを得なくなってしまいました。
じゃあシムズ4で新しいの始めるか!と、そこから簡単にスイッチ切り替えられたわけではありません。

実はもっともっと以前から、『ルーニーとクリスタライン~』製作中には、すでに準備は始まってました。
と言っても最初から今の形をイメージして進めていたわけではなく、
「“セブン・イディオッツ”を名乗る7人組」というモチーフだけが先にあって、
『ヴェローナ・ストライプス~』の次に作る予定の(シムズ3でのsims劇場)シリーズで登場させる予定だったんです。

それが、まぁ、結果としてポシャってしまいまして。

でも「7人組」のモチーフは捨てられませんでした。
「7」って、個人的に、特別な数字なんです。
自分の誕生日が「7日」というのもあるし、
生家の住所は「七」から始まる地名(番地とかの数字でなく、地名)ですし、
初めて映画にハマったきっかけは『セブン』(デヴィッド・フィンチャー監督)でしたし、
大尊敬する黒澤明監督の代表作は『七人の侍』ですし、
何かにつけ自分に影響を与えてくれたものは「7」絡みな事が多いんですよね。

なので、次に何か作るなら絶対に「7人組が主人公」のお話だ!と。

運の良いことに、シムズ4は3とほぼ同様の操作で(若干の違いはありますが)撮影できる事も分かり、「いつも7人組で行動させてたら世帯人数の限界もあってツラいな…せや!かつては7人組だったけど今は離れ離れにしたろ!」となり、
そのほかなんやかやでアイデアが固まっていって、めでたく企画として立ち上げる事ができたわけです。

そういえばほぼ同時期に旧知のシムズ勢や他ジャンルの仲間たちと「studio P&A」を結成した影響も大きいですね。
作中イラストやムービングロゴ、ロケ地の建築など、僕一人だけでは難しそうな事をチームという形で取り組みながら、ワンランク上の挑戦ができるようになりました。
こういう感覚をリアルで体験できているのは有り難いことです。
P&Aは3~4月にかけて「第1回sims4建築祭」を全面的にサポートし、現在もちょっとしたプロジェクトを準備中です。
こちらも乞うご期待!

◇  ◇  ◇

【おまけ】
最近「2048」というパズルゲームを知り、オリジナル画像で自分だけの2048を作成できるサイトを発見したので、
『ルーニーとクリスタラインの割と優雅な生活』版2048、
通称「RC2048」を作成してみました。
方向キーだけで手軽に遊べますのでお暇な時にぜひどうぞ。
http://allthe2048.com/community-games/rooney-and-crystaline.html

<ルール>
上下左右、同時方向に動くパネルを操作しながら、同じ数字のパネル同士をぶつけると、数字と絵柄が変わります。
数字は単純に加算されていき、これが合計で2048になればクリアです。
絵柄はルーニー→クリス→カール→ケンイチ→セシル→黄色→キティ→タリア→ジァニス→ロバート→リトルの順に変わります。
つまりはリトルを出すのが最終目標!

クリアできた人はスクショなんか撮ってツイッターとかで報告してくれると嬉しいっす!
広告
×
2048難しい;;
多分もう80時間くらい使ってるけど、一度もクリアした事が無い><

39ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。