• AI少女と深層心海~12分の闇を吹き飛ばした思い出

    2013-05-04 00:374





    星ノ少女ト幻奏楽土シリーズ完結したどぉおお!!

    ついに本シリーズでうp予定の曲を全て投稿し終えました。
    cosMoさんが総括したライナーノーツを投稿しましたが、私個人では今回投稿されたAI~エンドロールに関して軽く?触れたいと思います。


    AI少女と深層心海
    第1~4心層まで
    最初は、「AIはもう今までの動画を回想に使いながら作れるから、長いけど意外と最深部以外は楽勝だよね!」とかcosMoと二人で言ってました。僕たちはばかでした。
    その方向でさぁ演出考えるぞ!と腰を入れたんですがね…僕はばかでした。
    初期は縦長な絵に色々な事象をみっちり描きこんで、それをゆっくりスクロール、時々過去動画挟んじゃったりして第4心層までなんとかしようという甘い甘~い考えだったのですが、いくら縦長でもそんな情報埋めきれないよ!というのと、「深海を吹き飛ばす」前に皆戻るボタン押しちゃうよ!という結論に速攻で辿り着き、ぽっきり折れました。
    辿り着きたいのは深海です。
    そこで次に仮タイトルであった「幻想劇場」に着目し形にしようと思いつき、第1心層~第2心層の手前の街を舞台装置として、彼らが舞台で演劇を行っているようなイメージをしました。
    これも当初は、1~4までずっと繋がっていて、舞台装置が回転してリアリストが、ステラが出てくるところまでコンテをきったのですが、縛りがキツく途中から折り合いも悪く、マンネリで廃案に。ただアイデアとしては面白いかな、と思ったので1~2はその方向で見せていく形に固めました。
    3~4はウンウン唸った結果、心海を潜っていくイメージを大切にしたのと、リアリストとステラに特別感も出ると良いかなと思い、あの形にしました。こうして割と「深海を吹き飛ばす」まで飽きずに繋げる動画になったんじゃないかな、と思っています。
    第3心層の7進法は私がやりたい放題遊んでいます(笑)

    cosMoさんが、いよいよ動画作るよ!って時に、最初私がコンテと別に、明解になるように完成した絵を組み立ててこういう感じの映像にしてくださいみたいなのも一緒に送りつけたもんだから、「俺今回やることすくないんじゃない?結構楽なんじゃない?!(゜∀゜+人」みたいなことを言われたんですが、何しろ結局私はかなり練りこんだものを提出してしまったものですから、序盤は特に、AE的にもやることがそれなりにあって、すぐに(=_=)みたいな反応をされましたw
    cosMoさん動画作るのものすごく苦手というか面倒くさがりなのに、色々発注つけて本当ごめんねw

    ということで、縦長スクロール絵と、舞台装置案が大きく功を奏し、第4心層まで無事辿り着きました。
    スクロール絵は、結局Pixivに上げるためのイメージイラスト案にもそのまま引き継がれた感じです。
    動画で見て、イラストも見た時、違う発見があれば面白いかなと。
    個人的には、動画だと街を抱いているけれど、イラストだとステラに手を差し伸べているようになるリアリストがちょっとしたアピールポイントです(笑)

    ***

    最深部
    最深部は、臨場感を出したくて所々アニメにしました…といいきれるとカッコいいのですが(笑)
    闇を吹き飛ばす瞬間の音楽のインパクトと、ストーリーとしてのステラやρの微妙な変化や苦しみを大切にしながら、その視覚化を考えた時、どうしても自分の頭の中から動いて出てきちゃって、それ以上に良案が思いつかなかったという方が正しいです--:
    一枚絵、あるいは静止画なら、動かす枚数がない分その一枚に尽力できるし、私の場合1枚絵の方が描きなれているのもあり、相対的に”絵”としての印象、クオリティは安定すると思います。なので本来ならなるべく静止画で一枚一枚丁寧に塗りもいれて対処した方が良いんだろうなぁとは、薄々思ってはいるんですが。。
    ですが、視聴者が映像の向こうにいる人物の空気・時間を共有するには、矢張り動かない絵より、動いている絵の方が適していると思うのです。キャラが生きているような気がするというか、その感情が届きやすいというか。
    とにかくそういう気持ちを大切にしたくて、拙くてもアニメーションは譲れませんでした。
    勝手な自論なので、完全にエゴっちゃエゴですな!!
    闇を吹き飛ばすところとか特に、あれ以上に良い形は思いつかなかったし。あと1~4までの部分と、第5は差別化もしたかったのでこの手法をとったというのもあったりなかったり。

    童心の時も、そういった意図があって要所にアニメを用いた節があります。
    アニメーションには、静止画だけでは伝えられない何かがあると思うんですよ…
    本当は転生も部分的に動かす構想だったんですが、あの時は完全に時間不足でして、それが叶わなかったのは今でも心残りです。いつかDVDとか出せるキッカケが出来たなら、どうにかしたいことの一つではありますな。。

    いつかもっと立派なアニメを魅せられるようになりたいですね…。
    そういいつつ、私的には、闇を吹き飛ばすところは想像通りに行ったのでよかったのと、9:54辺りからの闇が割れて崩れていく部分は割といい感じに崩壊出来たので気に入っていますが(笑)
    あそこAEで作ったんじゃないですよ!一枚一枚でできてるよ!…と謎の主張。

    それと、今回アニメの部分には意図的に影を付けませんでした。
    これはサマーウォーズ等の細田守監督や、アニメ新世界よりの石浜真史監督の影をつけない絵にリスペクトしているものです。
    私にはまだまだ不足の部分がありきっと本質には辿り着いていない、形式を真似ているだけになっていますが、お二方の考え方に感銘を受けたので、この在り方は目指していきたいと、実行に移しました。

    そういえば先日、AI少女で何枚くらい描いたのかというコメントを見受けてから、自分も気になっていたのでざっくりデータ見直してみました。
    目だけ動いてる絵もあるのでカウントし辛いですが、没も結構排出したりしたので作業量的には多分300枚↑分くらいかと思います。作ったデータを全部ぶち込んでいるフォルダのサイズは6.73GBでした。
    最深部だけで次点に容量の多い童心少女のフォルダサイズの2倍くらいあって面白かったですw

    ***

    エンドロール
    エンドロールは、映画館をイメージにしてcosMoが制作をしていたので、最初は映画館+劇場からイメージした素敵映画館みたいなところから、3人が退場していくラフを起こしました。
    ですが、この曲の場合は曲をそのまま絵に表して、イメージを統一してしまうのは違うなぁと思ったので、初期案は没にして、今のイラストに落ち着きました。
    私はこの絵を描いていて、彼らの印象的なあの色は、ああ、これを表すための色だったのかもしれないと、思いました。


    最後に。
    AI少女と深層心海には、cosMoさんのDTMを始めてから今までの集大成と辿りついた音楽が表現されています。それを皆様に感じ取って、美味しく味わって頂けたらと願っています。
    そこで私のお手伝いが少しでも音楽を聴くための礎になっていれば幸いです。



    ありがとうございました!

    P.S.
    cosMoさんが近々投稿予定の「HΨ=世界創造=EΨ」は、1年前の集大成であるAI少女制作から更に進化した曲だってcosMoさん自身が豪語してましたので、楽しみにして頂けたらと思っております。

    それではこれにて!
    今度また転生のこととか諸々の裏話とかかきたいのう
  • 広告
  • 静画でクリ奨始まったらしいですわよ奥さん

    2013-02-20 17:204

    クリエイター奨励プログラムにニコニコ静画が全面対応

    ↑の話。
    絵師にもクリ奨のチャンス来たぞw
    思ってたことやらなんやらつらつらと。

    ニコニコ静画には実は以前から、当方も星ノ少女ト幻奏楽土シリーズ等「ニコニコ動画」の方に投稿された動画の関連イラストをうpしていきたいという考えがありました。

    現在動画関連のイラストは、Pix○v内でのみ投稿してます。
    でも本当は矢張り、動画に関連したイラストをネットに上げるなら、同じニコニコのIDがあればすんなり見ることが出来る静画は、シヴのID持ってない方にも見て頂けるかもしれませんし、サイトも跨がないで見られるので完結していて良いなと、ずっと思っていました。
    まぁ、シヴのIDくらい今は界隈なら誰でも持ってるよwと言われたらアレですが。

    ニコ静に投稿すれば、関連した動画と絵をさくっとまとめてマイリスト出来るし、賛否両論気軽にコメントつけてくれる方ももしかしたら居るかもしれないし。魅力的ですな。


    ですが静画は、萌え絵やちょっとえっちいものが主に求められている気がする…。
    というかぶっちゃけそういう話もよく聞くし、そうなんだろうなと何となく思っておりまして。
    そんなところに色気ゼロの創作系の絵を上げるのは場違いかといった迷いがあり、結局今まで静画での投稿は見送ってきました。

    しかしそこでクリ奨ですよ。憧れの(?)クリ奨ですよ。
    これで噂が広まって創作系絵師も静画に入ってこないかなぁ。と。
    そういった絵も上げやすくならんかなぁとちょい期待です。
    (シヴ以外にも、プロアマ入り乱れて創作系イラストのふんだんに投稿されるような場所が出来ればいいのにと思っている節もある)



    と、ここまで書いて、微妙に逸れますがなんか突然色々気付いてしまいました。

    よく考えたら、静画が萌え絵や東方強いのって投稿側も閲覧側ももしかすて男性が多いからじゃね?

    ....... (゜Д゜)

    ....... (。д。)


    盲点www何故ww気付かなかったwwしwwww盲点wwww
    あ、なんか上で書いたのがアフォらしくなってきました。迫りくる謎の爽快感。
    そりゃ需要も供給もそっちに傾くよね。すると次第に場の雰囲気もそういう系になるよね。


    あとね、さっき自分で書いておいてね、これね。

    >ニコ静に投稿すれば、関連した動画と絵をさくっとまとめてマイリスト出来るし、賛否両論気軽にコメントつけてくれる方ももしかしたら居るかもしれないし。魅力的ですな。

    そうじゃん!!それいいじゃん!!
    気になる利点を自分で書いてて発見してしまった。遠慮とかなんでしてたのなんだろう。
    自分のやりたいようにやればいいよね。ニコニコってそういう所だよね。大変ありがとうございました。
    別に私一人が空気の読めない絵を上げてたって、誰も気にも留めんわw
    自意識過剰だわこれ。あら嫌だわー。

    因みに上の書き方だと誤解を招くかもしれませんが、当方は萌え絵等を否定する気は微塵もないです。
    逆にそういう絵も好きだし見るし描けるなら描きたい派です。興味深い文化の一つだとも思います。
    あ、そうか。目指したいんなら、目指せよ。
    ちゃんと色気のある絵が描ければ、前述の気持ち的にも投稿しやすくなる気がするよw
    …自分の画力の問題にこんなところでも辿り着いてしまいました。部屋が寒いです。


    なんか真面目に長々書いているのがものすごくアフォらしくなってきました。
    まぁそんな黒歴史もきっといつかは糧になるよね。キリッ



    よく考えたらウチの代表も、それこそずっと空気を読まず好き勝手な作品を発表し続けてるし、
    私もそれでいいんだ。それがいいんだ。だから貴方は貴方の今やりたいことをやればいいと言い続けている。

    人にはそういうくせに自分は節々畏まってちゃいかんですね。マジワロスです。
    よいお手本は意外と身近にあるもので。


    ということで、星ノ少女ト幻奏楽土シリーズの絵はとりあえず今から全部静画に上げるかなー。と思ったけど、やっぱ過去作については諸々面倒なのでやらないかなー。←
    でも今シリーズで次回投稿予定の、AI少女と深層深海のイラストは、静画での投稿も検討することにしましたとさ。はい。



    なんかタイトルのクリ奨の話あんまり関係なくね?(´ω`)
    いや、クリ奨がキッカケでこの記事書くことにしたし、結果的に検討する方向へ辿り着いたし。
    こうやって他の所でも行動の起爆剤になってるといいですな。
    静画投稿したら自分もクリ奨登録してみるよ。悲しいことに金銭的な期待は全く出来ないですが。
    儀式的な意味合いでやってみたくありません?
    「お、おらもついに憧れのクリ奨登録さしちまっただ!キャッ!」みたいな。
    もし万一少しでも頂けたなら、ニコニ広告にでも使いますw

    クリ奨に関しては、知人間でも実際よく話になってますが、別に何とも思っておりません。
    まぁ大概は元々見返りを期待せず情熱燃やして何か生み出したのだから、そこにおこづかいが降ってくるならみんな幸せなんじゃないでしょうか。みんなそれで美味しいものでも食べてもっと素敵なもの作ってください。お金を世に流通させて日本を元気にしましょうw
    素晴らしいシステムなんじゃないでしょうかw
    世の中目に見えるドリームが転がっているのは大事なことだと思いますしおすしデュクシ。


    まとまりもなく面白みにも欠ける垂れ流しですが、長らくお付き合いありがとうございました。
  • かものはしでつながるボーイミーツガール

    2013-02-05 01:552
    お初にお目にかかる方は初めまして。そうでない方はこんにちは、いつもありがとうございます。
    syuri22と申します。巷で噂のブロマガはじめちゃいました。
    「~ちゃいました」って言うとどうしてもその後に「甘栗むいちゃいました」って付けたくなります。

    独り言とか独り言とか、当方の関わっている某星ノ少女ト幻奏楽土シリーズの裏話とか零したり、
    そんな蛇足な感じでブロマガっていきたいと思います。よろしくお願いします。

    第一回はかものはしの話でもしようかと思いまして、タイトルもそんな感じになりました。
    というかブロマガのタイトルもそんな感じにしました。かものはしかわいいです。
    ご存じない方に適当な説明を致しますと、
    かものはしというのは単孔目のにゅるっとした生き物です。オーストラリアに棲息しています。
    単孔目とは、卵を産んで子を育てる哺乳類をさします。この種類は現在かものはしとハリモグラという生き物しか確認されていない珍しい種族です。
    かものはしは鴨のような平たいクチバシを持ってますが、体は毛が生えて手足があります。
    体からしっぽにかけてのにゅるっとしたラインがとても艶めかしくてかわいいとおもいます。
    オスの後ろ足には毒爪があって、人にとっては致死量ではありませんが、それなりに大変なことにはなるそうです。メスも元々は毒爪あるんですが、成長の過程でなくなるそうです。
    最初オーストラリアからイギリスへ剥製が渡った時には、イギリス人はその珍妙な生き物が信じられなくて、鴨と何かの獣を縫い繋いだものだ!と、信じて貰えなかったとかなんとか。
    詳しくはグーグル先生に聞いてみましょう。

    毒爪に関して私は昔Webだかどっかで調べてた時に「毒爪持ってるんだけど長い間に使い方を忘れてしまってかものはしには今は使えない」みたいな情報を知り、なにそれかわいい!としばらくの間信じていたのですが、どうやらこれはデマだったようで、ひどくがっかりしたことがあります。
    かものはしそんなにドジじゃねぇから!と頭殴られた感じです。

    まぁ昨今はかものはしをモデルにしたキャラクターが世に結構出回っているので、ご存じの方のほうが多いですよね。
    中学生の理科でもかものはし出てくるし。
    中学生の時といえば、私は生物の教科書にデカデカとかものはしの写真が載っていたのを見て、たいそう幸せな気持ちになりました(´ω`*)あの時の高ぶりは忘れられません。
    かものはしをググっていたら、オーストラリアのジャングルツアーコンダクターらしきおじさんが、かもはしを掴み上げている写真が出てきて、私も本気で留学してオーストラリアのそういう職を目指そうかと一瞬思った程度にジェラシーしました。
    とんだかものはし厨です。若いっていいよね!

    そんな私がにわか☆かものはし厨だったので、cosMoさんがこちらの曲、もといお話にも登場させてしまいました↓




    かものはしが出てきた時は、ちょっと嬉しかったですねwうわ!歌詞にいるしwwみたいな。
    そりゃ絵を描く時も楽しかったですよ、と。あ、名前は「くわちゃん」ていいます。
    あんまりデフォルメを加えなかったのはかものはしのあのフォルムが好きだからです。にゅるっとしてるのがたまらんです。

    しかし、後から知ったんですけど、この子イコカ(関西圏のICカード)のキャラに色が似てるんですよね…。かものはしがキャラクターらしいということは知ってたんですが、デザインまで見たことはなかった。(私は関東圏の人間です)
    他のキャラクター(この曲には総勢20匹以上の”なかまたち”を描いた)とのカラーバランスを取るため、最終的にこの子は青緑っぽい色で落ち着かせたのですが…そんな偶然アリでしょうかね?ねーよ…(´・ω・`)
    いやはや、無知ほど恐ろしいものはないと日々慄きます。

    落としどころがわからないのでそろそろ強制終了することにします。
    この「電波少女と空想庭園」については他にも色々お話しできそうなことはあるので、それはまたどこかで記すことがあるかもしれません。
    かものはしについては定期的にかものはしになりたいと呟きます。
    それでは今回はこの辺で。
    蛇足っぷりがやばいブロマガ第1号でした。