MMDで(すこし楽に)手をつなごう。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MMDで(すこし楽に)手をつなごう。

2014-12-19 01:34

    この静画つくってるときに便利だったのでメモ&情報共有がてら。(既出かな?)

    MMDがバージョン9になって外部親機能が追加されました。これを利用してちょっと簡単に手をつないだポーズを作ってみようと思います。

    事前に、手をつながれる側のモデル(上の静画の場合ゆかりさん)を腕IK化しておきます。
    手をつなぐ側(同ミクさん)に左手右手ダミーボーンを追加しておくと便利です。(ボーン改造OKなモデルを使いましょう。)

    腕IKや両手ダミーボーン化はPMD/PMXエディタで行います。エディタやプラグインの場所、方法は検索すれば出てきますのでここでは割愛させていただきます。

    用意ができたら手をつなぐ側(例:ミクさん)、つながれる側それぞれモデルを読み込みます。


    今回はミクさんの左手とゆかりさんの右手をくっつけたいので、ゆかりさんの外部親設定画面(登録の上にある[外]のボタンをクリック)にて、


    対象ボーンを「右腕IK」、外部親ボーンをミクさんの左ダミーボーン(もしくは左手首)に設定すると・・・



    このように右腕が勝手にミクさんの左手(左ダミーボーン)に寄ってきます。

    後はつながれる側の全ての親やセンターを動かしたり・・・

    つなぐ側の腕を動かせば、つながれる側の腕も一緒についてきます。



    あとは手を握らせていい感じにポーズを付けて、


    最終的にこうなりました。どうです?簡単でしょう?

    今まではPMD/PMXエディタでモデル組み合わせたり片方のポーズいじってはもう片方のポーズも位置やら腕やら調整させる等の手間がありましたが、今回の方法でだいぶ手間が省けました。

    ちなみに動画にする場合、つながれる側の全ての親(もしくはセンターかルート)の外部親ボーンをつなぐ側の全ての親(同上)に割り当てればつなぐ側のモデルを動かしただけで一緒に歩いたり飛んだりできると思います。

    他、手のポーズ付けに握り拡散も入れておくとだいぶ楽になるかもしれません。

    ※ちなみに静画のほんわさんもほんわさんの全ての親をミクさんの右肩ボーンを外部親に割り当ててのっけてます。

    外部親の可能性、まだまだありそうですね!(ロボットのコックピットのレバーに割り当てたりMMDエンジンと組み合わせてみたりetc...)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。