ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

CODIWでのデュアルについて(立ち回り編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

CODIWでのデュアルについて(立ち回り編)

2017-06-14 19:20
    こんばんは、ティーマックと申します。
    今回も前回に引き続き、CODIWについて書いていきます。

    前回で熱く語りましたデュアルですが今回はその立ち回りを(私自身のですが)紹介していきたいと思います。長くなります()

    まず立ち回りを書く前に注意事項を何点か・・・
    ・CODIWに限定したお話です
    ・私がDOM専(DOMINATION専門)なのでDOMでの動き方をお話します
    ・あくまでデュアルに慣れてない方に対する立ち回りの話なので上手い人からすると微妙かもしれません

    これらを念頭においてくださるとありがたいです。
    ではではさっそく・・・


    1、デュアルの交戦距離を理解した走り方をしよう!
       まずこちらの説明からいきます。
       前回でも書きましたがデュアルの射程距離は近距離~頑張って中距離が限界です。
       しかし相手はいつでもこちらの交戦距離にいるとは限りません。さらにドミネーション   (以下DOM)では旗を取り合う関係上、遠くから狙ってきている人もいるでしょう。
       そんな中ただ闇雲に相手の前に出ては蜂の巣にされるのがオチです。

       じゃあどうすればいいのか、簡単です。自分の射程範囲にまで近づけばいいのです。
       「それが難しいんじゃん!」と思うでしょうがIWでは工夫次第であっという間に近づけま    す。
       ではどうするのかというとまず、相手が見ていると思われる通路には出てはいけません。
       これは遠距離で狙える武器で確実に撃ち勝てる人以外にも言える話です。
       相手からしてみれば、待っている道に的が出てくるようなものです。
       
       次になるべく壁に沿った走り方を意識しましょう。広い道ならなおさらです。
       最短でB旗に走るのにもわざわざ狙われやすい所を走るよりいいかと思います。
       かといって無闇に壁走りは止めましょう。壁を走りながら撃つのはかなり難しいですから。
       相手の視認しづらい上空から奇襲するのに壁走りは最適ですが、それが出来る人は
       この記事を読んでないと思います(笑)

       また空中戦は近距離以外、出来るだけ避けましょう。理由は後述しますが不意打ちに
       使うくらいしかデュアルの空中戦はメリットがありません。
       
       どうしても相手が見ている場所を通過しなければいけない・・・という場合は
       障害物を利用して近づきましょう。物陰に隠れながらタイミングを見計って一気に近づけば
       弾をばら撒くこちらが有利になることもあります。
       
       そして大事なのは味方の動きを見て走ることです。1人で戦っているわけではありませ   んからね。味方が撃たずに覗き込んでいる道は敵がいないということですから安心して
       進めますし、味方が見ていない場所は敵が来る可能性がありますから迎撃の用意をして
       おけます。レーダーに映る味方の動き方で、敵の位置を予測することが可能なのです。
       
       これらのことを利用して敵の懐にガンガン飛び込みましょう!


    2、スライディングを駆使して撃ち勝とう!
       では交戦距離内に敵がいた場合、絶対勝てるかといえばそうではありません。
       
    相手の狙いが速かった、複数いた、デュアルの集弾率の悪さ、相手がショットガン、
       アーマーを使用していた、回線などなど・・・理由はさまざまあります。
       どうしようもないこともありますが、少しでも相手が狙う前に勝つためにはどうすれば
       いいのか・・・スライディングをしましょう!

       
       IWは機動力が過去作と比べても段違いにある作品です。上手い人はブーストジャンプ
       を多用して相手に狙われる前に狙うように心掛けています。じゃあデュアルでも華麗に   ジャンプして狙いを外そう・・・と思っても上手くいきません。
       
    ブーストジャンプやスライディング中は私の体感ですが、集弾率が悪い気がします。
       腰だめ撃ちしか出来ないデュアルにとって、弾がバラけるのは死活問題です。

       スライディングでもバラけるならする意味ないんじゃ・・・と思うかもしれませんが
       スライディングの利点は敵に素早く近づける点と不意をつける点です。
       
       
    スライディングはブーストを利用して、一時的に素早く動けます。
       DOMでB凸しにいく人がブースト・ジャンプ、ブースト・ジャンプ・・・している
       のはよく見かけますよね。
       このスライディングはデュアルの射程圏内に敵を収めるのに最も適しています。
       

       またIWでブーストジャンプを利用して敵を撃つ人は多いですが、スライディング
       を利用しながら敵を撃っている人はそんなにいない気がします。これは後述する
       理由かと思われますが、とにかくスライディングは敵が予測しづらいです。
       
    なので敵が戸惑う間に撃ち勝てるというわけですね。

       じゃあなぜスライディングを使う人が少ないかそれはADS勝負の場合、
       敵が狙いづらい上に、自分が狙いやすいのはブーストジャンプだからです。
      
     これはよくある話ですが、FPSになれていない人は視点が若干下を向いています。
       なので高く飛ばれると狙い撃つのが遅くなり、負けてしまいます。
       対してスライディングは地面を離れませんから狙いやすいというわけですね。

       しかし腰だめ撃ち勝負においてはスライディングが有利です。近距離での戦闘ではADS
       するよりも腰だめ撃ちのほうが早く撃てます。弾がバラけるのが弱点の腰だめ撃ちも
       スライディングで敵に近づけば問題ありません。

       とここまでスライディングのことを話しましたが、無闇やたらにスライディングは
       厳禁です。おいおい・・・と思われますが理由があります。
       まず狙いがつけやすいことには変わりがありません。これは私もやってしまうこと
       がありますが、敵が見えてからスライディングして近づいても的になるだけです。
       じゃあどういう時にすればいいか、それは曲がり角を曲がる前やある程度近い場所で
       接敵した時です。
       
       
    曲がり角や狭い場所に入る直前というのは敵と出会う確率が高いです。
       そこをスライディングで撃ちながら入れば、不意を突くことが出来ます。
       待っている敵も普通に入ってくるよりもスライディングされる方が狙いづらいです。
       また角を曲がるときに警戒する人は多くてもその手前は走っている・・なんて人も
       いますので、そこから急に飛び出せば撃ち勝てる!かもしれません。

       またある程度近い場所で接敵した場合、ただ撃ちあうと至近距離ならともかく
       負けてしまうこともあります。加えて相手がショットガンなら・・・
       そういう時もスライディング!かなり有効だったりします。
       スライディングで相手の横を通り過ぎるくらいの距離でしましょう。1発喰らうくらい
       で済んだりしますし、対ショットガンなら外してくれたりします。

       ブーストジャンプで華麗に宙を舞うのもいいですが、スライディングを駆使して
       スタイリッシュに決めてみるのもいいものですよ。


    3、裏取りは状況を考えて素早く決めよう!
        これはデュアルに限った話ではありませんが書いておきます。
        DOMは旗を取り合うゲームですが相手と真正面から撃ちあって勝てない!
        B旗に敵がいて取れない!そういう時もあるかと思います。
        そこで効いてくるのが相手の見ていないところから奇襲する裏取りこれが決まれば
        一方的に相手を倒すことも出来ます。

        デュアルなら特性上、裏取りするのが理にかなっています。
        が!裏取りばかりしても勝てませんし、そもそも裏取りすべきではありません。
       
     上にも書きましたがDOMは旗を奪い合うゲームです。どれだけ相手を倒しても
        旗が取られているならチームは負けます。基本的に旗に絡む動きをしましょう。
        チームの勝利を無視して、キル稼ぎをする人はたとえ上手い人でも戦犯です。

        じゃあどうすればいいか、状況を見ましょう。味方の動きですね。
        
    味方と敵がB旗を挟んで撃ちあっている・・・しかし動きが硬直している、
        これはチャンスです。撃ちあっている所に突っ込んでも近中距離でない場合は
        味方の射撃の邪魔になったり、敵の的になるため突っ込むのは避けましょう。
        こういう場合なら裏取りが成功することもあります。

        
        逆に味方が裏を取りに行っている、前に出て敵を喰い止めている場合は旗に入りましょう。
        ういう味方と同じ行動を取れば必然的に旗に入る人が少なくなりますからね。
        防衛時は旗の付近を走り回り、迎撃体勢を整えておきましょう。

        そして裏取りするときに大事なことは最短距離を走ることと敵も裏取りのことを
       考えていることです。
       

        裏取りは旗をとるためにする行動です。ですが旗とまったく関係ないところに行く、
       敵に遭わないようにかなり遠回りをする、これは意味がないです。
       
    裏取りをしている時は逆に言えば旗に入る人が減っているという状況です。
       そんな時に裏取りに時間をかけてしまえばその分、旗を取る時間がなくなる、
       ひいてはチームの負けにつながります。
       なので裏取り自体は素早く最短を狙って動くようにしましょう。

       そして裏を取ることは当然相手も考えていますし、来ることを予想しています。
       
    裏を取りにいくときに接敵すること、裏につながるルートを敵が見ていることを
       しっかり頭に入れておかないと無駄に終わります。
       しかし裏取りでの接敵でデュアルはかなり有利です。不意での遭遇戦はスライディング
       を駆使して弾をばら撒けば撃ち勝つことでしょう。
       もちろん撃ってしまえばサプレッサーがない場合、場所を知られるので狙われます     が・・・こういったことからも裏取りは時間をかけないようにしましょう。

       ポイントとして成功しても失敗しても同じルートを連続で行くのは止めましょう。
       
    失敗したからムキになって裏取りし続けても勝てませんし、逆に成功しても同じ
       ルートを通れば敵に対策されます。デュアルを担いでれば同じ人だとバレますから
       こいつはここからしか来ないと待たれてしまいます。常に色んな場所から、時には
       B旗を通過するくらい縦横無尽に動きましょう。
       
       もちろん旗に入れるなら入るのが一番です。




    ・・・とここまで立ち回りについて書いてきましたがもっといい動き方があるかもしれません。ですが私がデュアルで走るときにはこれでかなりいい戦績だったり、チームの勝利に貢献出来ていると感じています。
    最後に個人的な感想ですがデュアルは走り回るのが楽しいですし、走り回れば強い武器だと思います。これを参考にデュアルを使ってみよう、デュアルが楽しいと思ってくれる方が増えてくれると嬉しいです。(そしてあわよくばIWのプレイ人口が増えてDOMのマッチングが良くなってくれれば・・・笑)



    ここまで長い駄文を読んでくださり、ありがとうございました。
    またデュアルについて熱く語っていきたいと思いますので、その時はぜひまた目を通してくださると嬉しいです。
    それでは。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。