ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

CODIWでのデュアルについて(マップ編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

CODIWでのデュアルについて(マップ編)

2017-06-22 17:06
    こんばんは、ティーマックと申します。
    今回もデュアルについて書いていきます。またまた長くなります。

    デュアルについて色々書いてきましたが、今回は実際デュアルで走り回るのに向いているマップや立ち回りなどを個人的な動き方ですが紹介していきます。

    ではいつもの注意事項です。

      ・DOMでの立ち回り専用です、ご注意ください
      ・デュアルでの動き方のため他の銃では立ち回りが違います
      ・個人の立ち回りの話なので参考程度でお願いします
      ・DLCマップは対象外とさせてもらいます


    それではまずはBREAKOUTからです。
    デュアルオススメ度★★★★☆





    BO3のBreachに似たこのマップはDOMにおいては一直線に旗が並んでおり、またB旗が狭い建物の中にあるため
    B旗争奪戦が白熱するマップになっております。
    デュアルの得意な接近戦や奇襲が容易なマップなためオススメです。

    デュアルの立ち回りとしてはB凸をメインに据えてひたすらB旗周りを掃除しましょう。
    B旗周りは障害物が多く隠れるのに最適で、また比較的近距離での戦闘が多いため
    敵の視線外から一気に倒せることでしょう。
    B旗内に入る時は角で待っている敵がいることを想定してスライディングしながら決め撃ち
    すれば撃ち勝てる可能性が高まります。
    防衛時はB旗の中にいれば接近戦に持ち込めるため有利ですが、大抵爆発物が飛んできますのでトロフィーシステムがない場合は周りを走り回りましょう。

    注意点としてむやみにブーストジャンプを多用しないことです。
    A,Cそれぞれ相手の陣地を覗ける高台があるためジャンプをすれば撃ち抜かれることでしょう。デュアルでは相手が出来ません。
    また裏取り出来る通路は開けているため見られている場合、接近する前に倒されてしまいます。このマップの裏取りはデュアルでは厳しいためあまりしない方が得策です。



    次はCRUSHERです。
    デュアルオススメ度★☆☆☆☆




    このマップは三角形に旗が配置されているため、状況によって旗の取り合いが変わるマップです。
    また建物が多く、近距離での戦闘が多発するためデュアルが有利な状況に持ち込めます。

    が、DOMにおいては厳しいものがあります。
    なぜならB旗周りは障害物が少なく、遠距離での戦闘になることが多いからです。
    なのでB凸の際は味方の援護を貰いながら敵の射線外から一気に近づきましょう。

    じゃあデュアルの得意な建物があるA-C間で戦えばと思うかもしれませんが状況をしっかり
    見定めないと足を引っ張る結果になります。
    DOMでの基本はB旗の奪い合いです。なぜかというとリスポーン地点がB以外からの場合が多いからです。もちろんこのマップは三角形なのでBから沸く可能性もありますが。
    たまにA-C間でひたすら敵を探している人がいますがB旗を取り合うのに真逆にいても意味がありません。Bを必死に取ろうと味方が頑張っているのにA-C間で旗も取らずうろうろしては、裏取りを警戒している敵にやられて、またA-C間に突撃・・・そんなのをよく見ます。

    デュアルなら建物内での戦闘は強いですがそちらに行く場合は一気に相手側の旗を取るか、
    Bに向かう敵の前に出て喰い止めるかにしましょう。
    B旗が取れていてかつ、Bに味方が集中している場合は裏取り阻止のため建物内にいてもいいですが、それ以外は行くのは止めておきましょう。



    続いてはSCORCHです。
    デュアルオススメ度★★★☆☆





    このマップは三角形ですがA-C間が遠いため必然的にB旗を取り合うことになるマップです。
    また真ん中や建物内から裏取りが容易なためBの味方側から敵が来ることも珍しくありません。
    味方と連携して死角を作らないことが勝利への鍵になります。

    デュアルとしてはB周りが障害物多めですのでB周りでの掃除がいいですが、遠距離から覗かれることも多く、またBに入る前にセンターや建物内から裏取りしてきた敵に会って撃ち負けることもあるので味方陣地に近いからといって油断しないようB凸しましょう。
    攻勢時も防衛時もB旗近くの相手側の建物を占拠しておけば、味方が有利に立ち回れますので
    まずそこを攻めましょう。近距離戦闘になるのでデュアルなら得意な射程で戦えます。

    気をつけるのはデュアルにおいてここの裏取りはかなり不利だということです。
    センターやBと真逆の建物は直線に長いため中距離~遠距離勝負になりがちです。
    そこにデュアルが行けば・・・もうおわかりですね。
    加えてここはBで相手がリスポーンする確率が低いので裏を取ってもその後ろから敵が沸いて
    撃たれるなんてこともよくあります。
    裏取りするくらいならB旗の前に出て敵を迎え撃つ方が多く敵を倒せます。


    続いてはRETALIATIONです。
    デュアルオススメ度★★☆☆☆





    このマップは旗と旗の距離が遠いためいかに防衛できるかがキモになってくるマップです。
    デュアルでもその戦い方が基本となっておりB旗を奪取する場合は眺められる所が多いため1人では取らずに味方と一緒に旗に入るようにしましょう。また旗に来る敵を向かえ撃つために
    B旗を見渡せるテラスで戦うのも選択肢に入ります。

    防衛時にはB旗近くの建物内で敵を迎撃することが射程範囲も相まって有利に立ち回れるかと
    思います。
    また引き続きテラスでB旗を覗く敵を減らす仕事をしてもいいかと思います。
    しかしテラスにいた場合、Bに入った敵に対しては射程の関係上厳しいので個人的にはB旗付近の建物がオススメです。

    ここの裏取りとしては敵がB旗に集中していてなかなか奪取出来ない場合、味方と共にA(もしくはC)旗に向かいましょう。
    上手く行けばB旗に敵を閉じ込めることが出来る、もしくはB旗の防衛人数を減らすことが出来ます。
    しかしA-C間がかなり遠いため緊急手段として視野に入れておく程度でいいかと思います。

    全体的に広い直線や遠距離が得意なマップなため移動の際は狭い通路や壁際を通りましょう。



    次のマップはFRONTIERです。
    デュアルオススメ度★★★★★





    このマップは比較的狭く、また二層に分かれており奇襲が容易なマップになっております。
    デュアルマップといっても過言ではないくらいに近距離での接敵が多く、曲がり角も多いため
    スライディング撃ちが映えるマップになっております。

    B旗の争奪が熱いマップで旗がある地下は一直線に長い構造のため一見デュアルは不利かと思いますが隠れる障害物があるため敵の弾を避けて接近することが可能です。
    奪取時はスライディングでB旗に凸して一掃→B前に出て旗に来る敵を迎撃→B旗に入るようにしましょう。近距離での戦闘のため多く敵を狩れます。

    防衛時はB旗内をうろうろしつつ、B前にスライディングしながら出て迎撃したり、味方側の
    階段から裏取りに来る敵を迎え撃ってもいいでしょう。
    またB旗を挟んでお互い硬直している場合は上のルートから相手陣地に忍び込み、相手の後ろを突くことを考えてもいいかと思います。

    なんにせよマップ自体が狭いため、機動力を生かして縦横無尽に敵をかき回す役割を担うことがいいかと思います。



    続いてはGROUNDEDです。
    デュアルオススメ度★★☆☆☆





    三角形の狭いマップですがA-C間は遠いため広いB旗を取り合うことになるかと思います。
    また裏を取りやすい構造のため常に色んな方向を警戒しないといけません。

    デュアルにおいてはB旗周りがかなり広くなっているため無闇に突撃しては蜂の巣になるだけです。
    味方の位置を確認しつつ他のマップより少し慎重に立ち回りましょう。
    オススメはB旗の敵側2階を占拠することです。そこならば近距離での撃ち合いになるため
    有利に立ち回れます。
    また洞窟・建物内からBの相手側に回りこみ、Bに来る敵を迎撃しましょう。
    B周りが固められているなら、味方と共に相手の初期旗を取ることも視野に入れておくといいかもしれません。
    しかし中距離での撃ち合いが多く、スライディングもし辛い地形のためデュアルで走る場合は
    ある程度立ち回りを理解して慣れてからがいいかと思います。



    続いてのマップはPRECINCTです。
    デュアルオススメ度☆☆☆☆☆





    日本が舞台の三角形マップですが珍しくC旗が遠いマップになっています。
    固められるとどうにもならなくなるマップ3本の指に入ります。

    まずここでのデュアルは腕に相当自信が無い限り止めておきましょう。
    デュアルでの立ち回りの記事でこれを言うのはどうかと思いますが構造的にかなり厳しいマップです。
    基本中距離での戦いになる見渡しがいいマップのため敵に近づくため前に撃たれる確率が高いです。
    またC旗を取ってしまうとA-B間で固められデュアルで走れなくなります。
    そのためデュアルである程度敵を倒せるくらい実力があってもCリスの場合は他の武器で戦うようにした方がいいかと思います。

    どうしてもデュアルで戦いたい場合はCリスの場合はひたすらB凸しましょう。
    CからAに向かうにはデュアルではまず無理です。
    Bに走ってA-B間の裏路地を占拠しましょう。上手く味方も来てくれれば敵のリスポーン地点を
    C側に近い場所にすることが出来ます。

    逆に味方がA-B間で固めている場合はB前の建物内の敵を排除したりセンターの建物内の敵を片付けましょう。
    しかし注意する点として、あまりC側に行かないことです。
    よく見る光景として、せっかくA-Bを占拠して固めているのに数人の味方が敵を狩りたいがため、Cまで突っ込んでリスポーンが逆になり、そのまま旗を取り返されて逆に固められて負けるパターンがあります。それだけは絶対に止めましょう

    総じてデュアルでは戦いづらいマップになっています。


    ・・・まったくデュアルと関係ない話ですがここでAかB旗取って後はもう1つの旗を取ればいいのに、C旗にひたすら突撃してC旗を取ろうとする方が多い気がします。マップを見ればCが不利なのはわかると思うんですが、なぜなのでしょうか・・・



    愚痴を言っても仕方ありませんね、次はFROSTです。
    デュアルオススメ度★☆☆☆☆





    このマップはほぼ二等辺三角形に旗が配置されており、B旗周りの構造上C旗の方が若干有利な
    マップになっています。

    デュアルにおいては少し苦手とする構造になっています。
    なぜなら敵と相対する場所が一直線のことが多いからです。幸いにも隠れる場所も多いためそこを利用すれば、接近することも可能ですが攻勢時は大体、定点で待っていることも多いため厳しいものがあります。
    すこしでも有利な状況を持っていくために、一対一の状況は避けて乱戦に持ち込めるように味方と共に行動するようにしましょう。

    ここも防衛時はB旗周りをうろつき、入ってくる敵の迎撃に徹することがいいかと思います。
    しかし遠距離から狙われる位置に行くことは控えましょう。あっという間に溶けます。



    続いてはTHROWBACKです。
    デュアルオススメ度★★☆☆☆





    B旗は多方向から覗きやすい広い場所にあり、また全体的に開けたマップになっております。
    C旗の方が若干近い気がしますが、そこまで有利、不利はありません。

    チームデスマッチなどでは遠距離必至のマップですがDOMでは若干その傾向が薄れます。
    がしかし相変わらず広いので、デュアルで走る際はBに隣接している新幹線を盾に相手側のBを覗ける2階の建物を占拠しに行きましょう。

    上記プレイヤーがいる場所やその真逆の場所は直線距離が長いため、デュアルで走るのには向いていません。極力止めておきましょう。
    プレイヤーがいる地点やその反対側で敵がずっと見ている場合があります。
    DOMにおいては旗に絡む人が減っていることになるので、むしろB凸しやすいと思って別ルートから攻めましょう。

    地形の関係上、最初から初期旗に入らずにB凸すれば有利に立ち回れることもあります。
    もちろん相手も最初からB旗を狙っている場合がありますので油断出来ませんが。



    次はMW2にあったマップのリメイクTERMINALです。
    デュアルオススメ度★☆☆☆☆





    このマップはMW3以来の登場(だったはず)で広い場所での戦闘が多いマップです。
    今回はC旗有利といったわけではなく味方の位置によってコロコロとリスポーンが変わるマップになっています。

    デュアルではBでの戦闘が中距離~長距離戦になるためセンターを通っての奇襲が主になります。がやっぱり不利なことには変わりないです。
    敵味方が硬直状態に裏取りに来る敵を迎撃くらいは仕事が出来ますがそれでも厳しいものがあります。味方のおとりになるくらいの覚悟で前押しをするのもいいかもしれません。

    A-C間で固めるのは厳しいので旗を取るスピードを速めるためにひたすらB凸して味方の援護に回るのがいいかと思われます。


    余談ですが、リスポーン地点が定まりづらい仕様な気がします。
    MW3での経験を元にわざとそうしたのかもしれませんが、急に後ろで沸かれるのはかなり怖いです・・・



    続いてのマップはSKYDOCKです。
    デュアルオススメ度★★★★★






    このマップはかなり狭く、また曲がり角も多いため急な接敵が多いです。また珍しくB旗が不利な位置にあるため固められると厳しいマップになっています。

    デュアルで走り回るにはかなり良マップでA-C間の直線やBのセンター部分を除けばスライディングしながら敵に近づき射程圏内で戦うことが出来ます
    戦い方としては下図の矢印のようにAやC旗の周りを大きく旋回しつつ敵を倒しましょう。



    B旗に閉じ込めてしまえば、後はここをグルグル回って迎撃に徹するだけで貢献出来ます。
    このマップは空中戦が多くなるのでそこだけ注意しておきましょう。
    EMCデュアルなどと相性がいいマップです。

    奪取時は覗かれる危険性も考えて、B旗を取ることはあまり推奨しません。
    A、Cどっちかを優先させましょう。



    続いてのマップはMAYDAYです。
    デュアルオススメ度★★★★☆





    かなり狭いマップでかつ、一直線の旗配置のため激戦必至のマップです。またサイドは長い直線のため遠距離戦が展開されたり、上手い人は敵陣地に入り込みひたすら敵を倒せたりする構造になっています。

    デュアルでもかなり戦いやすいマップですが両サイドの直線は障害物が少ないため基本Bの敵リス2階で進行を喰い止めましょう
    奪取、防衛共に敵リスの前の建物を占拠すればかなり有利に立ち回れるため、そこをグルグルしつつ、奪取時は味方と共に一気に旗に入るようにしましょう。旗奪取に時間を掛けれません。

    旗防衛の際は奇襲案として上記マップ上側の壁を走ってBに向かいましょう。
    他の地点よりは成功しやすいです。
    その際気をつけるのは対岸の敵とクライオマイン、B旗に入っている敵がこちらを迎撃しようと見ていることです。その場合は無理に行くのは止めましょう。

    逆に敵が自リスの建物内に入っている際はデュアルの射程を利用して除去しましょう。
    いつまでもそこに居られると味方の進行が妨げられる上に、スコストも貯められてしまいます。

    どうしてもマップ下部からB凸する場合は味方の援護がある時か、敵がいないのを見計らって進みましょう。


    最後はGENESISです。
    デュアルオススメ度★★★★☆




    MW3のDOMEのリメイクマップ・・・というよりGhostsのStrikezoneのリメイクマップです。かなり人気が高いマップです。
    狭い構造で、かつ旗が三角形のため頻繁に旗の取り合いが起こるマップになっています。

    デュアルで走るのが気持ちいいマップで特にB旗での室内戦はかなり強気で立ち回れます
    とはいえ意外にも中距離戦も多発するためただ闇雲に走り回ってはいけません。
    幸いにもスライディングを使えば射程に入れるくらいの距離が多いので、スライディングを多用しましょう。

    チームの方針に合わせて動き方を変えるのも大事です。旗を次々に取ってまわすならデュアルで相手旗に切り込む役割を担い、おとりの役目も果たしましょう。
    固める戦法なら自陣の旗を行ったり来たりして裏から来る敵を迎撃したり、B旗内なら建物内に入ってきた敵を掃除しましょう。




    というわけで長々と書きましたがいかがでしょうか?
    あんまり参考にならないかもしれませんがデュアルで戦う際に少しでも役に立てればと思います。(DOMでの立ち回りだけですが・・・)
    また何か書きたいことが出来たらひっそり投稿しますので、その時はまたご覧になってくださると嬉しいです。
    ここまで見てくださりありがとうございました。
    それでは。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。