• このエントリーをはてなブックマークに追加
漫画と平和論
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

漫画と平和論

2015-07-23 23:54
  • 11
――人類はどうやって暮らしていくべきか。
――敵と言える存在とどのように関わっていくべきか。

漫画と平和論(正義論)の関係は案外深い。
バトル系の少年漫画を読んでいるとほぼ必ず、
この概念に対するキャラ同士の討論が展開される。
クライマックスで行われ、重要な争点となることも多い。

戦いというものを、ゲーム(枠内の競技)ではなく
主人公の成す正しき何かとして作者が突き詰めると、
必然的にそういう方向に行くのだと思う。

「魔王を倒すのは本当に正義か?」というもはや見慣れすぎた問答に始まり、
数パターンの論点に対して、今も様々な作品で盛んに言及されている。

この観点で僕は、
他の作品を読んだり、
世の中の他の知識、出来事と結びつけて考えたりしてきた。
そしてそれは、まだ途中だ。

ただとりあえず、
絶対的な正解が無いということは分かっている。

これは「哲学」「現代思想」が参考になる。
「正義」という概念はただの言葉でしかなく、
真理などは存在しない。
思想家の長年に及ぶ議論の結果、
絶対的な正義が無いと分かってしまった現代社会において、
「真の平和とは」という問い自体が無効で、言葉遊びに過ぎない。

「平和学」という学問もあるが、これも明確な指針を示せてはいない。
間違った現状を各個撃破していく感じだ。

そうなると一段下がって
「落とし所としての、いい感じの平和ってどんなだろ」
みたいな感じで持論を各自が突き詰めていく方向になる。

これについても、正解は無いが「失敗例」はいくつか分かっていて、
例えば、
論理の力を過信した啓蒙思想、合理主義的な方向性(蛮族を近代化したるで~)や、
個人を殺した全体主義的な方向性は否定されている。

しかし正解はない。

故に近代以降、創作は難化した。
「物語」は問題と結果を求めるが、
問題が「正義」や「平和」に関わってしまうと、
明確な解答が無いので全体がボヤける。

この辺の「スッキリした答えがない」というモヤモヤ感から、
最近は、デスゲーム、スポーツといった、
「勝つことが正しいとスッキリ分かるもの」が増えてきたのかもしれない。
漫画はエンタメなので、それはかなりの正道だと思う。
単純に魔王を倒すのには、少し難儀な時代だ。
そこを更に突き詰めて、物語などいらぬ!!!
と突き抜けたのが「日常系」だろう。

読者が食傷地味な部分もある。
問い自体はそこらじゅうで為されるのに、
まともな回答が得られなければ、疲れるだけだ。
それならいっそ、切り分けて、触れなくて済むような構造にした方がマシだ。
(つまり、ゲーム化、競技化)
「魔王にも別の正義が~」「復讐の連鎖が~」「上層部の腐敗が~」「貴族が~」
これらの「正義論あるある」に、新しい回答なく触れるのは、
今となっては覚悟がいる。

でも同時に読者としては、
根幹的な思想で主人公に共感しながら勝利するのは気持ちいい。
大義のある大戦に勝利すると、心の深い部分が震える。
なので、何とかしてうまく利用したいものでもある。
それには、現代においても陳腐ではない「正義論」がいる。

脇道にそれるが、
「現代では既に解決された問題」にも、個人的にはイマイチ乗り切れない。
例えば奴隷制。
読者の生きる現代日本で、そこに憤りを感じる機会は少ない。
(資本主義は隠された奴隷制だ、とかの話は置いておいて)
それなのに、作中世界で
「奴隷制なんて間違ってるだろ!奴隷解放じゃあぁ!!」と叫ばれても、
「せ、せや!!!!」と、ワンテンポ遅れた共感になってしまう。
「作り物の別世界に感情移入し、そして楽しむ」というワンクッションが挟まる。
既に現実社会で起きた流れをなぞっていく(解法の分かった問題をもう一度解く)感じも、
個人的には好みじゃない。
(もちろん、主人公に深く感情移入すれば、そんなのは小さな問題となるが)
これが例えば「愛する者を守る!!」とかなら、
例え非日常的なファンタジー世界の中だとしても
「せやぁああ!!!!!」と、ストレートに乗れる。
同様に、
現実社会で読者が日常的に感じている憤り(最新の問題)を作中で解決すると、
読者としては非常に大きなカタルシスを得られる。
平和論はこの辺に深く関わってくる。
現代社会は、まぁまぁ上手く回りつつも、
確実にいくつかのヒズミを生んでいて、僕らはそれに苦しみ、
結構強めに、解決を望んでいるのだ。
その解決法の一端にでもいいので、触れられると、気持ちいい。

作者としては、その辺に関する良質な持論を用意したい。

というわけで、
この辺に関して、今後ちょくちょく言及していこうと思います。
気分転換と、考えの整理のためですかね。

体系的にまとめようとすると長大化して失敗するので(失敗して下書きとして眠っている)、
その都度、
何らかのテーマから出発して
雑文を書き散らす感じで行こうと思います。


よろしくおながいします。
たくす
他1件のコメントを表示
×
>(もちろん、主人公に深く感情移入すれば、そんなのは小さな問題となるが)
わかってるじゃん、物語上で扱う問題うんぬん長々と語ってるけど結局そこでしょ
あんたが至急取り組まなきゃいけないのはそっちだよ、自分以外の
読者や友達や上司部下が何を考えてるのかもっと興味向けろ

それを踏まえて、なんなのこのブロマガ
たいした成果も出せてない打ち切り原作者が頭でこねくり回した
なんの役にも立たないどこにも辿り着かない「まえがき」みたいな駄文を
本当にあんたは読ませたいと思ってんの?

弱腰すぎて文章の中にたくす自身の熱をなにも感じない
戸塚たくすのブロマガってタイトルだけどあんたについて何も感じないよ
現状報告をしろとは言わないし、すごい文章を書けとも言わないけど
駄文なりにあんたの息遣いを感じる文を書けよ
なんの感情もこもってない仕事の報告書よりつまんねー文章だったわ
あんたがカンタのヒーロースーツ来ても炎も氷も出せないだろうね
全部読んだのは昔のあんたは面白かったからだ、何度も読み飛ばしかけたわ

高校生や大学生時代にやってたブログのほうが何万倍もましだった
退化してんじゃねーぞサル
72ヶ月前
×
私には難しいですw(←バカw)

けど深い事は分かります・・・!

ここまで考えてる漫画家は他に居ないと思います
72ヶ月前
×
上でお二方にボロカス言われてますけど(気にしちゃ駄目ですよ)、お得意の屁理屈炸裂でたくす先生らしい良い記事だと思いますよ~。俺は。

> 故に近代以降、創作は難化した。

個人的にここがよく分かんなかったです! 昔も正義とかへの確かな答えはなかったと思うんですよ。なのに何で今より創作が簡単だったの? っつーね。

> この辺の「スッキリした答えがない」というモヤモヤ感から、
> 最近は、デスゲーム、スポーツといった、
> 「勝つことが正しいとスッキリ分かるもの」が増えてきたのかもしれない。

ここ2,3年で紋切りデスゲームもの増えましたよねぇ。俺も感じますわ。うんざり……。
「スッキリした答えがない」モヤモヤ感との関連はよう分からんっすけどね。別にここ数年で、人々が突如スッキリした答えがない事に気付いてモヤモヤ感がMaxに、って訳でもないでしょ? モヤモヤ感はずっと前からあるけどデスゲームが流行ったのは精々ここ数年な訳でさ、大して関係ないと思うんですよねー。
ほら。現にヒトクイもあれデスゲームものですが、「正義が曖昧だから分かり易いデスゲームものに逃げ込んだ」なんて言われても実感湧きませんし。

そもそもデスゲームとかスポーツ漫画が「勝つことが正しいとスッキリ分かるもの」ってのが??? 相手を殺しても良いのか的な葛藤があったりしないんですかね? そういう面で下手な王道漫画より寧ろ先生の言う平和論とやらに直結しそうですけど。

俺的にここら辺がイマイチ飲み込めなかったんで、出来ればもっと突っ込んで知りたいですー。
72ヶ月前
×
正解がないから、
そこに作者自身が自分の人生や経験から自分なりの解答を出して、
それを主人公に言わせることで、
それが作品のテーマなりメッセージなりになる、
ってのが創作ってものなんじゃないですかね。

大学生の小論文じゃないんだから調べて正解が出てくるもんじゃないでしょ。
大丈夫ですか?
71ヶ月前
×
うおお難しくて全然わかんねえ
戸塚先生毎回頭よすぎる
でもスポーツ漫画んとこは大好きだからなんとなくわかりました
スポーツは勝つことが正義かーむずかしいっすね
相手「勝利こそすべてだ!」主人公「ちげーよ!」みたいなのもあるし
怪我した仲間「でもやらせてくれや!」主人公「やらせんのが正義なのか!?」みたいなのとか
スポーツ漫画にも勝つ以外の正義はあるとおもうっすね
次の漫画ガチで応援してます
これはマジ
っていうか一つだけリクエストっていうか提案みてーのがあります!
何ヶ月に一回かでいいんで四コマ漫画とかちょろっとしたのうpとかできますか????
オーシャンまなぶとゼクレアトル全部よんだっすめちゃくちゃおもしれえ
だから戸塚先生の新しい漫画がほんのちょっとでも読みたいっす
無茶いってすいませんがよかったらちょっとだけ考えてもらえたら嬉しいっす!!!
71ヶ月前
×
すいません
あれから反省しました
四コマ漫画とか無茶なこといってすいませんでした
やっぱ俺は新作が読みたかったんです
四コマなんかリクエストしたらそれの邪魔になるって事に気づいたっす
だからなかったことにして下さい
ごちゃごちゃすいませんでした

オーシャンまなぶとゼクレアトルがマジ好きっす
オーシャンまなぶも河童とか変な頭の奴との戦いでマジ燃えて
クオラとまなぶの会話でガチ熱くなりました
ゼクレアトルもカン太がガチあちい
エゼル部がどうなるのか気になる終わり方だけどきっとカン太なら何かやってくれるんじゃないっすかね
こうなるとマジ新作が楽しみっす
新作がどういうのでくるか予想してみました
いいやつばっかしかいない世界があって
そこでは法律なんかなくてもみんな道徳で悪い事ぜんぜんしないんです
ってか悪いとか悪って概念がねえ
でもそこにはじめて別の世界から悪意をもったやつがくるんです
悪意なんて概念だれもしらねーしみたこともねーからそいつの行動を誰も理解できねぇーけど
少しずつそいつの行動に影響されて悪意がひろまってく
法律なんてだれも存在しらねーけど決まりとかいるんじゃねーかってなって
悪意がひろまるのをくいとめる主人公ってどうっすかね
71ヶ月前
×
ETERNITY TRUEさん! ちょいと俺の方から。

> エゼル部がどうなるのか気になる終わり方だけど

もしかしてゼクレが4巻で終わりだと勘違いなさってはいませんか? 4巻以降は単行本化されてないんですがMangaONEというスマホアプリで読めます。
Twitterでたくす先生に助言したんですが気に障ったのか黙殺されてしまったんで(http://i.imgur.com/sweb6An.png)俺からコメントさせて頂きました。
もうご存知でアプリ分も既読でしたらスミマセン orz
71ヶ月前
×
うおおガチだ
知らなかった!!!
すげーあれで終わりじゃなかったのか
ゼクレアトルの続きが見れるとか夢みたいだぜ
あんがとな!!!!!!!
70ヶ月前
×
うおおおマジか
わざわざ風評被害メール出す奴とかガチ許せねえ
戸塚先生に嫉妬してるとしか思えねー
俺もこういうの見つけたら犯人マジただじゃおかねーぜ
これからも一緒に戸塚先生を守っていこうや
ってか戸塚先生の新作読みてえ
69ヶ月前
×
たしかに解決がないというか、あとは読者がそれぞれ考えて下さいというのは多いですね。解決法を正面から出すのは非常に難しいというか原理的な不可能性、つまりは問題発生の時点で解決を企図できないようなものが多いですから、宮崎駿的なメタファーでの表現が現代的な思考実験的な問題解決の表現であり得ると思います。当然感覚的な面白さが両立していなければならないでしょうが。
66ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。