二度と体験はしたくない
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

二度と体験はしたくない

2017-09-16 12:00
  • 14
少し前にちらっと記事に書きましたが少し前に事故を目撃しました。
どのような事故だったとかは伏せますがこの事故により亡くなられた方がおり、その事故を目撃した自分は後日警察から捜査協力をすることになりました。
今回はその時の話を一部伏せながら書いていきたいと思います。

〇事故当時について
日時状況等は伏せますが一部始終を事故関係者以外で目撃したのは自分のみ(実際は他にもいたのを私が目撃しているがどうやら名乗り出なかった模様)で体は落ち着きながらも心は半信半疑だったこと、少し離れた位置だったこともあり電話は頭がパニクった状態で現場にたどり着いた時には別の方が電話をされていました。
自分は事故目撃時の状況と精神的なもろさを自覚していることもあり、絶対に当事者らの見える範囲に近寄ってはいけないという判断が頭がパニクりながらも行われ、あたりにガソリンの臭いが立ち込めていたこと(ガソリンが漏れ出ていた)もあったことから近辺の車に状況と回り込みの促しを行っていました。
のちに消防車や警察が続々と到着、遠方から見守りながら隙を見て警察の人に一部始終を目撃したことを報告、警察の方に言われて軽い状況説明や自分の状況(仕事など)や免許証を見せて(実際には住所や電話番号だったと思うのですが時間が経っているのと頭がパニクっているのもありうろ覚え)その場を後にしました。
後に捜査協力の電話がかかってきました。(その時に事故で亡くなられた方がいたことを聞いた)

ちなみになんで事故を一部始終目撃できたのかというとその事故直前に明らかに異常を感じたからです。警戒心が強いのか異常な車両を見かけるとちょっと立ち止まって確認したり警戒して距離をとることがありまして…。今回はそれが目撃の起因になりました。


〇捜査協力について
捜査協力の電話が来てから捜査協力を行う当日まではっきり言って上記の通り当時は我ながら外見は落ち着いているように見えたと思われる状況でしたが精神的はかなりパニクっていた為当時の出来事を必死に思い出しながらメモに取っていました(なおそのメモは書いただけで終わったという(持っていくのを忘れた))。
そして捜査協力当日、他の目撃者からも状況をうかがっていたのと事故当時自分がその場で状況を伝えたため捜査協力といってもほとんどは再確認でした。
事故当時に自分がどこに立っていたのかとかいつ事故が発生したのか、その時の事故関係の状況など。とはいえかなり混乱しており文字に書いていたにもかかわらず勘違いをしていたこともちらほら。捜査に支障が出てないかという気持ちで当時はいっぱいいっぱいでしたが、事故当時の状況はある程度他の方にも確認されているでしょうし、警察の方々もそのあたりは理解していただける…と思いながらできる限りのことをお伝えしました。
最後にもう一度最終確認を行うことと捜査協力の謝礼を渡されました。
その時は自分は全く知らなかったのですが(そして知らなかったが故に当時すごい精神ダメージをうけることになった精神軟弱者(後述))、どうやら捜査協力をした人たちには時間などに応じて謝礼(お金など)が行われるようです。

後日、警察署に赴き最終確認。状況などに間違えがないのか最終確認が行われ、また謝礼をいただきそれで捜査協力は終了しました。
ちなみにその時に確認として関係者の名前に覚えがないかと聞かれましたが全く知らない方でした。どうか安らかに…。


〇思ったことなど
はっきり言ってすごく精神的に来ました。
と、いうのもまず目撃の時点ですぐに電話を何故かけなかったのか(頭が回らなかった)。もしすぐに電話をかければ亡くならなかったんじゃないのか(おそらく即死)。
つぎになぜきちんと状況を把握しておかなかったのか(理由は同上と知識不足)。こんな捜査協力にも関わらずなおかつ人が亡くなっているのに謝礼を受け取っていいのか、もしかして謝礼を目的にとかそういうやましい気持ちだったのではないかと勘違いされてないか(謝礼を渡すのは規則)。
目撃してしばらくは頭の中がぐちゃぐちゃ状態でした(もともとぐちゃぐちゃは禁句)。

ただ、以前の記事にも書いた気がしますがこうやって協力したことでもし今度協力することになったらしっかりと対応できるようにしないと、と思いました。事故で亡くなられた方々のためにも、亡くなられた方の親族や家族のためにも少しでも正確にそして落ち着いて。

最後に今回記事にした理由ですが上記に書いた通り自分がしっかり対応できるようにならないと、と思ったからです。
自分の整理もありますが、今後目撃した方々が少しでもそうすべきかというお力添えができれば、と思ったからです。




余談
私『謝礼って言われたけど手を付ける気にならない…。というか謝礼ってなに?私やましいのかな…。』
父「俺昔捜査協力して〇〇もらったことあるわ」
私「!('Д')」
正直言ってここですげー気が楽になりました。
なんかこの時すごく周りに人がいるということに安心感を覚えました。
今思うとなんで謝礼=やましいにつながったのかが理解できません。
どうやら事故目撃後に自分の無力さに苦しんだし自虐的になるケースは結構あるようです。
※なお、何に対してもやる気が起きないと体調不良はいつものことです。
精神がやられると判断して近寄ってはいけないというセーバーがかかって本当によかったと今なら思います…。
広告
他4件のコメントを表示
×
謝礼名目で      に資金提供のからくり
28ヶ月前
×
文章がバグってるのは前から?それとも事故の影響…?
28ヶ月前
×
勘が良くて真面目だと大変だろうな。
28ヶ月前
×
文章がおかしいのはもともとじゃないかな
悪い人ではないだろうけど
28ヶ月前
×
>>1
蜂太郎さん、コメントありがとうございます。
装なんですよ、本当にそうなんですよ。
でも父親の発言を聞いた後ですら頭の中では理解できててもかなり不安を感じてました。
死者が出てなかったならここまでは感じなかったのかもしれません…。
精神的に不安定ってあぁいうことなんだなぁと今では思います。
28ヶ月前
×
>>2
なぎさんコメントありがとうございます!
な、なんだってー!
っていう冗談はさておきw
少しでも亡くなられた魂がそういう風に思ってくれるほど安らかに眠れてくれたらいいな、と思っています。
28ヶ月前
×
>>3
Raminaさんコメントありがとうございます。
立派…ですかね…。色々忘れてましたし、というか自分的には協力しなければならない(強制イベント)みたいな感覚だったので
常識なのにしっかりできねーのかよー!(一喝)
な感じです( ;´Д`)

正直事故後の協力をせずに逃げたくなる気持ちは分からないでもない、と思います(なお名乗りを上げたのは自分だけと聞いたときに畜生!って思いましたけど)。
血がびちゃーとはなってなかったとはいえ、やっぱり見るとかなりぞわっとしますし、精神的にも負担になりますからね…。SANチェックに失敗したんや…。

…切断だとか血まみれひえーじゃなかったので言い方はあれですが現場状況としては比較的いいほうではあるのかもしれませんが…
(警察曰く(おそらく)事故の瞬間に心臓が物理的に押さえつけられたことが原因(だから事故時におそらく即死したということがわかる))
28ヶ月前
×
>>4
ゲストさん、コメントありがとうございます。
まさにゲストさんの言う通りです。警察はもちろん遺族や被害者ひっくるめてやっぱり事故が起きた時の状況を少しでも知りたいと思いますし、場合によっては事故現場だけではわかりえなかった事実があるかもしれませんし、協力をするのが一番だと自分も思います。
まぁ、そういうのは簡単でも実際起きると逃げたくなったりしてしまうのは仕方がないとも思います
28ヶ月前
×
>>5
M66さんコメントありがとうございます。
資金提供のからくり…かは分かりませんがどうやら捜査をするための費用うちの一種のようです。
仕事時間を割いて協力をする人もいますし、自分のようなつらい記憶を掘り起こさせるものでもありますし、事件の情報を公害しないための口止めとか…はっきりとは分かりませんが←

ちなみに謝礼として渡す予定のものを私用に使う、つまり横領するという問題はあったそうです。
まぁ当然みつかったら首をきゅっなんてものじゃすまされないでしょうね
28ヶ月前
×
>>6
むってぃーさん、コメントありがとうございます。
それはね、私がばかなだけだよ(震え声)

>>7
Metto-Xさん、コメントありがとうございます。
勘が鋭いというよりも警戒心が強いというか…ネガティブ+ビビりなんですよね。
背後から異音がして振り返り警戒して壁を背にしてしばらく耳を澄ませる、みたいなびびったら安全を確認するまで様子をうかがうことは結構あります

>>8
xa57534さん、コメントありがとうございます。
残念なことに元々ですよねー
ブロマガは基本的に読み返さず思ったままに書いて投げつけているので誤字脱字文章としておかしいがあって…本当にすんません!すんません!!
いい人ならもっと友達がいっぱいいると思うんだ…(涙声)
28ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。