アルフォンスの話したことについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アルフォンスの話したことについて

2019-01-13 13:30

    はい。


    アルフォート…あと7日でご臨終するはずのアルフォンスが話してたことについて触れていきます。
    エリーゼが出るまで製作小話ということで冒頭漫画やガチャ動画などでのキャラについてですね。


    基本的に作品にそった性格、から勝手な解釈やちょっとオリジナルの設定が追加された性格をしています。
    これについてはキャラ崩壊、という部類に入り、人によっては「はぁ?ふざけんな死ね」と言われることも承知の上でやっています。
    ではなぜそんなことをしているのか、という話ですね。
    ご存知の通り、FEはシリーズとしては長く、多くのユーザーから愛されている作品です。
    そして、ユーザーほどではありませんが、シリーズには多くの個性豊かなキャラクターが存在します。
    キャラクター達には国や人間関係、人柄などがあり、一人たりとも同じキャラはいません。が、膨大な数であり、なおかつ背景の描かれてないキャラやリメイクなどで何かしらの要素が追加されたり大幅な変更が行われたキャラも少なくありせん。
    とどめにFEHのあきらかに死人の発言や食い違い。
    本編のままの性格で描けというのはかなりの知識や性格言葉遣いの把握が必要になります。
    これが公式であれば「それがファンの想像するキャライメージの基準」になるので絶対に気を付けなければならない話ですが…。
    二次創作的なものですし、わたしはネタに走るのが好きだしできるだけ忠実かつ真面目にやろうとしたら殺伐な感じになりかねないのでネタ方面に走ることにしました。
    とはいってもキャラの性格を大幅にねじ曲げるような真似事をするのはそんなのそのキャラでやる必要性なくない?という話になるのでそこは避けてはいきたい、とは思いますが…キャラが一人でもそれを見る人は複数いて解釈にも個人差があります。
    故に見てる方の思ってる印象とは異なってしまう可能性はどうあがいても出てきてしまう、ようするに解釈違いは切っても切れない存在故、その部分だけは申し訳ありませんでしたと頭を下げることしかできません。
    それが設定「無限にある似た複数の世界のいずれかから召喚した英雄」です。
    召喚士が思い描いたもので近いものが召喚されている、って感じです。
    他のアスク王国の英雄は1ミリにも満たないほどの違いしかないけど似た別世界から召喚されているので召喚先のうちのアスク王国は分からないし自分のとこのアスク王国で召喚された子は他のアスク王国を知らない。ってね

    あとは個体値やスキル構成など、人によっては異なり、特に私はキャラ仕様に一部制限を設けているので、「英雄値が高い」=「独特な構成で活躍しまくってそれが定着するほど使ったキャラ」みたいな感じに扱っています。英雄値カンストキャラはプレイヤーの脳みそに影響されすぎてしまった、というべきなのでしょうかね。
    まぁルセアとアクアとセリカについてはそんなことを考える前に書いたキャラですが。アクアに至ってはifの頃のネタですし。


    ちなみに召喚士は投稿者代理の為カミラさんなどの召喚士への扱いはゲーム要素一切消してダメ召喚士扱いになってます。
    そうじゃなくても召喚士は他の召喚士さん(プレイヤー)のように人間で個人差があるのでこういう扱いを受けている奴もいるんじゃないかなーと。
    そのかわりにその辺りのネタは一切合切シャロンに請け負ってもらってます。無論恋愛ではなく敬愛の意味で。自分が相手じゃなければ百合?!うひょー!ってなるんですけどね(雑食人間)。
    まぁうちの召喚士は投稿者そのもの、ゲームとしてFEを遊んだプレイヤー的な立場ですし、(夢ネタは珍しい私の苦手ジャンルですし)自分がするのではなく影から見るのがジャスティスという精神なのでシャロンは(端から見たら夢小説のような感じがするから)苦手な感じに描いてます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。