ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

prototype 歌詞
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

prototype 歌詞

2015-04-25 01:39
    M3春2015にて頒布のCD、Prototypeの歌詞です。

    1. また会う日までのParty Music:toma

    2. casan
    Words and Music: toma, Guitar: dekisuke
    ねえ、覚えてる?
    昔歩いた道の桜を2人歩くあの日

    ねえ、覚えてる?
    私誓った夢は青くて笑っちゃうね

    ねえ、気付いてる?
    2人愛した罪は
    あなたが償ってよ 償って

    消して消して記憶の深くまで
    私は只、ただ悲しいの

    ねえ、教えてよ?
    一人住んでた家の奥には誰かいたの?

    ねえ、教えてよ?
    私愛したあなたの笑顔本物なの?偽物なの?

    刺して刺して心の深くまで
    私は只、ただ苦しいの
    声が声が出なくなる位に
    あなたは只、ただ叫んでた

    3. Open the cartains!
    Words and Music:toma

    重い目開けた 鳥肌が立つ
    何かが違う 冷えている部屋
    もうすぐ出なきゃ 迫る日常が来てしまう

    こんな寒い日の空 私は想像した
    甘いミルクキャンディ それより甘い空間
    真っ白な景色 私を包み込む

    それとも黒い雨雲が向かってきて
    日常に溶け込めない 私を襲って行くの?

    期待と不安が カーテンに向かわせた
    そんな朝だった

    4. 前へ Words and Music:toma, Guitar and Drum arrangement: dekisuke
    さよならしたこの街の景色 春を迎え

    変わらない景色が温かく 変わる僕らを

    通り慣れた道路 真っ暗な高速を
    アップライトを照らして トンネルを越えていく
      
    湖がみえる宿の窓 はじめてふたり夜を過ごした
    あの日も確かここを通って…語り合った
    今は独り夜道を進んでいる

    思い出は僕らを繋げ 暗闇の世界に
    鮮やかに色付ける

    はじめてこの街に住んだ日は
    桜の花が満開だった
    紅く色付き 宙を舞い降り
    僕らを迎え入れた

    つぼみを宿す時期に僕は
    君と離れて遠くに向かう
    さよならしてもまた来るからね
    バイバイ! また逢う日まで
    手渡されたのは 真っ黒のアルバムで
    みんなのメッセージと とある人の写真が 
    人は人だと教えてくれた あの人は今
    帰らぬ人となり 還ってきた
    思い出は僕らを繋げ 哀しみの世界に
    その笑顔 与えてる 
    夏の浜辺で花火をしたり
    秋空の中山を登った
    嬉しいことも 楽しいことも
    かなしいことも あったけれど
    みんなと初めて会った季節に
    僕は離れて遠くに向かう
    いろんなことも 全部くるめて
    バイバイ!また逢う日まで
    さよならしたこの街の景色 春を迎え
    変わらない景色が温かく
    変わる僕らを まるで受け入れて
    前を向きなさいと 言ってる気がしたんだ
    そうそれは あの日のようだ




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。