PMDEプラグインの作り方 導入
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

PMDEプラグインの作り方 導入

2013-03-09 19:24

    PMDEプラグインの作り方

    この説明はVisualStudioExpress2010とPMXE0.2.1.6を前提に説明します。
    PMDEでも同様ですが細かい部分で差異があると思います。

    1.必要なもの
    開発環境として
    VisualStudioC#2010Express(Windows 7以上) or VisualStudioC#2012Express(Windows 8)
    が必要になります。

    必要なライブラリとして
    PMXE0.2.1.6 or PMDE 0.1.3.9
    がそれぞれ必要となります。

    2.インストール方法
    VisualStudioC#2010Expressのインストール方法
    http://homepage2.nifty.com/nonnon/Chinamini/20110001/20110308.html
    VisualStudioC#2012Expressのインストール方法
    http://homepage2.nifty.com/nonnon/Chinamini/20120001/20121201.html

    Windows7の人は2010を
    Windows8の人は2010もしくは2012を選択して下さい。

    PMDE/PMXEについてはインストール方法は問題ないと思います。
    インストールとプロダクトキー(無料)の登録が済みましたらプロジェクトの作成に進みます。

    3.プロジェクト作成方法
    ・VisualStudioC#2010Expressを起動するとこのような画面が出ます。


    ・左側にある「新しいプロジェクト」をクリックすると以下のような画面が出ますので
    「Visual C#」→「クラスライブラリ」を選択し名前にプラグイン名をつけて「OK」を押して下さい。
    名称が他のプラグインとかぶると正常に動作しないためなるべくかぶらない名称をつけてください。ここでは一旦「HelloWorld」とします。


    ・次に必要なライブラリの追加を行います。
    このような画面が開きますので右側にある「ソリューションエクスプローラー」窓にある「参照設定」を右クリックし「参照の追加」をクリックして下さい。



    ・ここでPMXE/PMDEからPEPlugin/SlimDXの追加をします。
    PMXE/PMDEフォルダ内のLibフォルダを開くと「PEPlugin」「SlimDX」フォルダがありますのでそれぞれから「PEPlugin.dll」と「SlimDX.dll」追加してください。
    また、メッセージウィンドウを表示するため「System.Windows.Forms」を「.Net」タブの中から追加してください。



    ・PMDEプラグインとして必要な設定を記述していきます。



    画面の上部のusingとたくさんかかれた行に以下のものを追加してください。
    //---------------------------------------------------------------------------------
    using System.Windows.Forms;
    using PEPlugin;
    using PEPlugin.Form;
    using PEPlugin.Pmd;
    using PEPlugin.Pmx;
    using PEPlugin.SDX;
    using PEPlugin.View;
    using PEPlugin.Vmd;
    using PEPlugin.Vme;
    //---------------------------------------------------------------------------------
    次に
    namespace HelloWorld
    {
    }
    で囲まれた中を削除し

    以下の文を差し込んでください。
    //-----------------------------------------------------------------------------------

    public class CSScriptClass : PEPluginClass
    {
    // コンストラクタ
    public CSScriptClass()
    : base()
    {
    // 起動オプション
    // boot時実行(true/false), プラグインメニューへの登録(true/false), メニュー登録名("")
    m_option = new PEPluginOption(false, true, "ここにプラグインのタイトル名称を入れる。");
    }
    // エントリポイント 
    public override void Run(IPERunArgs args)
    {
    try
    {
    //----------------------------ここから----------------------------------
    //ここから処理開始
    //----------------------------ここから----------------------------------
    MessageBox.Show("Hello PMDE Plugin World.");
    //----------------------------ここまで----------------------------------
    //処理ここまで
    //----------------------------ここまで----------------------------------
    }
    catch (Exception ex)
    {
    MessageBox.Show(ex.Message, "エラー", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Exclamation);
    }
    }

    }
    //-----------------------------------------------------------------------------------

    ・プラグインを作成します。
    「ファイル」→「すべてを保存」をクリックし保存します。
    次に「デバッグ」→「ソリューションのビルド」をクリックしプラグインを作成します。
    「ドキュメント」→「Visual Studio 2010」→「Projects」→「HelloWorld」→「HelloWorld」→「bin」→「Release」内に「HelloWorld.dll」というファイルが出来ますのでそれをPMXE/PMDEの「_plugin」→「User」フォルダにコピーしてください。

    ・プラグイン実行
    PMDE/PMXEを開き「編集」→「プラグイン」→「USER」→「ここにプラグインのタイトル名称を入れる。」が出ていると思いますのでそれをクリックしてください。


    ・プラグインが正常に作成されていれば以下のようなウィンドウが表示されます。

    こちら(http://bowlroll.net/up/dl15304)にここで作成したサンプルプロジェクトをアップしたので参考にして下さい。

    また、以下が操作用のサンプルソースコードになります。
    ボーン操作サンプルソースコード
    https://bowlroll.net/file/15315

    モーフ操作サンプルソースコード
    https://bowlroll.net/file/15755

    PMXEフォーム入力操作サンプルコード
    https://bowlroll.net/file/74869

    剛体・Joint操作サンプルソースコード
    https://bowlroll.net/file/76044



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。