闇鍋プラグイン Joint・剛体回転機能の更新
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

闇鍋プラグイン Joint・剛体回転機能の更新

2013-12-01 02:01
    PyhCon.DLLに物理演算関連の機能を集約していっているのでそっちを推奨。

    闇鍋プラグイン(http://bowlroll.net/up/dl9765)のJointを接続剛体A・接続剛体Bそれぞれのボーンの回転にあわせる機能と剛体の回転をボーンに合わせる機能更新しました。
    (2013/12/08 計算式変更)

    Jointの接続剛体Aのボーンの角度にJointを回転する。
    [Joint] Jointの角度をボーンにあわせる。(接続剛体A)
    ・SetJointRotationA.dll

    Jointの接続剛体Bのボーンの角度にJointを回転する。
    [Joint] Jointの角度をボーンにあわせる。(接続剛体B)
    ・SetJointRotationB.dll

    剛体のボーンの角度に剛体を回転する。
    [BODY] 剛体の角度をボーンにあわせる。

    ・SetBodyRotation.dll
    ※PyhCon.DLLに統合

    使い方
    1.Jointを選択できるようにしJointと剛体を表示する。



    2.Jointを選択
    回転させたいJointを選択します。(複数選択可)



    3.プラグイン実行
    編集→プラグイン→User→Joint→Jointの角度をボーンにあわせる。(接続剛体A)
    を選択しプラグインを実行します。



    4.実行結果
    Jointが回転します。


    それぞれ使い方は同様です。

    以上です。

    この記事のコメント欄は以下の記事通り解放します
    http://ch.nicovideo.jp/t0r0/blomaga/ar760385

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。