yyeijiさん のコメント

2015年9月末から従来のアドレスではインストールできなくなっています
古いバージョンのDirectX9.0cをインストールしてしまい不具合を誘発している場合もあるようです
・DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ
VPVP・MMD・PMD/PMXエディタ掲載のアドレスはWindows10推奨ページに飛ばされます
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35&
(ごく稀に、Windows10のページに飛ぶ時もある模様)
No.1
57ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
うちでPMXEditer 232c 32bit/64bitの動作確認ででてきたあれこれ。 ■動作確認OS Windows 7 Home 64bit(Spec:Corei7 4702MQ+GT745M) Windows 7 Pro 64bit Windows 8.1 Pro 32bit (Spec:Core2Duo) Windows 10 Home 64bit (Spec:Corei7 4770+GTX760) Windows 10 Pro 32bit (Spec:Core2Duo) Windows 10 Pro 64bit (Spec: Corei7 4770+ GTX760 ) 手持ちのものでこれだけ動作確認OK。 ■ノートパソコンの場合の注意点 ノートパソコンで NvidiaOptimus技術 が採用されているものは、なにかしらの問題が発生する場合がある。 ・今のところ判明している問題 プラグインでUIModel機能を使用したものが正常に動作しない場合がある。( 0.2.3.1以降 ) ・正常に動作させる場合 以下の図のように [右クリック]⇒ [グラフィックスプロセッサと共に実行]⇒ [高パフォーマンスNVIDIAプロセッサ] を選択。 また、消費電力が大きくてもいいのならば[既定のグラフィックスプロセッサ]を[NVIDIAプロセッサ]にすればOK。 (知らずに統合グラフィックを使っていても最近のものだとそれなりに動いてくれるので気付かず宝の持ち腐れになっていたりする。) MMD/MMMも同様の操作をしたほうがいいです。 ■追加ライブラリについて ##32bit/64bit共通## ・Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=22 ・Microsoft .NET Framework 4 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17851 ・DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35& 上記は32bit/64bit共通です。 ##32bit/64bitそれぞれ個別## ・Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x64) http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=14632 ・Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86) http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5555 ・Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40784 32bit/64bitが同じところからDLする形になっていますので気をつけて下さい。 上記は32bit/64bitそれぞれ個別 ですので入れ忘れると起動しなかったりします。 ■DLLブロック DLしたファイルの展開方法によりDLLブロックという機能が有効になります。 ファイルを[右クリック]⇒[プロパティ]で図のように「ブロックの解除」ボタンが表示されていたらDLLブロックが有効になっています。 対応方法は↓ http://ch.nicovideo.jp/t0r0/blomaga/ar268080
アップロードしたものの説明だったり



リンク張ってみた。



表現の自由を守る党

https://hyogen.jp/