ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

今から始めるアーケード音楽ゲーム!(改訂版)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今から始めるアーケード音楽ゲーム!(改訂版)

2015-11-29 22:36
    おことわり:
    本記事は2014年12月4日に旧ブロマガにて公開した記事(http://ch.nicovideo.jp/n_tatuto/blomaga/ar677088 旧ブロマガ自主削除のため現在はリンク切れ)を2015年の音ゲー事情を反映させ、再編集したものです。
    (とかかっこいいこと言うけど書いた内容はうっすらな記憶でほとんど覚えてないです。)

    なお、元記事は2014年度版「#音ゲーマー達の発信所」(http://www.adventar.org/calendars/474)参加記事でもありました。
    以上、本記事に関するおことわり文でした。
    ーーーここから本編(一部カッコ内は今年の内容に合わせ追記した内容です)ーーー


    2014年!世はまさに音ゲー全盛期を迎えた!
    (でも正直2015年も引き続き全盛期がな気がしてならない 某ステさんとか・・・)

    様々な形態のアプリによる音楽ゲーム自体の急速な人口増加は皆さんも感じているかと思われます。
    逆に言えば、そういったものからもっといろいろな音楽ゲームを知りたいと思う人も増えてくるはず!

    とくに、アーケード音楽ゲーム業界は機種も増え、今まさに!いろんな人たちを手招きしている状態であります。

    (と、のんびり書いている間に2015年は各所ゲームセンターの閉店ラッシュが相次ぎ
    そうものうのうと手招きだけでは済まない状態になっちゃってます。
    つまり簡単に言うと、もっとゲーセンに人来ないとゲーセンが無くなる
    だからもっと来てくれって話です。)


    と、いうことで本記事ではそういった「これから音楽ゲームというものに触れていく皆様」への一種のガイドブック的な記事になれば幸いと思います。

     まず、アーケード音ゲーには(個人的分類で)大きく分けて2タイプがあります。
    1.操作も単純で楽曲も有名曲が多い誰でも気軽に楽しめる音ゲー
    2.中級者以上に向けた体力、技術などを要する本格的音ゲー

    スクフェスやSB69などのいわゆるキャラ要素などで始めた人には1の音ゲーがおすすめ。(※2015年的に言うとデレステやアイドリッシュセブンなど)
    もちろん2の音ゲーから始めても十分楽しめるかと思いますが、最初は比較的優しめの音ゲーで「音楽ゲーム自体」の楽しみを広げておくともっとのめりこむこと間違いなし!

    ここからは、特に初心者にオススメのゲームをご紹介!

    メジャータイトルでいえばやっぱり太鼓の達人!
     なんといってもどこに行っても置いてあるといってもいいのがこれ、と言うより音ゲーと聞いたらこれが浮かぶ人が多いのかも。
    プレイも画面に合わせて太鼓の面か縁をたたくだけっていうお手軽さ。
    むしろ、これに関しては書かずとも既にプレイしている人も多いのかもしれない...。
    (ちなみに、デレステやってる勢人たちにはうれしい楽曲追加もあったので是非一度プレイしてみるといいかも)


    続いてはポップンミュージック
     このゲームは楽曲毎に個性豊かなキャラクターがいるのが特徴、しっかりと誕生日や設定もしっかりしているので特にアーケード音ゲ界隈の創作ものでは群を抜いて賑やか。
    (キャラ要素に関しては2015年の夏に稼働したチュウニズムもキャラクター要素が強く
    オススメ。)
    ポップンは同時に楽曲数、難易度関係も豊富にそろっており、操作も9つのボタンをタイミングよく叩いていくだけというお手軽さが売り。
    また、最新作でなくとも旧作が稼働しているお店が多いというのも入りやすい要因の一つ。
    プレイ時のシステムがほとんど変わっていないのでどの作品からも入ることができます。
    是非、ゲーセンで見つけた際はまずプレイをしてみましょう!(もちろん最新作がおすすめですが)

    ゲームの要素より操作性などで取るとリフレクビートがおすすめ
    上から流れてくる丸い形のノーツをタッチするだけという単純操作で楽しめるのが醍醐味。
    簡単に言えば、丸い形を平らに引き延ばしたスクフェスのようなもの!(無理やりですが)
    こちらはスマホ向けにもアプリ版が配信されており、アーケードの楽曲はもちろんアーケードには収録されていない楽曲も配信されているので、家でもゲーセンでも楽しめる一作!
    (最新作では東方楽曲やボカロ曲も増えているのでやる曲がないなーという心配も少しは減ってるかも)


    と言った感じでいろいろとオススメを出してきましたが・・・
    何事もまずプレイしてみるということが大事!
    最近はデータ保存用のカードを使うことで初回プレイが無料になったりもしているのでまずは気軽にカードを買ってプレイしてみるのも(携帯にお財布機能があればそれも使える場合もあり)

    ただ、音ゲーに興味があるけど手を出しにくい人たちが言いたいことはわかる。
    アプリの音ゲーは大体タダでできるからやってるっていう...。

    でも、お金を出してプレイ→上達していくという達成感にも似たものが得られるのもアーケード音ゲーならではなのかなぁとも思います。

    と、いうことでちょっとでも音ゲーと言うものをもっと深く知りたい!と思ったあなた
    まずはゲームセンターへいこう!(正直音ゲーがあってもなくても)

    (追記:今年の12/4にもこんな感じの記事が上がるのでよかったらお楽しみに
    (さらに追記:スクフェスのアーケードってそれはそれで無謀すぎると思うんですが大丈夫なのか・・・?



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。