開幕2段階スクリーンプレーの試作
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

開幕2段階スクリーンプレーの試作

2019-08-19 19:22

    間違い、勘違い、が多分にあると思いますが試作ということで…

    自分はスクリーンプレーが面倒くさいし、3回以上連続でやると飽きてくるので大っ嫌いです
    …ですが「スクリーンプレーができない」というのは嫌なので、
    「基本となる形だけでも」と思って練習しています・。・


    **************
    一連の流れ
    **************
    0.開幕


    1.開幕から

    ①番:②番のマーカーにスクリーンをかけるように意識して移動する


    2.1回目のスクリーン

    ①番:スクリーンをかける
    ②番:スクリーンの上側を通る


    3.2回目のスクリーンを狙う

    ①番:右サイドに移動
    ③番:①番のマーカーにスクリーンをかけにいく


    4.2回目のスクリーン

    ①番:③番のスクリーンの上側を移動する
    ③番:スクリーンをかける


    *********
    全体の注意点
    *********

    ☆最初のスクリーンはビッグマンにかけに行ってもいい

    ☆最初にボールを持っているのはシューターでもいい

    ☆相手にボールを奪われないことが一番重要
    「うまくできたかな?」と思っても相手のDFの対処が上手だったら
    スイッチもできないし、得点もできません
    …ですが失敗しても相手にボールをとられるわけでもないので、
    「スイッチか得点できたらラッキー。できなかったら普通に攻めれるようにしよう」
    という気持ちでやればいいと思います
    「この2段階スクリーンプレーで絶対に点を取るんだ!」
    という考え方ではやらないほうがいいと思います

    **************
    それぞれの動き方
    **************
    ①番の人


    ☆超簡単にまとめ
    最初にスクリーンかけて、次にスクリーンかけてもらう


    ☆注意すること:
    ・最初のスクリーンプレイできちんと②番のマーカーにスクリーンを当てようとすること

    ・②番の人が①番の人の方にきたら、スクリーンを意識する。
     自分から近寄ってスクリーンをかけようとするのは失敗しやすい

    ・②番のマーカーが②番と距離を取っていると失敗しやすい


    ②番の人

    ☆超簡単にまとめ
    スクリーンかけてもらって攻める、ダメそうならきちんとパス


    ☆注意すること:
    ・一番大事なのはミスしない事。
     この2段階スクリーンプレイの中で、相手にボールを奪われる直接的な原因を作るのは②番の人だけなので、とにかくミスしない事を心がける
     シュートフェイントとかして適当にパス出してディナイされるのとかが一番ダメ

    ・特にパスを出すとき、相手のディナイを気を付けるんだけど、
     自然発生のディナイも起きやすいので超気を付ける

    ***自然発生のディナイ***
    相手はR1ボタンでフェイスアップとかしてないけど、
    パサーとボールの受け手の中間にディフェンスがいて勝手に発生するディナイ
    ******


    ③番の人

    ☆超簡単にまとめ
    2回目のスクリーンを狙う

    注意すること:
    ・とにかくコートの真ん中あたりで2回目のスクリーンプレーを狙う

    ・スクリーンをかける相手は①番のマーカーで、②番のマーカーではない
     だから①番のマーカーだけよく見ておく

    ・スクリーンプレーをしなくてもいい場合もある

     たとえば相手チームがペドロ、シューター、マードックだったとき
     ①番のマーカーが
     1回目のスクリーンでペドロからシューターにスイッチして、
     2回目のスクリーンでシューターからマードックにスイッチ。
     とかになったらなんだかもったいない

     スクリーン必要ない、って思ったらやめていい

    **************
    よくわかっていないこと
    **************
    ☆シューターにペドロがつかれたときはどうなの?
    ◇シューターのマーカーがペドロだった時、最初のスクリーンにリスクがどのぐらいあるのか。シャドウスティールとかでリスクを背負わせて来る上手なペドロの場合、スクリーンプレーをしようがしまいが危険度は変わらないのかもしれない

    ☆③番の人は最初どういうルートで何を意識してればいいの?
    ◇3Pラインの外側に立っていればおそらくコート全体が見えるので、スイッチの確認が楽
    ◇3Pラインの内側でシューターの逆サイドから徐々に寄っていく形だと何が起きているのかわからないことが多いけど、どうなんだろう



    ☆②番の人はどのぐらい攻めるつもりでいけばいいの?
    ◇超攻めるつもりでいって、ダメそうだったら周り見るぐらい?
    シュートフェイントはダメぽい。打つかパスするか、って感じ…なのかな?

    ☆①番のスクリーンはどのぐらいぶつけるつもりでかけるべきなの?
    ◇③番のスクリーンが本命だとしたら①番のスクリーンは適当にしたほうがいい…?
    ◇最近のスクリーンプレイはぶっ56すつもりでスクリーンをぶつけに行って、「肉とかしらねえよ!」ってぐらいの強烈なのが流行っぽい
    …でも、どうなんじゃろう?個人的にはあんまり好きじゃないけど、どうなんじゃろう




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。