ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

初代ポケモンの任意コード実行解説動画の謝罪と訂正
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

初代ポケモンの任意コード実行解説動画の謝罪と訂正

2016-03-24 03:35
    初謝罪です。
    先日アップロードした動画(sm28475711)に一部誤りがありました。訂正し、お詫び申し上げます。

    1.メインメモリにジャンプするバグアイテムの数

    メインメモリ(C000~DFFF、ミラーE000~FDFF)にジャンプするバグアイテムの数は、動画中では17個と説明していましたが、正しくは15個です。
    FED9にジャンプする「9かい」、FED0にジャンプする「おじぞうバッヂ」の2本をうっかり咥え入れてしまいました。すいません許してくださいなんでもなおし!
    ちなみに青版では18個、ピカ版では前後期ともに12個です。

    2.任意コード実行に利用できるバグアイテム

    動画投稿後に発覚したので、結果的に嘘をつく形になってしまいました。センセンシャル!
    実は「4かい」「やまぐち」「マスター」でも任意コード実行ができます。ただ、これらは5かいよりも準備が面倒なので、(使い所さんは)ないです。
    一応説明しておきますと、「4かい」はボックス5匹目のHP努力値上位バイト、「やまぐち」はボックス5匹目の現在HP下位バイトにジャンプします。「マスター」は最後に戦闘に出したポケモンのレベル・ステータスにジャンプします。
    これらのステータスを調整するにはセレクトバグを多用するしかなく、うっかり敵を倒して努力値や経験値を得てしまうと、最初から調整しなおしになることもあります。改竄したステータスはボックスや育て屋から引き出すと再計算されるので、こちらも絶対にしてはいけない(戒め)。
    特に「4かい」「やまぐち」はボックスの並びが重要になりますので、捕獲したポケモンがボックスに自動的に送られるだけで破綻しますし、当然別のボックスに切り替えると使えなくなります。糞だよ糞!
    「5かい」のニャースレシピ以上に不便なので使わなくていいです。

    内部コードアイテム名アドレスジャンプ先データ
    594かいFA67ボックス5匹目のHP努力値上位バイト
    77やまぐちFA58ボックス5匹目の現在HP下位バイト
    73マスターCD0F最後に戦闘に出したポケモンのレベル・ステータス

    3.ピカチュウバージョンについて

    これは訂正というよりTDN補足なのですが、「5かい」「てふ(てへ)」「なかよしバッヂ」等による任意コード実行ができるのはだけです。ピカ版で任意コード実行をするには別のバグアイテムが必要です。
    せっかくなので、ピカ版で任意コード実行が可能なアイテムの一覧を載せておきます。

    内部コードアイテム名アドレスジャンプ先データ
    594かいFA66ボックス5匹目経験値下位バイト
    62かみなりバッヂFA08ボックス2匹目ぼうぎょ努力値上位バイト
    63かいがらバッヂD9B2ボックスに預けたポケモンの数・外見
    65はやぶさバッヂDDCA(前期版のみ)ボックス5匹目親名3文字目
    65はやぶさバッヂD4CA(後期版のみ)パソコンに預けたアイテムの9番目の種類
    68バラバッヂFAD0ボックス8匹目すばやさ努力値上位バイト
    6EシルバーFCCD(前期版のみ)ボックス24匹目状態異常フラグ
    6EシルバーFDCD(後期版のみ)ボックス5匹目親名6文字目

    追加調査ぬわああああん疲れたもおおおおん


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。