MikuMikuMovingとMikuMikuDance
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MikuMikuMovingとMikuMikuDance

2013-01-28 15:25

    「MMM」「MMD」の重箱の隅?

    今回は意外と「MikuMikuDance」しか使ってない人は知らないんじゃないかな~って事を書いてみます。

    まずは起動画面
    こちらが「MikuMikuDance」


    そしてこちらが起動画面
    こちらが「MikuMikuMoving」


    昔からMMDを触っている人からしたらもしかすると、なんか複雑でごちゃごちゃちしてるように見えるかもしれません。
    しかし、逆にあまりMMDに縁の無かった人にはもしかして、直感的でわかりやすいインターフェースに見えるかもしれません、皆さんはどうですか?

    今回は両ソフトのボーン操作の違いについて触れてみたいと思います。

    まず「MMD」でボーンを選択するとします。
    今回は、タイムラインのボーン名を選択しないのを前提に進めます。

    まず「MMD」です。


    このボーン選択窓で選択ボタンを押しボーンを表示させ選択することになりなすね。

    では「MMM」です。
    「MMM」には、選択・回転・移動 これらを切り替える機能はありません、
    ボーンを、表示・非表示 を切り替える

    こちらのボタンしかありません、このボタンがオレンジの間は常にボーンが表示されます。

    では両ソフトでのボーン選択状態です。
    こちらが「MMD」です

    そしてこちらが「MMM」になります。

    ちがいますね、「MMD」は回転・移動のいずれかのボタンを押さないと、ハンドルは出ません。
    「MMM」にはそもそも、その切り替え機能がないので、ハンドルが出ます。
    しかし、この後は同じ操作なのでしょうか?
    確かに標準設定のままではこのままです、「MMM」にはボーンハンドルの種類を選択できます、では変えてみましょう。

    左上の設定ボタンを押します、すると設定ウインドが出ます、そのウインドにはタブがあり3項目に分けられています、そしてハンドルの切り替えには編集のタブを選択します。
    そちらがこれになります。

    通常になってますね、これが標準の状態です
    ではこれを拡張にするとどうなるのでしょう?
    結果がこちらになります。

    どうでしょう、わかる方もいますよね?
    モデリングソフトや、PMDEなどのハンドルと似ていると思います
    操作もそのままです、つまり右下の、
    ここ↓(左MMD・右MMM)

    ここまでマウスを運ばなくても視点を変えず、ボーン操作ができるのです、
    「Local・Global」を切り替えるともっとわかりやすいと思います。
    そちらがこちら(わかりやすく腕ボーンで)↓

    こちらがローカル

    こちらがグローバル

    わかりますよね?

    では「IK」などの移動ボーンだったらどうなるのでしょうか?
    そちらがこちら↓

    こちらが「ローカル」

    そして「グローバル」

    違いますね、まずは移動ボーンが選択された場合は、X・Y・X 方向に移動ハンドルが出ます、PMDEなどにもありますよね、そして「ローカル」ではYハンドルは下を向いています、このつま先足IKボーンは下を向いてるからです、当然「グローバル」にすれば空間上の上を向きます。

    こんかいは「MikuMikuDance」しか使ったことない人に「MikuMikuMoving」に少しでも興味持ってもらえたらたらな~とおもってつづってみました。

    ではでは~~~





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。