DDON、グランエント討伐手順一例(2016/2/22追記)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

DDON、グランエント討伐手順一例(2016/2/22追記)

2015-11-21 09:00

    ※この記事は2015/11/21、ver1.1時点でのものです。武器の火力が高いPT(49武器相当以上の火力)である場合討伐は難しくありませんが、怒り解除などでワンダウンよりも時間じゃかかることがある等、別の問題があります。コア削りの際、武器を低レベルのものに持ち替える、途中から揺さぶりに切り替える等怒りを解除してしまう体力まで減らさないようにしましょう(ハンターの毒矢、プリーストのアタックライザー、エレメントアーチャーの減防魔弓などは怒り時の発動を控えましょう)。もちろん武器が十分でないPTの場合は下記の戦法で概ね問題ありません。

    (長文になってしまいました…)
    どうも。
    今回ドラゴンズドゴマオンライン(DDON)のグランドミッションで実装されたグランエント。
    自分も初日はギリギリで2回討伐が限度でなかなか攻略法を見いだせずスヤァ…してしまったのですが…
    翌朝運良く攻略法が確立しつつある部屋に入ることが出来、それをお伝えできるくらいには学ぶ事ができましたのでお伝えします。
    おそらくこれで討伐自体は可能になると思いますが絶対確実に…とまでは言えないのでご容赦を。
    「苦労して45武器を作ったけど無理だった。厳しい、倒したけどポイントが少なかった」そんな方に少しでも参考になればと思い僭越ながら書いた次第です。
    あくまで自分は装備の関係上ファイターとソーサラーで参戦したのみですので、他職の動きは想像や見た限りの情報になります(一応全職一通りプレイはしているので大幅に外れはないと思いますが)。

    今回のグランエントの特徴ですが、
    「耐久力(体力)が非常に多い」
    「弱点箇所(黄色く光っている)以外はダメージ0(ゴーレム式)。部位破壊で弱点箇所が減っていくのも同様。ただし揺さぶりは有効」
    「怒り時のスタミナが非常に多い」
    「大きいためしがみつき安全圏まで行きにくい」
    「周りに厄介な雑魚を召喚する(ハーピー系、35lvのエント2体)」
    というのが上げられます。

    特に体力、スタミナは非常に多く、更に安全に揺さぶりにくいというのもあって自分も最初は「制限時間の半分以上揺さぶり…ええ…?」ってなっていました。
    まあ前置きはさておき攻略手順の一例を上げていこうと思います。


    ・装備目安
    武器:アタッカーは45Lvから装備可能なもの(出来れば強化していると良い)。43Lvのものではフル強化でギリギリラインか。クレストは火属性のものを1つでいいので付けておく、支援職もなるべくいいものを…

    防具:物理防御900程度あれば体力MAXで即死はありません。なお当たらなければ…ry


    ・消費アイテム
    回復薬系、石化、及び睡眠を解除出来る薬物理職はミートローフ等物理攻撃上昇系アイテム、魔法職はレスタワイン等魔法攻撃上昇系アイテム(火力アップアイテム超重要です!)


    なおカスタムスキル等はlv6以上で各職最大DPSの出るものはつはセットしているものとしてください。(アタッカー1例:ファイター円月、ハンター紅蓮装着扇、ソーサラーレイン、シーカー爆炎線)
    アビリティは攻炎がアタッカー職は欲しい所。ない場合でも出来る範囲で最大限の火力が出せるようにしておきましょう。


    ・PT編成例
    アタッカー5(シークレットコア攻撃によるスタミナ削り、及びダメージ担当、ハーピーに攻撃できる職は処理等、近接職を入れておけば黄色警告や赤警告時、遠距離職が攻撃しやすい状況ができます。)
    プリースト1(シークレットコア出現、味方ダメージ回復、及びアタックライザー、エナジースポット等による火力支援、ガードビットによる緊急蘇生、場合によってはハーピー処理)
    シールドセージ1(エンチャント、及びスロウライト等による支援、雑魚出現時の引きつけ隔離等)
    エレメントアーチャー1(シークレットコア出現、凍結、及び敵ダウン時の防御デバフによる支援、ハーピーの処理等)

    ※編成はあくまで一例ですが火属性でのシークレットコア攻撃によるスタミナ削りが重要なのでプリーストorエレメントアーチャーは欲しい所。揺さぶりよりも断然スタミナ減少が早く、わずかとはいえダメージも与えられるので討伐時間短縮につながります。


    ・グランエント行動パターン
    基本的に通常エントと同じですがいくらか相違点もあります。
    各攻撃時に発生する地面衝撃波が通常エントに比べて1回多い(腕叩きつけ時2回、踏みつけ時3回)。
    怒り時は衝撃波の発生間隔が早い。
    怒り時の赤警告が(体感ですが)多い。
    予備動作の大きい(長い)踏みつけがあり踏みつけるとかなり超射程の地割れのような衝撃波(怒り時のモゴックのやつみたいなもの)が数方向に走り、当たると石化状態になる。ガード不能。逸し斬り、返し蹴りで回避は可能(逆縮地は未検証)。上方向にも判定が広い。腕のコア部分や背中の枝葉より上等高い位置にしがみついていれば当たらない(場所によっては当たることもあります…)。地上にいる人は離れて頑張って地割れを回避しましょう。(地割れの方向は大体決まっているよう)


    ・戦法
    ~初回怒り状態まで~
    特に普段のエントと変わらない調子で戦えるだろう。弱点攻撃で怒り状態まで持って行こう。

    ファイター:足元の弱点に天蓋斬りor登って背中の弱点などに攻撃。
    ハンター:自分が狙える範囲の弱点に連なりor近い位置ならば扇で攻撃。毒矢があれば体力が多いので使っていく。
    ソーサラー:サンダーレインで弱点に攻撃、ソーサラーにとっては今回苦手な部類の敵に入るのでそこは留意しておこう。
    シーカー:足元は他職に譲りシーカーロープを生かして高所の弱点をしがみついて攻撃していく。
    プリースト:アタックライザー、ヒールオーラで支援。ガードビットを展開しつつエナジースポットを設置していけばアタッカーはスタミナ管理にが楽になる。ソリッドライザーも枠があれば有効か?
    シールドセージ:炎エンチャント及びスロウのゲージ管理等、余裕があれば足弱点にフォースバーストもありか?
    エレメントアーチャー:炎魔弓があれば弱点に刺しておく。また凍結の蓄積を開始。減防のスキルレベルによってここで一度デバフを入れきってもいい。

    ~初回怒り中~
    ハーピーが怒り状態になる前くらいのタイミングで出現し始める。地上組は薬で対応できなくもないが、近接アタッカー組は眠る度に登り直し(ヒーラーがおらず全員で揺さぶる場合はより致命的)なので結果スタミナが削れにくくなり苦しくなる。特別な事情がない限り処理したほうが無難と思われる。この段階が一番苦戦しやすいので頑張っていこう。

    ファイター:足の弱点シークレットコアを攻撃、足破壊後は左二の腕の弱点を攻撃。慣れないうちは登るのが大変だが頑張ろう。
    ハンター:地面の衝撃波に気をつけつつシークレットコアを攻撃。ハーピーも余裕があれば落としておこう。毒矢もあれば…ry
    ソーサラー:頻繁に地面衝撃波が発生するので詠唱が難しく攻撃タイミングが少ないため、高所まで登って揺さぶろう。登ってしまえば赤警告がきてもフローティングで維持できるので地上よりは比較的被弾は少なく済む。マジッククラッカーをコアに当てるいいかもしれないが未検証。
    シーカー:ファイターハンターと同じくシークレットコア攻撃。シーカーロープによって自在に移動可能なのでファイターなどに比べて地上に降りてしまっても立て直しはしやすい。積極的に高所のコアを狙っていこう。移動が楽な分、余裕があればハーピー処理もしておけばきっと英雄だ!
    プリースト:ヒールオーラを展開し登ってシークレットコアを出現させるのが最大の仕事。弱点箇所がそのままコアなので頑張って出そう。ガードビットがあるといくらか楽だが赤警告はビット貫通らしい(未検証)ので注意。フローティングで避けよう。セラフィムフラップがある場合コア出し後ハーピー処理を手伝ってもいい。
    シールドセージ:炎エンチャントを切らさないようにしつつスロウによりアタッカーのシークレットコア攻撃の支援を行う。気絶、凍結など他の状態異常とかぶらないように出来ればベスト。アトラクトはあまり意味を成さない敵なので多少サボっても良さそう。凍結を発生させる場合ウィークライトでエレメントアーチャーの補助をしても良い。
    エレメントアーチャー:炎魔弓がある場合は継続して差しつつ、プリーストがシークレットコアコアを出せない時に緊急的にコアを出していくまたハーピーの処理を担当する。1回めの凍結はここで発動させるのがよさそう。セージのスロウや気絶と被らないよう出来ればベスト。凍結させてもセージと協力すれば2回目のダウン中延長凍結も間に合う模様(画面で味方のを確認する限り。)スタミナが減りダウン手前になってきたら減防のデバフの蓄積も開始しておこう。

    ※お役立ち情報1
    グランエントに登る途中でグランエントが前ジャンプ攻撃するとまだ下半身に捕まっていた場合ダメージを受けます。ただし腕に捕まっていればジャンプ攻撃のダメージは受けません。連続でジャンプされたりすると、足から登った場合毎回登り直しになるので、腕が少し下がった時に上手く腕に捕まって登ると登るチャンスが増えます。
    ※お役立ち情報2
    主にファイターの方対象になりますが、左二の腕の弱点に捕まっていれば赤警告が来ても離れるタイミングさえつかめば、また同じ弱点の位置に捕まることが出来ます(タイミングは赤警告がでて咆哮をするために前に顔を出す前くらい、説明が下手で申し訳ない)。出来るようになればしがみつきをずっと維持できるので頑張ってみてください。ちなみに背中のてっぺん当たり(首元?)でも一応出来ます。

    ~初回ダウン中~
    PT火力が高ければ例にあげたPT編成でこのタイミングでそのまま倒してしまうことが可能です。セージやエレメントアーチャーのダウン延長凍結が綺麗に決まれば討伐は固いでしょう。ここで重要になってくるのはミートローフなどの火力アップアイテム。効果は与ダメージ20%アップ。なお上位のものでも効果時間が違うだけなので安心してミートローフやお守りを持って行きましょう。ミートローフ等なら2個、もう少し上位のものなら1つダウン中効果が持続します。この20%が大きくグランエントは特にアイテム使用者の数によって与えるダメージが目に見えて違います(今までそこまで必要になるモンスターが居なかったともいえますが…)。一人では小さくとも全員使用すれば単純に体力バーがいままでの1.2倍削れる…そう思うと倒せそうって思った場面はありませんでしたか? 一応いくらか動画を見る限り、現状の最大火力武器フル強化などで固めてアビリティなども揃っていればアイテム無しでもこのタイミングで倒せるようですが、そこまで強化しきれていない人も多いと思うので…。
    ちなみにダウンの取り方はコアを攻撃していればそのまま取れます。ただもっと効率のよいとり方があるかもしれません(普通は足を攻撃なのですがダメージ0で怖かったので試せていません)。

    各アタッカー:火力アップアイテムを使用し、自分の持ちうる最大DPSのスキルをグランエントの頭に連打しよう。プリーストのエナジースポットがあればスタミナを気にせず攻撃できるがスポット範囲内に入れない時もあるかもしれない。ガラエキスの用意は忘れずに。節約できる相手ではない
    プリースト:アタックライザーはよろめき中に必ず詠唱完了させておこう。ダウン後はアタックシフト後、エナジースポットがある場合はすぐに発動。グランエントの頭にぎりぎり入るか入らないくらい位置におくと全員を範囲に入れやすい。アタッカー自身も多少動いてくれるのであまり神経質にならなくても大丈夫か。何かしら攻撃してもいいがエナジー連打とアタックライザー維持に気を向けたほうがよさそう。
    シールドセージ:炎エンチャントを忘れずに、氷エンチャントはダメージ低下を招くので凍結目的でもしないように。炎エンチャント後は自身は凍結蓄積作業に入る。張り付いて氷ウィークライト、アビリティ烈放があれば氷フォースバーストを織り交ぜてもいいかもしれない。
    エレメントアーチャー:ダウン時にデバフが入っているよう発動タイミングは要調節。ダウン後は連魔弾による凍結蓄積に入る。余裕があれば炎魔弓などを刺しておけばダメージアップに繋がる。例外的にヒーラーだが攻撃頻度が高いので火力アップアイテムを使ったほうが良いかもしれない。

    ~2回目怒り状態から2回目ダウンまで~
    ここまでの手順を行っていればおそらく討伐手前もしくは目処が立つ程度まで体力が減っているはず。明らかに残り体力が多い場合は残念ながら武器火力またはスキル火力が足りていない可能性がある。基本的に2回目も初回とほとんど手順は変わらない。ただ雑魚敵にスノーハーピーに加え35lv通常エントが2体出てくるため主にセージの立ち回りが大きく変わる。

    シールドセージ:出来る限り通常エント2体をアトラクトorシールドシーケンス攻撃verで引きつけグランエントと隔離する。おそらく通常エントから受けるダメージは35lvなのでそこまで大きくないはず。被弾はある程度大丈夫だろう。ただしグランエントからのダメージは注意。炎エンチャントは出来ればしたいが、なくてもアタッカーは火クレスト装備なのでダウンまでは隔離に専念したほうが良いか。ただダウン時には少し近づいてエンチャントだけ届けたい。後はひたすら仲間を信じて耐えるのみ!
    その他の職:基本的に初回時と変わらない。通常エントは無限湧きらしい(未検証)ので通常エントはシールドセージに任せよう。ただし周りのハーピーだけは落としてあげるといいかもしれない。グランエントの周りのハーピーはもちろん落とそう。

    後はダウンを取ってからも初回と変わりません。2回目でも念のためしっかり火力アップアイテムは使っておきましょう。3回目に入ると流石に時間的に厳しくなってきます(一応3ダウンでもギリギリ討伐出来たりはします。本当にギリギリです! 残り5秒とかでしたw)。


    ちなみに…こんな事即席PTじゃ出来ない!!と思った方…自分で部屋を立ててみてください。そして募集コメントに「ダウン中に肉使用お願いします」等書いて募集してみてください。あくまで上記の手順は"理想"です。正直「アタッカーは全員ダウン中のみでいいので必ず火力アップアイテムを使う」これだけでもかなり違います。自分も目からウロコでした。


    報酬についてですが…
    ワンダウンで討伐できれば7500pt以上ははほぼ確定します。レスタニアグラス15個とかもらえたりレア素材ももらえます。

    ツーダウンでも5分以上残っていれば5000ptは達成できるようです。こちらはレスタニアグラス6か9個くらい。

    スリーダウンでは流石に報酬は美味しいとはいえません…(もちろん初討伐時は嬉しかったですが…)


    以上、かなりの長文になりましたが皆様のグランエント討伐の手助けになれば幸いです。
    そしてこのブロマガ以上の簡単討伐方法が考案されることを切に願っております。
    では、本当にこのクッソ長い文をここまでお読みいただきありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。