ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

[社会]帰属先の明確化を徹底する
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[社会]帰属先の明確化を徹底する

2015-04-25 17:07
    【坂東忠信】討論「在日韓国・朝鮮人と日本」を検証する[桜H27/4/21]





    まず最初に私は自分が最期の瞬間を迎える時は日本人として迎えます
    いきなり何を書き出すのかと思う方もいらっしゃると思います。
    これはチャンネルにご出演された坂東忠信さんが提言された言葉への私の答えです。
    まさかこういうことを宣言しなければいけない時代が来るとは思いませんでした。


    日本で生活をしていながら反日な姿勢の人達がいる悲しい現実


    私は今日までの32年間、日本国というのは本当に素晴らしい国だなと思ってきました。
    普段そんなことは特段意識することもなく当たり前の感覚として持ち続けています。
    ですが現在の日本の実状を見てみると、
    必ずしも同じ感覚を共有している人ばかりではないんだなという現実に直面します。

    私は千葉県に居を移してから千葉という土地柄が凄く好きになりました。
    県内の色々な地域を観光でまわってきましたけどどの街も本当に素晴らしいです。
    その郷土への愛情が日本国への愛情にも繋がっているように思います。
    だから自然と当たり前のように日本人として生まれてきて良かったと感じています。

    そういう私からすると何故に日本で生活をしていながら反日になるのかが分かりません。
    もしかしたら幼少~義務教育に至る過程に問題があるのかもしれません。
    あともっと根深いところで反日になるような出来事があることも考えられます。
    しかし海外ではあまりそういうのってないですよね。
    これって日本特有のもので海外では信じられない話しなのかもしれません。
    日本で生活をしていながら反日な姿勢の人がいるという現実が私は悲しいです。


    もっと心から国を愛すことのできるような土壌づくりを


    国会内でも人種問題はとてもデリケートな問題で採り上げられることも少ないです。
    また国会議員も地方議員も選挙がありますから票田にも関わってきます。
    よほど選挙に勝てる自信のある人なら別ですが新人ではちょっと難しい面もあります。

    しかし時代は確実に変化が進んできて国内でテロが発生するリスクもあります。
    その危険性を前にしてやらなければいけないのは前出の帰属先の明確化だと思います。

    「愛国心」なんていうとちょっと右寄りな発言に聞こえるかもしれません。
    ですが教育の現場で日本を好きになる指導をすることも大切のように私は思います。
    どうしても戦後教育において右寄りな事を教えるのはタブー視されてきました。
    昨日も書きましたけど2015年は戦後70年の節目の年です。
    なので教育の現場も良い機会ですから少し教育方針の見直しを図ってはどうでしょうか。

    日本は外国人の方が帰化される時の書類1枚とっても少し甘い部分が見受けられます。
    20世紀それでも特に問題は起こらなかったかもしれません。
    しかし21世紀に入って既に15年。
    国際化の波は20世紀とは比べようもないくらい進んできています。
    法整備も含めて常に時代を先読みした取り組みが求められてきているように感じます。


    <今日の日刊ゲンダイ>


    GWは“旅行気分” 安倍内閣13大臣が外遊に使う「血税7億円」



    まずゲンダイさんに言いたいのは安倍政権の事を言うなら舛添都政はどうなんですか?と。
    確かに外遊費の全ては国民の血税から使われます。
    しかし外遊を”お遊び”と決めつけるのは如何なものでしょうか。
    ISの標的になると仰るけど少し前まではターリバーンという過激派もいましたよ?
    そんなことを言い出したら海外への歴訪なんてできやしませんよ。

    「坊主憎けりゃけさまで憎い」とはよく言ったもので外交の成果はムシですか。
    安倍政権の外遊費は13閣僚で7億円。
    一方で舛添都知事は1人で2億4千万円の海外出張経費を計上しているとか。
    私はこちらの方が余程問題だと思うんですけどね。
    批判をするのも結構ですけど成果は成果としてきちんと評価しましょうよ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。