ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

[政治]百田氏の発言が憲法違反だって?!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[政治]百田氏の発言が憲法違反だって?!

2015-06-29 17:07
    首相「遺憾」 民主は批判で攻勢

    6月29日付の産経ニュースさんより。
    まず作家の百田尚樹氏による【報道機関圧力発言】問題。
    安倍首相の立場からしたら「遺憾」としか言いようがないでしょうね。
    私自身の考えを申せば、この発言が言論弾圧にあたるとは特に思えません。
    寧ろ私が問題だと思ったのは沖縄選出の野党国会議員ら5人の抗議声明の方です。

    「百田氏発言は憲法違反」 沖縄選出議員ら抗議

    なっ・・・なんだって!?
    なんで百田氏の発言が憲法違反になるんだ!!とびっくり仰天しました。
    それよりもあなた方の抗議声明の方が余程質が悪いんじゃないですか?
    これが私の率直な感想です。
    しかも社民党の照屋寛徳衆院議員は百田氏の小説「永遠の0」を引用して

    「百田氏の戦後史に関する知識は、永遠のゼロだ」と述べたそうです。

    何を頓珍漢なことを言っているんだと。
    どれだけの国民が百田氏の「永遠の0」を読んだり観て感動を覚えたと思っているんだ。
    この見出しの東京新聞も東京新聞ですけど、照屋議員も照屋議員ですね。
    読み返すだけでも正直腹立たしいです。

    自民党の青年局長である木原氏の青年局長更迭と役職1年間の停止処分は致し方なし。
    勉強会に百田氏を呼んで発言させたのも不用意と言えば不用意だったかもしれない。
    でも百田氏の発言自体は別段問題ないでしょう。
    むしろよくぞ言ってくれた!と思っている国民も多いのでは?

    それを権力者でもある野党国会議員が5人集まって憲法違反だと声明を出す。
    この国の野党系国会議員が心底信用できなくなりましたね。
    本当に生きにくい世の中となってきました。
    これが言論弾圧であり憲法違反に当たるのなら、過去どれだけ同様のことがあったことか。
    1つ1つ振り返って再度検証してみては如何でしょうか?

    野党系国会議員も新聞社も作家個人である百田氏より余程「権力者」でしょう。
    その国会議員や新聞社がこぞって百田氏の発言を叩いている。
    この構造自体が凄く恐ろしいことだし危険なことだと私は感じました。
    はっきり言ってマスコミ関係の凋落がここに来て更に加速していますね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。