Windows10の11月にWindows updateした後、nicotalkでVOICEROIDを使う際に起きた不具合について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Windows10の11月にWindows updateした後、nicotalkでVOICEROIDを使う際に起きた不具合について

2019-11-17 07:08
    Windows10の11月にWindows updateした後、nicotalkでVOICEROIDを使う際に起きた不具合についてのメモです。
    私の場合は、1019/11/16にWindows updateを実行した後、nicotalkのStep2.exeを実行した際に、VOICEROID(VOICEROID+もしくはEx、東北ずん子以降)が起動して音声ファイルをSaveするウィンドゥでファイル名が空欄のままで止まってしまう不具合が起きました。

    以下のような対処法でとりあえず動くようになりました。最後の方でエラーで止まっているようなのですが、とりあえず使えています。
    nicotalkやnicotalkで使っているuwscについてはほとんど知らないので、質問されても対処できませんし、まちがった対処法の可能性もあります。試す場合は自己責任でお願いします

    〇UWSCをインストールする
    ・Vector等からUWSCをダウンロードする。
     2019/11/16時点ではVectorの下記のアドレスにありました。
    https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se115105.html?_ga=2.98505815.973467620.1573910067-645639562.1565618391

    ・ダウンロードしたUWSCの圧縮ファイルを解凍し、中のファイルをSetup2.exe等が入っているフォルダーに入れる。

    〇Step2.uwsをコピーする
    ・ソースのフォルダーに入っているStep2.uwsをSetup2.exe等が入っているフォルダーにコピーする。

    〇Step2.uwsを書き換える
    ・Step2.uwsをテキストエディッター(メモ帳等)で開く。

    ・「// ファイル名欄に音声ファイルのパスを入力」と書かれた行付近へカーソルを移動する。
     2006行目付近。検索機能で移動した方が確実。
    ・数行下の下記の部分を書き換える。

    書き換え前
    SendStr(GetID(SaveWindowName,"#32770",WT),HtbSettei["出力先"] + ProjectName + "\wav\" + FileNumber + "-" + AryFileName[Index2],2,True)

    書き換え後
    SendStr(GetID(SaveWindowName,"#32770",WT),HtbSettei["出力先"] + ProjectName + "\wav\" + FileNumber + "-" + AryFileName[Index2],1,True)

    ・書き換え後、Step2.uwsをセーブしてから閉じる。

    〇Step2.uwsを実行する。
    ・Step2.uwsをダブルクリックする。ファイルとソフトの関連付け前は使用するソフトを聞いてくるのでUWSC.exeを指定する。

    ・うまくじっこいうできれば終了

    なお、この時のファイルでは、nicotalkのStep2からはからはVOICEROIDしか呼び出していないので、他のソフトでも同様の不具合が起こるかどうかまでは不明です。

    今回のWindows updateでセーブのウィンドゥのなかのファイル名を指す番号が変わったのではないかと考えています。もしかしたら、他のソフトでも不具合が発生しているかもしれません

    2019/11/20 追記
    うちの環境(3年前に組んだCore i5-6600 3.3GHz RAM24GB S-ATAのSSD)では、どうもデフォルトの動作待ち時間100ではVOICEROIDの起動がStep2.uwsによるパラメータ調整のタイミングに間に合わないようなので待ち時間調整中。その前に起動判定の所のSleep分だけ増やした方がよいのかもしれませんが。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。