鳥取と島根を通り抜け SLやまぐち号に乗ってきました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

鳥取と島根を通り抜け SLやまぐち号に乗ってきました

2018-05-27 08:27

    SLやまぐち号にまた乗りに行ってきました。昨年と今回で2回目。

    「空席情報をみると、空いてるのでSLやまぐち号を乗りに行きましょう」とSoudayoさんよりお誘いがあったので行くことに決定。特に空いていた5月20日に行くことにしました。


    最初の計画では、SLやまぐちに乗りに行くのに新幹線で往復して目的地に向かう予定でしたが、それでは面白くない。もっと面白いルートで安くいけるルートはないかと思い、山陰まわりで向かうルートを思いつきました。大阪から鳥取に向かい1泊、そこから山陰本線を「スーパーおき」で西に向かい、津和野向かうというルートにしました。

     最初、大阪から鳥取のルートは「スーパーはくと」に乗る予定でしたが、どうせならと、1日1往復しか走ってない鳥取行きのはまかぜに乗ることにしました。


     出発の1週間前ほどにきっぷの手配。指定席を見てみましたが、はまかぜの方はほぼ満席。券売機でいろいろ区間を変えて調べたところ姫路から城崎温泉までの団体客のよう。スーパーおきの方は埋まり具合がそこそこ。
    団体客の大勢いる席を取ったり、あらかじめ乗るのが決まっている観光客などと遭遇したりするのは嫌だなというわけで自由席にしました。

    今回使った切符ははまかぜの乗車券・特急券、山陰満喫パスというフリー切符、SLやまぐちの乗車券・指定券、帰りの新幹線の切符です。

     山陰満喫パスは山陰地区限定で売っているフリー切符で、同一行程2名で山陰本線、山口線の一部などの区間を1人4000円で乗れるというもの。購入期限は前日までで、この切符で特急の自由席も利用できます。

     この切符は便利なんですが、山陰地区限定・購入期限は前日がネックで、購入するのに苦労しました。今回の行程では鳥取に着くのは22時以降。そのころには駅の窓口や券売機は閉まっていて現地で前日までに買うことは出来ない。発売は山陰地区限定なので地元の駅では支払いも発券もできない。

    地元駅のみどりの窓口で相談して購入した方法は、クレジットカードもしくはコンビニ振込だったら支払いができ、決済を先にしてくれれば取り扱うというので先に決済を行い、前日(5月19日)までにクレジットカードで行い、受け取りが利用開始日以降では出来ないので利用開始日を5月20日にしてしまい、現地で5月20日に受け取ることにしました。


    当日仕事終わりのため、はまかぜ5号に乗れるかギリギリの時間でしたが無事に乗車。大阪から姫路は録音をしないためここで晩御飯。姫路から録音開始しました。城崎温泉までは客がいましたがそこからはガラガラでした。


    鳥取で1泊し翌日、鳥取県と島根県のお布施でできた絶叫マシン「スーパーおき」に乗車。

    以前、山陰にきたときは普通列車で、その前列車に乗ったときもやくもだったので乗ってみたかったんですよね。自然振り子のやくもと違い制御式自然振り子なので大丈夫だろうと思いましたが、振り子と強力な加速、高速走行で犠牲者が1名出ました。さすが鳥取県と島根県のお布施でできた絶叫マシン。景色は晴れていてとても良かったです。
    もちろん録音もしました。全区間乗りとおす客はそんなにいないだろうと思ってましたが、鳥取、島根、山口の各県庁所在地を行き来するぐらいの客はいるだろうなと見て、米子、松江、出雲市、浜田、益田は客の入れ替わりがあるのではとひやひやしました。しかし、そんなことはなく、客が多かったのは倉吉と米子の間だけでした。はわい温泉・三朝温泉。温泉帰りで米子に向かうのか。先日の城崎温泉も含め、温泉のある駅は鬼門駅ですね。



    スーパーおきに4時間ほど揺さぶられ、津和野に到着。しばらく駅周辺で時間をつぶし、今回のメインディッシュSLやまぐちに乗車。前回はC57機関車と12系客車でしたが、今回はD51機関車と35系の新型客車。今回は新たな方法で録音してみました。(別に斬新じゃないけど)

    ピンマイクに自作のウィンドジャマーを縫いつけたマイクで録音。車内の状況がよければ中外で2つのピンマイクを使い録音するつもりでしたが、中の状況が良くなかったので外のみで録音しました。やってみた結果はもうちょっと風対策をしたほうが良いのと、やっぱり1000円のピンマイクなのでグレードアップしたほうがいいなと思いました。音はまあ、録れていますね。

    【D51+35系客車】SLやまぐち号津和野~徳佐


    【C57+12系客車】SLやまぐち号 湯田温泉~新山口


    新型の客車はものすごくいいですね。車内にコンセントがあり最新の設備が備えられているのに見た目はかなり古い客車(あまり乗ったことがないのでごまかしが効いてるのかも)と似ている。ブルーリボン賞を受賞したのも納得ですね。


    新山口についた後は広島に寄って、お好み焼きを食べ新幹線で大阪に帰りました。

    広島にある「おこみ村」はお好み焼き屋がたくさんありどの店で食べるか迷いました。SLやまぐちとともにまた行きたいところですね。(終)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。