OBLIVION RELOADEDを軸に再構築4 ORとUltimate 3rd PersonとDoF
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

OBLIVION RELOADEDを軸に再構築4 ORとUltimate 3rd PersonとDoF

2019-01-23 13:41
    2019/8/12追記
    この記事の設定は現在使用していません。今はこちら。
    https://ch.nicovideo.jp/takeburo/blomaga/ar1792714#-
    追記ここまで。

    Oblivion ReloadedにUltimate 3rd Person Camera(以下U3P)をあわせて使っているのだけれど、
    DoFの設定がイマイチ把握できなくて、他でオススメされてた3人称視点用の設定を流用してました。
     遠景にほのかにぼかしがかかる感じなんですが、しばらく遊んでいるうちに、ORの良さをあまり活かしてないんじゃなかろうか、と感じだしました。
     やはりダイナミックに移り変わるピントの効果あってこその画面効果、そして臨場感。ではないかと思う訳です。

    そもそも問題は、デフォルトだと手前に表示されているプレイヤーキャラクタに思い切りぼかしがかかる、という点です。そこを常時はっきりさせつつ、照準を合わせた所を中心にピントが合う、というのが理想。

    各設定の意味をあまり分からずにいじっていたので最初は全く上手くいきませんでしたが、いろいろ試行錯誤した結果、一応の妥協点を見つけましたので記録。

    [FirstPersonView] 
    Ultimate 3rd Person cameraが使用しているのは1人称カメラです。

    Enabled = 1   
    DoF自体のオンオフ。もちろんオン。

    DialogMode = 0
    多分、会話時にアップの顔に対してピントを調節する機能。U3Pではアップにならないように調整されるので、多分どちらにしても意味無い。

    DistantBlur = 0
    遠景にだけぼかしをかける機能?オンにすると近景のぼかしが無効になる。

    DistantBlurStartRange = 900
    DistantBlurEndRange = 1000
    実はこれが良く分かってない。いじってもあまり違いが分からない。

    BaseBlurRadius = 0.2
    ぼかしがかかる範囲。

    BlurFallOff = 2.0
    ぼかしがかかる速度らしいけど?変えても良く分かんない。

    Radius = 5.0  → 6.0
    これもぼかしの範囲。微調整用。焦点が合う範囲が狭く感じたので変更。変わった…と思う。

    DiameterRange = 0.8500
    どの辺の距離からぼかしをかけるか、かな?

    NearBlurCutOff = 5.0
    近い距離のぼかしをカットする範囲。これが重要だった。

    以上の数値で、実際の画面でどうピントが変わるかのチェック。クリックで拡大してね。

    かなり手前の草にピントが合ってます。籠手が袖から突き抜けてるのは見ない振りして下さい。



    真ん中の小さな茂みに合わせてます。晴れた日にやった方が良いんですかね。



    奥の方の小屋に照準。



    一番奥の山を見てます。

    どうかなー。まだ微調整するかも。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。