Oblivion 再構築 MODの解説などなど 2019 夏
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Oblivion 再構築 MODの解説などなど 2019 夏

2019-07-28 08:40
    結局、Oblivion Reloaded6.5.0だけにした。ストレスなく遊ぶにはそのくらいがちょうどいいっぽい。仕方ないね。 OR自体を切りました。全体的にちょっと重い(最新版は特に!)のと、個人的に使わない機能が多いわりに融通が利かないというか、ORに合わせて環境を救らないといけないのが面倒というか…。esp一つでいいのは魅力なんだけど、それぞれの機能を別々に導入した方が好みの環境にできる気がするのです。一応プレイ環境を書いておくと、STEAM版のWin10です。英語のまま。

    OblivionのDL
    まずは一度起動しないとiniが完成しない(最初からあるけど項目が足りない)ので、一度起動させておく。ランチャーからグラフィック設定を最高にして解像度の変更。起動後、ゲーム内のオプションから流血グラフィックとか好みでOff。

    以下の方針は現在とっておりません。面倒なんで。
    Dateフォルダ内の構成
    基本方針
    ・出来る限り、MeshやTextureを基本のBSAに非圧縮状態でまとめて負荷を減らす
    ・BSAのサイズが膨れ上がるので、TextureのBSAは二つに分ける
     *具体的にはOblivion - Textures - Compressed.bsaをどこかにバックアップしておいてini
    のsArchiveListからも削除。Oblivion - Texture1.bsaとOblivion - Texture2.bsa(もっと簡単な名前でもいいんだけど)の二つにして、これらをiniのsArchiveListに新たに記述する。
    ・RAMDiskを活用する

    ・BSAに統合する前に、MeshはNifを掃除し、クリーニングが必要なespはそれを実行する
    ・BSAに統合するMODは、一定期間使用してみて問題ないと判断したものに限る。

    めんどい。ちょっとミスった時の原因特定が死ぬほど面倒。もう普通にやります…

    RAMdiskの導入
    異常に敷居が低くなっている。うちは以下の手順で。
    この辺も、最近はそこまで影響でないと思う。だってカクつかないもんな。
    SoftPerfectRamDiskをDL。
     タスクバーのインジケーターから起動して、緑のプラスマークアイコンからRAMディスク作成。フォーマットはNTFS、サイズとかドライブ名はお好みで。
    LinkShellExtensionをDL。
     右クリックから簡単にリンクシェルを張れる。日本語対応の安心ソフト。準備としてはexeを実行してウィザードに沿ってセッティングしておくだけ。
    データの移動
     先ほど作成したRAMディスクに、読み込みを高速化させたいBSAファイルをコピーする。うちはとりあえず、建築物や樹木、ダンジョンなどのテクスチャをまとめた Oblivion - Texture1.bsaというのを作成して放り込んでみた。コピー元となったOblivion/Date内のTexture1は名前の最後に.ramでもつけて、読み込みされないようにしておく。CSを使う際にはここに必要とからしいので、一応置いたままにしておく。
     RAMディスク内のTexture1.bsaを右クリックし、「リンク元」として設定。次にOblivion/Dateフォルダを右クリックして、「シンボリックリンクを作成」。すると、Dateフォルダ内にTexture1.bsaへのショートカットアイコンのようなものが作成され、bsaファイルが「そこにあるもの」として認識されるようになる。Oblivion.iniの編集は必要ない。←ここに引っかかってしまった。何か勘違いしていて、最後にiniを編集してRAMディスク内を参照させるものと思い込んでいた。しかし考えてみると、もともとDate内から読み込んでいて、今もそこにあるとされているんだからiniを変えた方がおかしくなる。というわけで、クリックだけでRAMディスクからのBSA読み込み環境作成が出来た


    以上、旧方針でした。
     
    MODを導入していく前に、ORの導入。全体に与える影響が大きいので、まずこれで負荷を確認しておく。導入の仕方はほかのところで確認すればいいと思う。パージ機能はしばらく使ってるけど、全然不具合はないのでそのまま。ENBoost使うとORのメモリ管理機能が競合する、っていう記述がBelibexさんのガイドにあったので、試験的に切ってみる。確かに、似たような機能を並行して使うのはよくない気がする。FPS管理もグラボ側とOSRの両方でやってたので、試験的にグラボ側でだけでやってみることにする。でもOSRの方がOblivionに最適化されてるかなー。どうだろ。内部的なものは全然わかんない。
    ↑ここも今は意味なくなっちゃった。

    その後のMOD導入、管理は基本的にWryBash導入するModは一同解凍し、必要なDateファイルをBSA化してから再圧縮。で、圧縮状態のままInstallerタブに放り込んで、右下のespをチェック。Modタブでチェックを入れたらBOSSで順番を変えてBashedPacthを再構成。
    たまにOMDのままじゃないと面倒なのもあるので、そういう時だけOBMMを使う。その後はBOSS→BashedPacth、という感じで問題ない。OMODをBashインストール形式に変更するソフトもあるので、OBMMは完全に使わなくなりました。しばらく使ってみて問題なさそうだったら、テクスチャとメッシュは基本のBSAに統合していく流れ。うまくいくといいけど。
    面倒w

    MODを入れていくときはこまめに動作チェックをする。その際、入れたMODの動作を確認するのはもちろんだけど、毎回同じ、少し長めの屋外ルートをマラソンしてみたり、ファストトラベル、屋内セルへの出入りは最低やっておくこと。

    MODの数が増えてくるとどうしても不安定になってくる。うちは低スペック故なのか特にそうで、起動する時点でもう不安定。起動さえしちゃえば、ほぼCTDはしないんですが。どう不安定かというと、

    STEAM起動→OBLIVIONランチャー起動→PLAY→ちょっと読み込みかけてあきらめる→
      「稼働中」が「プレイ可能」に戻ってタイトル出ない→繰り返すとそのうち起動する

    ていう状態でした。起動時のメモリ確保が出来てないとか、そういうどうしようもないお恥ずかしいレベルの話の気がしたので、最近はこれ↓を使ってます
    Application Priority Changer
    指定したタスクに対するメモリ使用の優先度を指定するソフト。とにかく起動時にもっと頑張ってほしいの。

    自己流ですが、「Oblivion」を優先度「高」に、「Oblivion Launcher」「enbhost」を「通常以上」に指定してます。あんまり高くするとPCの方が止まっちゃうので注意。

    さらに、NEXUSのこの記事に倣ってOblivionが使用するCPUを二つに限定させます。これがどのくらい効果あるのかはちょっと怪しいけどね。かなり起動がスムーズになったし、プレイ中も全く問題ないと思う。あ、でも同じ記事内の「xpの互換モード」に変更するってのは全然ダメだった。起動すらしない。More Heapもうちだと全く機能しないんだよなぁ…。


    ここから本題。

    今回は基本的にModのロード順に書いていきますが、まずはespが無く、WryBashのModタブに入らないModから。
    OBSEプラグインなど、ロード順が関係ないもの

    4GB RAM PATCHER
    Oblivionに課せられた2GBというRam制限を撤廃する。今初めて気が付いたけど、Oblivionに関連して働く.exeと.dll形式のファイルは全部対象になるらしい。最近のファイルは関係ないかもだけど、よくわからないからOBSEのプラグインまで一通り適用しておく。まぁ気休めだろうけど。 そこまでしなくてもいいみたいだけど、obse_loader.exeはやっておいた方がいい気がする。微妙に不満だった安定度が、満足できるレベルに向上した…ような気がする。

    CTD AND MEMORY PATCH ENBOOST
    ENBシリーズの一機能で、64bit用にメモリの働きを最適化するとかなんとか。安定化に大きく貢献してくれるのは間違いないが、Oblivionの場合はグラフィック強化機能との両立が出来ない。うちはORとENBの併用はまだちょっと重かった(まじかよ)ので、こちらを使用する。本体はこちらから。Oblivion.exeと同じ階層に放り込むだけ。NEXUS MODのファイルはそれ用のiniファイルで、自分の環境に合うものを一つ選んで一緒に使う。参照

    OBSE
    何はなくともこれを入れないと始まらない。プログラムでできることを大幅に増やしてくれる、無限の可能性を持ったすごいやつ。これもいくつかのファイルを直接Oblivion.exeと同じ階層に放り込む。ついでに、Dateフォルダ内にOBSEフォルダ、さらにその中にPluginsフォルダを作っておくこと。ORに必須。

    BLOCKHEAD
    キャラクターごとにモーションやスキンを変えたりとか出来る。そっちの機能はあまり把握してないし必要に感じた事も無いけど、OCO2に必須なので導入。OBSEのPluginsに入れる。

    OBSE-ELYS-UNIVERSAL SILENT VOICE
    MODで追加されたクエストの場合、多くは音声がないため字幕があっというまに消えてしまう。それを防止するOBSEプラグイン。

    ENGINBUGFIXES
    Oblivionのプログラム内に残された構造的な問題をいくつも改善するOBSEプラグイン。らしい。安定化のお供に。

    ENHANCED MUSIC AND CONTROL
    BGM等の表現の幅を広げる。BGMのフェードアウトなどの様々な効果が使えるようになるOBSEプラグイン。

    MENUQUE-OBSE PLUGIN
    UI周りの強化などに必要なOBSEプラグイン。OblivionReloadedに必須。

    NVAC-NEW VEGAS ANTI CRASH
    Fallout用に開発されたOBSE(もともとはNVSE)プラグインで、CTDを防ぐために何かやってるらしい。とりあえず入れとく。

    PLUGGY
    なんか色々できる様になる(雑)OBSEプラグイン。HUDを強化する際に必要で、導入したらOBSE_Elys_Pluggy.dllファイルをOBSE_Elys_Pluggy_HUD.dllという名前に変更しておくこと。

    USE WASD IN MENUS
    なぜ今頃になって発表されたのかわからない、操作改善OBSEプラグイン。メニュー画面でのタブの切り替えやカーソルの移動がWASDでできる様になる。これは驚いた。スタックされてるアイテムはシフトで一括選択、Ctrlで単数選択もできるので今まで入れてたMODを一つ抜きました。これだと間違って全部売っちゃうとかいう失敗もなくなる。

    SKYBSA
    これもなぜ今になって、という感じのMod。Oblivionが持つややこしいDateファイルの参照の仕方を改めて、Skyrim式のシンプルな読み込み方式に変える。理解している範囲で簡単に述べると、単純に後からロードするBSAを無条件で優先するよ!日付とか関係ないよ!てことだと思うんだけど、他にも工夫できると思うんだけどなぁ…。多分、MODを導入する際にBSAに変換して導入するようにすれば今までとは違ってBOSSのロード順に従って読んでくれるし、アンインストールもものすごく楽になるってことじゃないかと思うんだけど。間違ってるかなぁ。単純に負荷軽減の効果もありそうなんだけど、そこらへんは詳しく確かめたわけではないです。全部のMODをBSAにするとちょっと違うかもしれない。他にもなにかうまい使い方は…詳しい人教えてください。

    OBSE PLUG-IN SOUNDCOMMANDS

    効果音ごとにボリュームを変えたり、途中で切れたBGMを再開させたりといったことが出来るようになるOBSEプラグイン。別MODの稼働条件なので導入。その際はsrcフォルダも入れないとゲームが起動しないっぽい。

    OBLIVION STUTTER REMOVER
    メモリの働きを拡張し、CTDを防ぐとともに画面のカクツキを無くす。これは調整が難しいけど、OBLIVION STUTTER REMOVER OPTIMIZEDOBLIVION STABILITY ENHANCER AND ATUTTER REMOVER FOR WINDOWS10(なげーよ)をとりあえず放り込んでます。

    DarNified UI
    メニュー画面の変更。デフォルトの雰囲気を残しつつ、見易さを大幅に改善。英語のままなので導入が楽…だけど、WryBashでの導入はなぜか失敗したのでOBMMでやりましたフォントが合わなかったので、Belivex’Modlistに従ってOblivion.iniを

    SFontFile_1=Data\Fonts\Kingthings_Regular.fnt
    SFontFile_2=Data\Fonts\DarN_Kingthings_Petrock_14.fnt
    SFontFile_3=Data\Fonts\DarN_Kingthings_Petrock_16.fnt
    SFontFile_4=Data\Fonts\DarN_Oblivion_28.fnt
    SFontFile_5=Data\Fonts\Handwritten.fnt

    って感じで書き換え。でも楽なもんです。
    と思ってたら、WryBashのiniEditでワンクリックで設定できたのね。


    OBLIVION MUSIC 109
    BGM追加。BetterMusicSystemで設定された場所、状況に対応してフォルダ分けされてるのでそのまま放り込めばいい感じ。だったはず。楽曲自体には好みもあると思うので、一通りプレイしてみて気になったものをDateフォルダから直接抜いてやればいい。屋外で突然仰々しいイントロが流れてぎょっとする時があります。これもバニラのBSAに統合してもいいのかもしれないな。 MUSICのBSAとかないわw

    EXTENDED INTERFACE(の円形コンパス)
    前の構築の時も書いたけど、UI変更MODの中から円形コンパスだけ抜きます。アイコンの表示がやや不安定だけどほんとお気に入り。ちょっと、前に書いた手順が分かりにくい気がしたので、再度自分用に。参考にさせてもらったサイトはもう無くなったのかな?見つけ切りませんでした。

    1.Extended Interfaceから下記のファイルをoblivion\Dataフォルダ内にコピー。
    その際、hud_compass.xmlはオプションファイルのNoDefaultCompassに入っている方を使います。それと今回は、三つのTextureファイルは半透明のコンパスになるバージョン、つまりNew-GFXに入っている方を使いました。

    menus\prefabs\hud_compass.xml
    menus\prefabs\math\sincos.xml
    Textures\menus\HUD\_arrows.dds
    Textures\menus\HUD\hud_compass_body.dds
    Textures\menus\HUD\hud_compass_circular.dds

    2.失敗した時のために、現状の画面構成をどこかにバックアップ。
    Data\Menus\Main\hud_main_menu_xml
    Data\menu\Prefabs\hud_compass.xml
    をデスクトップにでもコピー。

    3.画面構成の書き換え。
    先ほど追加したhud_compass.xmlには、新しいコンパスの表示内容が書かれています。
    まずoblivion\Data\Menus\Main\hud_main_menu_xml 
    をメモ帳で開き、その中から<rect name="hudmain_compass_layout">の場所を探します。そこからずーっと下まで行って、<image name="hudmain_Levelup_Icon"> の上にある </rect>までを、先ほどの新しいhud_compass.xmlでマルっと上書きします。

    4.コンパスと場所名の表示が重なるのが気になってたのですが、こちらを参考にさせてもらいました。作業的にはDarnifiedUIのコンフィグをxmlから行い、場所名の表示の方を真ん中にずらすという感じです。

    Oblivionフォルダ>Data>menus>prefabs>darn にある
    hudmainmenu_config.xmlのなかにある↓の個所を変更。

    <_showlocinfo> 1 </_showlocinfo>
    <_showlocframe> 1 </_showlocframe>
    <!-- _locAlignment governs the text alignment for the Location info. It will expandbeyond the frame, so turn that off. -->
    <_locAlignment> &center; </_locAlignment>
    <_lx> -710 </_lx>
    <_ly> -15 </_ly>

    という感じで。赤い数字が変更点です。助かったー。




    導入MOD

    WryBashのModsタブ見ながら上から順番に行きます。オプションのespがあるとか、esmがあるとかはロード順が最も上になる辺りにまとめて書きます。だから実際のロード順とは多少前後します。

    ESMが必要なもの


    ESMだから上に来てるけど、ちゃんと必須MODを確認して必要なものから入れること。UOPとかから入れた方がいいと思う。

    Oblivion.esm(SI)
    すべての基本。これほど長くプレイされ続けるRPGがかつてあっただろうか。
    思い立ってVanilaのMeshに含まれるゴミを取り除いてみた。いろいろなところで解説されてるのでそちらを参考にしていただきたいけど、使用するツールのバージョンによってうまく起動しなかったりしたので、やってみる人はいろんなところからDLして試行錯誤してみてほしい。
    下に最適化後のデータサイズを書いていくけど、実際はこの数値の変化よりも体感でものすごく軽くなる。陰影関係の処理自体が少なることが相当大きいらしい。Meshへのダイレクトな処理なので、テクスチャ変更MODなど使用しても効果が残るというのもうれしい。もちろん、Mesh自体を新規で追加してくるModならそれにも実行した方がいい。注意点としては、「Nif最適化計画」でまとめて処理する場合、「フォルダごと突っ込む」のではなく、「フォルダの中身を一気に放り込む」ようにすること。フォルダに入ってると、フォルダの日付だけが変わって中身は何も変わらない、という事になる 。


    nif最適化メモ
    architecture 600MBOver(メモしてなかった)→551MB
    clutter 42.1MB→35.1MB
    Dungeons 140MB→126MB
    landscapes 16.7MB(初期値をメモしてなかった)
    Plants 3.19MB→2.62MB

    これも面倒。

    Modular Beautiful People 2Ch-Edition
    大量に種族追加。MBP2ChEd++にも必要なのだが、DL出来る場所が分かりにくい。とりあえずこちらに。導入もそちらの解説を参考に。OCO2を入れると目がおかしくなるのでこちらを参考に
     Beautiful People 2ch-ED.esm
     
    必須ファイル
     Beautiful People 2ch-Ed Vanilla Race.esp
     Beautiful People 2ch-Ed Merged Hair Modules.esp
     Beautiful People 2ch-Ed Merged Eye Modules.esp
     Beautiful People 2ch-Ed MS Elves - NoSc.esp
     MBP絡み。セットで導入。ちゃんとは分かってない。

    FRANCESCOC SREATURES AND ITEMS - V5
    全体的なゲームバランスを調整する。プレイヤーのレベルに合わせて無限に強くなる敵はいなくなり、ダンジョン内のアイテムは奥に行くほどいいアイテムが出やすくなる。バニラアイテムは性能が調整され、全体的に振りが遅く、ダメージは上昇する。導入時のウィザードで細かくセッティング出来て、敵の数を増やしたりボスを強くしたりといったこともできる。SIがあるかないか、FCOMを導入するか、MMMを使用するかどうかなどでかなり選択すべきespが変わるので、WryBashのウィザードで導入するのが無難。ヴァニラの装備品をバランス調整するMOBS、敵キャラのAIを多様にするCombat Behaivior、も選択してます。
     Francesco's Leveled Creatures-Items Mod.esm
     基本esm。これの導入は必須。
     Francesco's Option New Items Add-On.esm
     大量のアイテムをゲーム中に追加する。それらは自然に他のアイテムに交じって出現する。
     Francesco's Option New Creatures Add-On.esm 
     新しい敵モンスターをゲーム中に追加。敵の戦い方も多様化されているので、かなりマンネリ化を防いでくれる。
     Francesco's Creatures and Items Resources.esp
     Franで必要になるファイル。よくわかってないけど。
     Francesco's Optional Dungeon Chest Loot.esp 
     ダンジョン内のチェストの中身を調整する。奥に行くほどチェスト内のアイテムの価値が上がるように偏りが生まれ、ダンジョン全体としてアイテムの価値が上昇する。なんかBrokenItemってアイテムが入ってる時があるんだけど、これのせいなんだろうか。 それはEnhancedEconomyのオプションで発生するアイテムだった。
     Francesco's Optional Dungeon Chest Locks.esp
     ヴァニラとは鍵がかかるチェストが変わり、一部のチェストにトラップが付いたり、箱の守り手が追加されたりとか。そういうのは少し価値の高いものが入るようになる。それと、変に難易度が高いかぎなのに中身はごみ、みたいなことが無くなるとか書いてあったと思う。
     Francesco's Optional Leveled Guards.esp
     ガードが無限に強くならず、ある程度のとこで強さが止まる。それでも相当なとこまで強くなるっぽいけどね。
     Francesco's Optional House Chest Loot.esp
     NPCの家の収納の中にある物の質が良くなる。シーフギルドクエストに丁度いいと思う。
     Francesco's Optional Vender Tweaks.esp
     商人の扱う品ぞろえが変わる。レベルに応じて、ダンジョンで出現するものより少し強いものが高額で店に並ぶ、とかだったと思う。
     Francesco's Optional Leveled Quest.esp 
     クエスト絡みの敵がレベル固定になる。やたら強く感じるクエストは後回しにしなるってこと。この辺は好みが分かれるだろうなぁ。
     Francesco's Optional Leveled Arena.esp
     アリーナの対戦相手がレベル固定になる。低レベルでチャンピオン、てのが無理になるということ。

    SKYRIM FOR OBLIVION CRAFTING

    これ、つい最近になって気が付いたんだけど、2015年のModなんだよなぁ…。なんで今まで見つけ切らなかったんだろう。スカイリムに準じたクラフトシステムをゲーム内に追加する。さらに、それ用のクラフト施設(金床や調理用の鍋、織機などなど)を各村に配備、素材アイテム、素材集収容のツール、家畜、関連アイテムを販売する店舗、レシピ本などなどを大量に追加してくれる素敵Mod。素材の収集は対応するツールを所持したり装備した状態でアクティブ。
    導入の際は基本になるOblivionCraftingってファイルと、最新バージョンの追加ファイルを一緒に導入する形になる。
    レヤウィン郊外の地形が変更されたあたりで、地面に裂け目が出来てました。Road of Cyrodiilと競合する。Tona's Mod Shopの地形とも競合してた…。CSで修正だな…。それと、細かいところがやや説明不足なので別記事にするかも。

     SNcrafting.esm
     
    必須ファイル
     SNcrafting.esp

     
    クラフトを追加するMODの、メインesp。esmもあってオプションespもあって、ちょっと盛沢山なデータ。でも楽しいからなー、これがあればCobl入れなくていいやって気にすらなる。
     SNcrafting-Minning.esp

     採掘ポイントが追加され、そこで様々な鉱石をあつめられるようになる。つるはしを装備して攻撃…ではなくてアクティベート。つるはしを振りつつアクティベートするのが最近のお気に入り。
     SNcrafting-Shop.esp
     港湾地区にMODの関連アイテムを扱うショップが追加される。基本的に必要なツールも自作するようになっているけど、これを入れればツールとある程度の素材を楽に入手できる。
     SNcrafting-Wildlife.esp
     様々な家畜やクラフト施設、関連アイテムが追加される。個人的に必須。
     SNLumber-Mill.esp
     農場的なものを一つ追加するespぽいです。

    HARVEST CONTAINERS

    中身を調べたコンテナの見た目が変わる様になるMOD。LOOT MENUってMODが更新されて、スクリプトが組まれたコンテナにも対応するようになりました。そのおかげでこちらが併用できるようになったのです。ただちょっと導入にてこずってしまった。WryBashでもOMODでもストレートに導入できなくて、一度解凍してから必要ファイル(要は全部)を同じ階層にまとめて再圧縮、それからWryBashで導入という手順を踏まないといけませんでした。なんでだろうなぁ。大体問題ないんだけど、麻袋状のコンテナの中身を取った時に袋がパッと消えてしまう。そこにオブジェクトはあることになってるのでまぁいいんだけど…。分からん。後日なんか正常に働いてた。謎。 MOD導入時に既に中身が読み込まれていた場合、きちんと表示されない場合があるみたいですね。セルがリセットされれば正常な表示になりました。
     Harvest[Containers].esm
     
    必須ファイル。
     Harvest[Containers]-Flat-Top Barrels add-on.esm
     
    樽の蓋がアニメーションするようになるオプション。触ってないのにヌルっと動くのがなんか楽しい。スニークでふた出来るけど、セルがリセットされたときにも戻るらしい。
     Harvest[contenar]-Vanilla-Ore Respawn.esp
     esmとespがいるってちょっとそれだけでMODの構成として重く感じるなぁ。
     Harvest[contenar]-SI-Ore Respawn.esp
     上と同じ物のSI版。
     Harvest[contenar]-Flat-Top Add-on.esp
     樽の蓋が動くようになる。これも、esmも必要なんだねぇ。 

    TAMRIEL TRAVELLERRS 139C
    街道を行き来する行商人を追加する。MODで追加されたアイテムも自動で扱ってくれてる?基本的にファストトラベルを使わないようにしてるので、ダンジョン探索後のインベントリがパンパンな時に出会えると嬉しい。導入時にインベントリに追加される指輪で、商人の護衛がいるかいらないかなどの設定を行う。指輪はそのあとしまっちゃってOKです。
     TamrielTravellers.esm
     必須ファイル
     TamrielTravellers.esp 
    要クリーニング(済)
     基本esp。これは必須。そういえば、行商人たちの休憩所?的なものが街道に追加されるので、一部のMODとは競合する場合があります。
     Tamriel TravellersItemsnpc.esp
     行商人がModで追加されたアイテムも扱うようになる。これはいるでしょう。他は個人的にリアリティがないと感じたり、esp一つ増やすこととその内容の重要性が見合っているかなどから判断して、導入していません。

    BETTER MUSIC SYSTEM
    敵とこちら双方が気が付いたときに初めて戦闘音楽が鳴るとか、スニーク状態の時はBGMが小さくなるとか、BGMを割り当てる場所の設定が細かくなったりとか演出面の強化に欠かせない。特に、攻撃されて初めて気が付くのはとても雰囲気があります。
     BetterMusicSystem.esm
     必須ファイル
     Better Music System(SI).esp
     SI入れてる人用の追加ファイル。前述のようにあんまり行ったことないから、効果のほどはよく知らない。

    DEMOLISH SYSTEM-COMBAT SYSTEM REFINEMENTS
    戦闘システムの改善。DRとかはちょっときついので…。このModでも、空中コンボはちょっとやりすぎな気がして入れてません。タイミングよくブロックすると相手がひるむシステムと、物理ダメージが通った時に一瞬光るようになる追加要素(iniで設定)だけのために入れてます。
     Demolish System - Core.esm
     
    必須ファイル。相手の攻撃に合わせてタイミングよくブロックすると、相手が長時間ひるみます。その間はこちらから与えるダメージが跳ね上がるので、一気に畳み込めます。格上の相手でも、この技術を使えば大逆転できたりして楽しい。タイミングが合わないときは、防御し続けて相手が大振りになったところに合わせるといいです。
     Demolish System-Flash Effects.esp

     戦闘中の状況に応じて、キャラを一瞬光らせるエフェクトを加える。シューティングゲームでボスが光るあれ。ダメージの種類に応じて違う色で光らせたりもできます。攻撃がちゃんと当たってるかが分かりやすく、間合いの取り方が下手なので助かるのです。どういうときに光るかの設定はiniで。なんだけど、相手をひるませたときに自分が白く光った後、自キャラが薄くなる時がある…だんだん透けていくんだけど。なんなの。
     Demolish System-Special Move.esp
     ステップ移動と魔法の連続(高速キャンセルといえばいいか)詠唱システムの追加。連続詠唱はゲーム本来の詠唱ボタンでないと効かないので、MOUS CASTでの詠唱時は連続詠唱できない。さらに、ステップはふんわりジャンプを改善するMODと競合してほとんど跳ばない。これいらないな!

    ESPだけのもの



    UNOFFICIAL OBLIVION PATCH
    説明不要。主に表示がおかしい場合の修正だと思うけど、致命的なハマりとかも修正されてるので必ず導入。どうやらバニラのBSAに統合するのが良いらしい。←どうだろう。よくわからん。 
     UOP Vampire Aging & Face Fix.esp
     UOPと一緒に導入されるもの。必要に応じて。と思ってたけど、BashedPatchに同じ機能があるから、それにチェック入れるならこれいらないんだって。へー。
     Oblivion Citable Door Fix.esp
     同じくUOPに同梱。まぁ入れとけば間違いはないんじゃないか。

    DLCShiveringIsle.esp
    STEAMだと一緒についてくるDLC。いわゆるガクブル島。とはいえ、行くタイミングがつかめなくてちゃんと行ったことないっていうね…。分かってもらえるだろうか。

    UNOFFICIAL SHIVERING ISLE PATCH 
    SI版のUOP。これも必須ですね。内容は全然把握してないけど。これも統合するつもり。

    OBLIVION WEATHER CONTROL
    インベントリに追加されるアイテムで、天気を完全に固定する。これで毎日晴れだよ!

    SMPLUGIN REFURBISH
    公式の追加クエストがキャラ作成時に自動で始まらず、条件を満たした際に初めてダイアログが出る様になるMOD。導入しているDLCに対応したespのみを導入すること。クエストの開始条件は、WryBashのMOD概要欄になんとなく書いてあります。
     SM Plugin Refurbish - SI.esp
     SIが条件付きで始まるようになる。ブラヴィル周辺に立ち寄ると始まるっぽい。
     SM Plugin Refurbish - Knight.esp
     KoTNが条件付きで始まるようになる。ある程度の名声と、アンヴィルのチャペル襲撃のうわさを聞く、という条件みたいです。

    COMMUNYTY LOADING SCREENS
    ロード画面の画像を完全に差し替え、カラーの美しいものに変更する。なんとなく文章に合っている場合もある。て感じ。
     LoadingsAddon.esp
     うちはこれ。UIに合わせるんだっけ。

    REALISTIC AURORA IN MOTION
    ブルーマあたりでオーロラが見れるようになる。MOD名とファイル名が全然違くて、espの名前はBrumasNorthernLightsって名前。たまにそういうのありますよね。かなり奇麗だけど、ちょっとオーロラの出方が凄すぎるかも?

    MORE IMMERSIVE SOUND 要クリーニング(済)
    実際はMIS Low Wind.espというファイルになります。MORE IMMERSIVE SOUDのメインファイルで、風の効果音を少し抑えたバージョン。内容としては小鳥のさえずりとか鐘の音、オオカミの遠吠えなんかが追加されます。
     MIS Low Wind.esp
     これともう一つのどちらかを選択して導入する。風の音って気になりだすとちょっとね。
     MIS New Sounds Optional Part.esp
     上のMODのオプション。場所に応じた環境音の追加。

    ADVENTURE TORCHES
    0でトーチの装備、解除。9でトーチを点灯させたまま地面に落とす。武器を構えて左手が埋まるときは自動でトーチを投げてくれる。また、トーチの明るさや持続時間をiniで調整可能。これは今まで使ってなかったけどあまりに便利すぎるね。

    ULTIMATE 3RD PERSON CAMERA V151 OMOD

    使用してるのはOMODじゃない方。1人称視点カメラに自キャラを表示させ、斜め後ろから見た視点で操作できるようになる。個人的には慣れるとこのモード以外ではプレイできなくなるくらい快適。ただ少し癖があって、同梱されているskelton.nifを使わないと腕が4本になったりといった不具合が生じるので、一部のMODとは致命的に競合する。それと、照準がだっさいでっかいものになってしまうので、menusフォルダとtextureフォルダを最初から抜いて導入するといい感じになる。それと、会話シーンでのズームがめちゃめちゃにずれてしまうので、Oblivion.iniのfdlgfocusを20から30の間で調節するといい。さらに、ORのDoFが自キャラに効いてぼけてしまうので、その調整も必要。
    具体的には、oblivion/date/Shaders/OblivionReloaded/DepthOfField内のiniを変更。



    [FirstPersonView]
    Enabled =1
    DialogMode =0
    DistantBlur =0
    DistantBlurStartRange =900
    DistantBlurEndRange =1000
    BaseBlurRadius =1
    BlurFallOff =2
    Radius =3
    DiameterRange =0.00899999
    NearBlurCutOff =3

    これで自キャラはボケずに照準に合わせてきちんとDoFがかかるようになります。ただ、会話の相手の顔はどうしてもぼけるんだよなぁ…。NearBlurCutOffを5まで上げればたいていの場合で会話中もボケないんだけど、足元の地面でボケるとことボケないところの差がはっきり見えてしまう。難しいねぇ……。とりあえず4で妥協。

    追記:うちではALTERNATIVE START ARRIVE BY SHIPでゲームを開始する際、このMODの読み込みが始まるとゲームが止まります。NEW GAMEを選択したい場合は、その前のランチャーからこのMODを切っておいて、町に降り立ったら一度中断。再度MODをONにすると問題なく始められます。

    NO MOUSE WHEEL ZOOM
    通常画面の時に、マウスホイールで視点が切り替わることを禁止する。MouseCastとかLootMenuとか、ホイールを使う機能が多いことから来る誤作動を防止します。いくつか試したけど、うちでちゃんと機能したのはこれだけ。

    DUCKS AND SWANS FOR CYRODIIL 
    水辺に白鳥や鴨を追加する。特に機能的なものはない…と思いきや、白鳥をアクティベートすると一瞬で羽の素材アイテムに代わる。うーんw まぁ、今回はこういうゲームの難易度を左右しないMODも積極的に入れていきたい。

    Immersive Field of View
    状況に応じて自動的に視野角を変更してくれるMOD。これは手放せないねぇ…。あまりにも快適。ESPは一つだけ入れること。

    PORTABLE CAMPSITE 要クリーニング(済)
    ICにある三兄弟の雑貨屋に、キャンプ用品一式を追加する。自動でインベントリに追加されるespとの選択式で、どちらにするかいつも悩む。設置したところはファストトラベル出来るようにもなる。屋外を探索する際の中継地点としても使えてRPがはかどる。

    QQUIX-ROCK ROCK ROCK YOUR SHIP 要クリーニング(済)
    水上の船やボートが揺れる様になるMOD。地味だけどかなりいい効果です。

    REALLY AEVWD
    遠景に建築物や大きな岩を追加で描写させる。種類ごとに取捨選択してパフォーマンスに合わせられるので便利。最近はこれを実行した後にロードさせる、データサイズのとても小さい建物データも登場しました。

    WYVEREXS RUNES
    ゲーム中にルーン文字が刻まれた小さな石を追加する。ランダムに出現する石をインベントリに入れると、刻まれたルーンに対応する能力値やスキルが2上昇する。複数所持するとその分上昇値もスタックされる。名前から効果が判断しにくかったのと、重さが一つ2あったのがちょっと気になったので、個人的に変更しました。

    ENHANCED ECONOMY
    お金の動きや、商人との値段交渉、商人の所持金などをリアルにしたり、商人たちからの依頼クエストを追加したり、各町ごとに商品の相場があったり、コンテナからの取得アイテムを調整したりなどとにかくいろいろ調整するMOD。また、取引スキルの上がり方を取引回数ではなく取引金額で判定してくれるようになる。とにかく多機能なので、Readmeやiniは面倒でも翻訳しつつ確認した方がいいです。デフォルトだと魔法や商品の価格が高すぎると思う。

    BOOK TRACKER
    一度読んだ本に(Read)ってつく。英語だから読むことないかな、と思ってたけど、そういえばスキル本もあるからたまに読むんだね。念のため導入。

    BETTER SAVES
    これは今後の必須MODかもしれない。通常の処理に割り込んで無理な処理をさせる自動保存を廃止し、全て通常のセーブ方式で処理する。なのに、こちらが決めた時間で自動でセーブしてくれるという気の利きよう。セーブのタイミングはiniでこまかく設定可能。通常はF5で保存して、ゲーム終了時だけメニューから新規に保存してます。

    DISPLAY STATS
    インベントリでのアイテム表示に詳細な情報を追加する。振りの速さとか価値とか重さとか、見てある程度分かるはずの情報だからねぇ…。使ってるUIや、ほしい情報に合わせて選択できるのがうれしい。

    FORM ID FINDER
    ゲーム中のオブジェクトのIDとか、メッシュの指定とか内部的なものを表示してくれるようになるMOD。表示がおかしい時の調査用。

    CLEAN UP
    死体の情報や落としたアイテムなどを、通常より早い段階でゲーム上から消してしまう。データの肥大化を防ぐ。
    espはKuerteeCleanUpて名前なんで、忘れると探すのに苦労する。

    LOOT MENU
    コンテナに照準を合わせるだけで、中身を画面上に表示してくれる超便利MOD。iniで細かくセッティングもできて隙が無い。最近の更新でスクリプトが組まれたコンテナにも対応するようになったので、Harvest[contenar]にも対応するようになった。多分、Immersive TradeEnhanced Economy(MOD名間違ってた…なにこれ)の商人クエストも対応したんじゃないかな?試してないけど。試した。クエストアイテムもきちんと表示される。そのまま入手しようとすると警告が出て、Fキーでちゃんとコンテナ開いて入手しろ、といわれる。手間だけど、これならきちんとクエストが進みます。助かる。

    OBLIVION RELOADED
    メモリ管理機能、カメラの機能追加、水質改善や多数のシェーダー管理などを包含した総合オーバーホールMOD。最新版の7.0ではダイナミックな影の生成まで追加されたが、いかんせん重い。今のところ6.5.0を使用中。シェーダーの数値をいじればこれ一つでもかなりの画面が作れます。とはいえ、使わない機能もすごく多いんだよな…。espの節約にはなってるんだけど、重さと手間を考えるとこれじゃなくてもいいのかもしれない。

    QZ EASY MENU UPDATE
    メニュー画面の各項目へのショートカットキー、決定とキャンセルの拡張、会話の選択肢を数字で選択可能など多機能。もうこれが無いと面倒で面倒で。一部の機能はデフォルトでOffになってるので、iniから設定を。

    SCATHE
    なんて読むのか知らない。ダメージの数字を画面上にダイレクトに表示する。強さの変化が分かりやすいのと、攻撃を当ててる実感が得られる。継続ダメージもわかりやすい。ただ、セルに入った時点で何もしてないのに勝手にダメージ受けてる人がいるのがちょっと気になるけど。なんの処理なんだろうあれ。多分OSRだと思う。しょうがないから、iniで戦闘してる相手以外のダメージ表示は切りました。これも、数字の出方や大きさ、色を細かくiniで設定可能。

    SIMPLE HUD CLOCK

    画面上に常時、時間を表示してくれるありがたいMOD。ただ、なかなかフォントの替え方が分からなくてほったらかしてたんだけど、iniの場所が違ってました。
    Documents\My Games\Oblivion\Pluggy\User Files
    に置かないと、変更しても反映されないんだね。ちゃんと書いてあった…。フォントと色を変更したかったので、

    font_style=Old English Text MT

    font_r=126
    font_g=067
    font_b=055
    x_shadow=1
    y_shadow=1
    font_r_shadow=65
    font_g_shadow=65
    font_b_shadow=65

    て感じに書き換えました。これで文字色が他の色に近い茶色に、影の重なり方も見やすくなったと思う。フォントは好みとPCに入ってるのの中からそれぞれ選んでください。
    でも、多分そのうちHUD STATUS BARS ENHANCEDの方で表示させて、このMODは切ると思います。


    CCAO-COTYOUNOYUME COMBT ANIMATION OVERHAUL
    武器ごとに違う戦闘モーションを使用できるようになるMOD。ただULTIMATE 3RD PERSON CAMERA とはスケルトンが違うという部分で基本的に両立しない。ゲーム開始時に一度すぐ武器を構えないと、それ以後モーションを読み込んでくれなかったり、パワーアタックのモーションが発生しなかったり(当たり判定は出る)と、やや残念 ゲーム開始時にすぐU3Pカメラの視点にしてると読み込まれないので、いつでもいいから一度3人称視点に切り替えて武器を構えるとモーションを読み込みなおします。ただ、ヘビーアタックはU3Pカメラだとどうしてもちゃんと表示されない。3人称視点に切り替えれば正常に作動するので、戦闘中などはそちらに切り替えるとか妥協が必要。とにかく通常の攻撃モーションだけでも抜群にかっこいいのと、ジャンプモーション、インベントリの立ち姿勢も変わったり(変わらなかったり)するので、これはトータルでみればかなりお気に入りなんです。ちょっとReaMeが分かりにくいんだよなぁ…。
    ReadMeにいろいろ書いてあるけど、立ち姿勢とかスニーク中の歩き方とかを変えたい場合は、普通にWryBashで上書きすれば対応してくれます。あの説明は何なんだ。


    DYNAMIC MAP
    広域マップでズームイン、ズームアウトが出来るようになる。使用してるマップに合わせていろいろ対応してくれるとかで、全体的にいい感じなのです。二点だけ調整が必要で、Road of Cirodiilに対応して道を増やす方法はこちらのブログから。それと、マウスホイールで操作できるようにするにはiniで設定する。キー番号の割り振りは、拡大にホイールを奥に回す(264)で 縮小はホイール手前に回す(265)で、ズームのリセットはホイール押下(258)。ズームは思った以上に便利。以前はこれと別にElvenMapを入れてたんだけど、あっち必要ないんだね。

    MAP MARKER OVERHAUL
    マップアイコンを刷新する。好みのものを数パターンから選べるうえに、ヴァニラでは表示してくれないポイントまで表示してくれるようになって便利。それと、Ctrl+クリックiniで変更して右クリックで場所ごとにメモ代わりのタグをつけることが出来る。とにかく便利。
     Map Marker Overhaul - SI additions.esp
     SI対応版。

    ENHANCED HOTKEYS
    ショートカットキーの追加及び機能改善。一つのキーに複数のアイテムを登録して、キーを押すたびに装備を順に回したり、一つのキーで魔法を複数回使用出来たりする。中でも、ボタンが多いマウスに対応してくれているのがうれしい。

    SEAMLESS - OCO2 EDITION

    首の境目を自然にするMODのOCO2版。これないとかなり気になるんですよね…
     EVE_KnightsoftheNine.esp
     オプションなんだけど、この一連のってよく考えたらEVE入れてる前提なのかね。そうだよね、じゃぁ今意味ないな。それでMODリストの中で紫色なのか…今気が付いた。
    でも境目は見えなくなったからいいのか?いいのか。うん。

    IMMERSIVE WEAPONS
    大量に、とにかく大量に武器を追加する。バニラだとかなり物足りないので、これくらいあるとダンジョンに潜る楽しみも増えます。

    COMMAND MOUNTS AND HORSES 
    騎乗設定されている動物に対して命令を出せる魔法が追加される。魔法はその手の動物を入手した時点で習得。騎獣が離れたところにいる場合は呼び出し、追従していれば待機、逆に待機状態の時は追従と、その時の状況に応じて効果が変わってくれる。一つの魔法を使うだけでいいので、MouseCastの真ん中に入れとくのがお気に入りです。

    ZIRA MY HORSE COMPILATION
    バニラで購入できる馬にインベントリと不死属性を付与する。ヘルスが高いほど過重限界が高く設定されているが、限界を超えても移動スピードが落ちるだけで一応歩いてはくれる。普段使わないものはポンポン放り込んで、要るときだけ出すってのがそれっぽい。遅くて頑丈な馬にもメリットが出ていい感じです。それと、スキンが変更されるのでお好みで抜いたりしてください。

    TRADE AND COMMERCE 要クリーニング(済)
    引退商人から店を買い、自分で経営することが出来るようになるMod。店員を雇うだけで基本的に放置でよく、集めてきたアイテムをせっせと納品すれば結構な利益を上げてくれる。普通の商人では正当な価値で買い取ってもらえない高額アイテムでもそのまま売れてしまうので、初期投資にかなりお金が必要とは言えゲームの難易度は下がる。でも楽しい。iniでかなり細かくセッティングが出来る。別の人が改造したUPDATEってModもあるけど、導入は検討中。

    FIGHTERS GUILD QUESTS
    戦士ギルドにクエストを大量追加する有名MOD。別MODの必須条件なので導入。なんかいろいろ競合してそうな気もするけど。

    CHEYDINHAL PETSHOP 
    名前の通り、チェイディンハルにペットショップを追加する。ペットというか動物型のコンパニオンで、自分のレベルに合わせて成長し、敵と戦ってくれる。ただ、最初は結構な弱さなので蘇生キットも合わせて購入しておくこと。死後放置しておくと、ペットは消滅してしまう。BOSSの注意書き見ると、かなりバギーなモッドらしいんだけど…そうなの?どうしよう。
    AkaviriBattleCatを導入してしまうとこちらは使わなくなってしまったので、念のためMOD自体を切りました。

    IMPEREAL CITY-UNIQUE DISTRICTS 要クリーニング(済)
    帝都の景観を少し改造する。BetterCityesはちょっと変わりすぎて好みじゃないけど、こちらはとても自然でいい感じです。データ的に軽いのもいいですね。使用しているのは全区画がひとまとめになっている、Merged.espバージョンです。
     ImpeREAL City Unique Districts-All the Districts Visible From Cyrodiil.esp
     要クリーニング(済)
     オプションで、帝都を外から眺めた際に、城壁の内部に建築物の外観が追加されるesp。他の遠景表示MODで同じことをやってる場合、もちろん必要ないです。
    なんかよく分からなかったので切りました。

    KVATCH REBUILT
    クヴァッチ再興イベント。今度こそ最後まで行きたい。これも実はずっと更新され続けている。ダンジョンを追加したりするので、地味にいろんなMODと競合する。

    LIGHTS OF OBLIVION - ROAD LANTERNS
    街道に一定間隔で照明施設が追加される。豊富なデザインの中からあなたのお好みの一品を。
    さらに、Oblivion.iniで

    fLightLOD1=4000.0000
    fLightLOD2=6000.0000

    とすると遠くからでも明かりが地面を照らしてるのが表現されていい感じです。

    MAGES GUILD QUESTS
    魔術師ギルドに大量のクエストを追加する。これも別MODの条件だったので導入。ダンジョンとか追加されてたら競合しそうだな―。

    QUEST-RELATED DUNGEONS MARKED
    クエスト絡みのダンジョンの入り口に、鮮やかな紫色の花が咲く。鍵が無いと奥まで進めないなんてこともあるので、ふらっと立ち寄る際に二度手間にならなくて便利。

    BANK OF CYRODIIL
    帝都に銀行を追加。なんとなく好きなのでいつも入れる。

    TONAS MODS STORE 要クリーニング(済?なんか残るな)
    もはや説明不要か。大体いつも人外かおっさんでしかプレイしないので、商品が女性向け装備がほとんどで実は使えるものがほとんどないのだけど、それでもつい入れてしまう。隠しアイテムは序盤にはかなりチートなので自粛する。SkylimCrafting、RoadofCyrodiilと競合するので、時間があるときにCSで動かしたい。

    Knights.esp 要クリーニング(済)
    公式DLCであるKnights of Nineのデータ。これも最後までやったことない…。STEAMだと最初からついてくるけど、お陰で最初から死んでて会話ができないNPCがいたものです。公式クエストに開始条件を付けるMODを入れて、それは解消されました。よく考えたら導入しなけりゃいいだけなんだね。忘れてた。これのBSAを基本BSAに統合する場合、Mesh、Texture、Soundが同梱されているのでそれぞれ分けて別々に統合する必要がある。

    UNOFFICIAL OBLIVION DLC PATCHES
    このなかからKoNの修正パッチだけを導入。他の公式DLC用のespも同梱されてますが、必要なものだけ入れないと「マスターが無いよ」って言われてゲーム起動時に落ちます。教えてくれるからいいけどね。

    THE HESU MOD COLLECTION
    シロディール各所に名所追加。スカイリム寄りに集まってるかな。集落あり、ダンジョンあり。生活感の演出がすごかったり、ボスがいたり、一通り見てみる価値があります。ULとはかなり競合するはずなので、両方使うならパッチの導入は不可欠。

    ROADS OF CYRODIIL
    帝都から四方に橋を伸ばして、湖を徒歩で越えられるようにする。また、その各端には見張塔があってガードが常駐。他にもいろいろなところに街道や獣道が追加されます。その分、地形や施設を追加するMODとは競合しやすい。メジャーなMODなので、それ用のパッチもかなり用意されてはいます。SkylimCraftingとも競合するんだよなー、それ用のパッチは無いみたい。

    TONAS MOD STORE-ROADS OF CYRODIIL PATCH
    上のMODを入れるとTona's Shopの裏側が浮いたり埋もれたりしておかしなことになるので、そこを修正するパッチ。これで安心。

    HARVEST FLORA
    これも説明不要、採集した植物等の見た目が変わるMOD。あって当たり前みたいになってる。
     Harvest [Flora] - Shivering Isles.esp [Version 3.0.0] 要クリーニング(済)
     WryBashでマージ。例によってSIにはまだ…。

    AUTO UPDATE LEVELED ITEM AND SPELLS
    QUEST AWARD LEVELLERからこちらに乗り換え。ESPが少ないってのと、インベントリにアイテムが入らないこと、こちらの方がシンプルで無駄が無い感じってのが理由。結構前からあるっぽいですね。早く教えてよねー。

    BAG OF HOLDING
    インベントリ内に、中のアイテム重量が完全に無視されるようになる追加の袋を入れられるようになる。下水道から出てすぐのあの遺跡の奥に追加されるアイテムなので、ゲーム序盤でちーつすぎると思うときは取得しなければいい。まぁアイテム無限に持てるゲームっていっぱいあるからねぇ…。

    BETTER DUNGEONS 要クリーニング(済)
    洞窟系のダンジョンに少し手を加え、ダンジョン毎の個性を強調する。光が当たるところに植物が群生していたり、構造が少しだけ変わっていたりと、コピペの組み合わせだったダンジョンの探索がぐっと楽しくなる。そこまで大きく手を加えていないので、他のMODと競合しにくいのもうれしい。

    AYLEID IMPROVMENT PROJECT
    Better Dungeonsの改造に倣って、アイレイド遺跡に手を加えるMOD。作者は別の方。こちらはやや改造の度合いが大きくて、アイレイド小物、アイレイドインテリアなどが追加されていたり、敵の配置も変えられて強いボス的がいたり(Franとはまた別だと思うけど勘違いかも)する。基本的に儲けが大きくなりました。
     FlexWhiteReach.esp
     
    これがメインファイル。もっとわかりやすい名前に…
     FlexAip.esp

     上記のMODの補完ファイル。未改造だったところの追加とかかな?

    HUD STATUS BARS
    HUD STATUS BARS ENHANCED

    画面上の情報表示を自由に編集する。自分にはかなり難しいので勉強中。これもいずれ記事に。無印のHSBを導入した後に、espだけをENHANCEDのESPで上書きする。機能が拡張されます。

    FLOATING WEAPON FIX [ENEMIES KEEP WEAPONS IN INBVENTORY]
    タイトルで説明しすぎだろ。以前は日本の方が作ったMODを使用していましたが、英語環境に変更するにあたりこちらに。多分、どちらでも特に不具合はないとは思うのですが、BOSSに登録されてないのでひと手間増えるのです。

    DUNGEON ACTORS HAVE TORCHES
    ダンジョン内の人間系NPCが、一定確率で松明を持つようになる。つい拾ってしまうので、インベントリの松明がどんどん増えていく。

    COMPLETE GARDENING
    かなりお気に入りのMODの一つ。成長状態のモデルが用意されている植物系の素材を地面に植えて、成長後にまた改めて採集できるようになるMOD。帝都の自宅周りを花で飾ったり、普段よく通る場所によく使う錬金素材を増やしたりと、大変便利。土に植えるのがそれっぽいけど、基本的にどこにでも(テーブルの上にでも!)植えられます。
    追加される手袋を装備すると足元の地面に口を開けた袋が発生します。その中に栽培したい素材を二つ入れて、袋の口が閉まればOK。ある程度時間がたつと採集可能です。ちなみに口が開いたままなら対応してない素材です。ショートカットに手袋を登録して、ボタン一つで袋を作れるようにするととても快適。

    LOCKPICKS 要クリーニング(済)
    バニラでは何も効果がない金属小物からロックピックを作れるようになるMOD。雑貨屋で鉄やすりを買うだけでOK。開錠スキルと鍛冶スキルが低いうちはかなり失敗するので、ゲームの難易度低下はそこまででもない。

    LockOn α版
    がっちりロックオンするんじゃなくて、少し融通が利くのがいい。照準を合わせてつかむキーでロックするタイプです。名前表示が地味に助かります。遠くの死体をロックしようとすると、LootMenuが働いて死体のアイテムがピロっと表示されます。

    ANIMAL PLANET WINTER EDITION
    野生動物を追加。レッサーパンダがかわいい。いいんだけど、下水道とかまで入り込んじゃって大変なことになる場合がある。

    DOGS IN CYRODIIL
    各町に犬を追加。オオカミと微妙なラインだけど、まぁギリギリで犬。

    OBLIVION GRASS OVERHAUL 要クリーニング(済)
    屋外の植生と地面も少し改造し、緑豊かな、バリエーションに富んだ景観にする。これは相当に見た目が変わる。

    ULTIMATE LEVELING
    個人的に期待の新人。レベリングのシステムを変更する。説明では経験値形式と従来のスキルベース式で選択できるってなってるけど…どうやって経験値式にしたらいいのかわからない…。スキルベースでざっと説明すると、マイナースキルはスキル上限がマイナースキル全体の合計値で決まっており、上昇が遅い。メジャースキルはデフォだと合計で1000まで上げられて、上昇が早い。7つだからいくつかは100超えられるってことか。要するに、最初に選択した職業選択が最後まで意味を持ってくる。また、能力値やヘルス、マジカはレベルとスキルに基づいて自動で計算されるため、能力値を上げるために不自然なプレイをする必要がない(スキルを早く鍛えたいならそれはまた別だけどね)。運は悪名と名声、懸賞金によって動的に管理されるが、運を上昇させるアイテムが追加され、いろいろな場所で拾うことが出来る。…らしいけど見つからないなぁ…。馬の蹄鉄なんだけど。また、能力値の上限を上げるためのスクロールが追加される。これは能力値がある程度まで上がらないとゲーム中に出現しないが、条件を満たすとNPCが普通にドロップするようになる。て感じかな?取引スキルの上がりにくさは改善されないので、そこはなにか他のMODを入れる必要がある。と思う。
    追記:ゲーム再開時にレベルが0とか1になってることがある。レベル上昇マークがついてるからその場で寝ると、本来のレベルに戻った。けど変な挙動だなぁ。

    Oblivion Masterpiece Equipment Collection Optimized
    様々なMOD装備を統合して、いろいろな場所に追加された宝箱からランダムに出現するようになる。アイテムにレア度が設定してあって、自分のレベルに応じて出現率が変わる仕組み。トレハンの楽しみが出来ます。

    EnemyDirectionIndicator
    敵に攻撃された際に、その方向が赤く表示される。FPSのあれね。これはいいですよ。

    MAGIC VISUALS OVERHAUL
    魔法のエフェクトが今風にきれいになる。ENBを入れてればすごいことに。

    IgnoreFriendlyFireDamage v2.0
    味方に攻撃が当たった際に、直後にダメージがリセットされて有効度の減少も修正される。使用上、一撃死の場合はどうしようもない、らしい。敵同士の攻撃もリセットされるので、勝手に自滅、という事にはならないかも。

    ITEMDORESPAWN
    民家や商店のアイテムが何らかの理由で無くなった際に、そこを管理するNPCがいる場合にきちんと補充される(リスポーンする)ようになるMOD。例えばテーブルの上の食べ物とか、ディスプレイされている商品とか。空き家のものは対象外になるため、大変自然。自分ちはメイドがいれば補充してくれるんだって。へー。

    AKAVIRI BATTLE CAT
    ネコ型のコンパニオンを追加する。その名もミフネさん。とにかくゲーム中にネコを追加したくて色々見てたんだけど、どれもなにかしっくりこなくて最終的にこれになりました。チュートリアル終了時にすぐに仲間にできたり不死属性ついてたりするんで普通にチートなんだけど、これもう外せないわ…。白猫ちゃんもオプションで追加できる?そっちはまだちゃんと見てない。

    HANASAKU TOUKEN - AKAVIRI WEAPON SET
    侍っぽいキャラでプレイしたくて、武器の選択肢を増やすために導入。アカヴィリ武器を増やしたいんだけど、店で気軽に買えるのは何か違う気がする…という点でなかなか決められずにいる。IMMERSIVE WEAPONにデータをマージすればランダムで出現したりするのかなぁ。その辺よく分かってないんですよね。これはクラウドルーラーに置かれるタイプのMOD。強さとか確認してないけどどうなんでしょう。

    SKILL BASED HARVEST CHANCE
    錬金スキルと運の高さによって、採集確率が変化する。iniで調整可能。

    GUILD ADVANCEMENT
    戦士ギルドと魔術師ギルドのクエストを進める際に、ある程度のスキルが条件になる。魔法が全然上達してないのにギルドマスターになる、てことが出来なくなる。魔術師ギルドはかなり意識して勉強しないと進めません。リアル。ポイント割り振りのレベリングにしてると、ちょっと厳しいかもしれない。

    IMPROVED FIRE AND FLAMES (マージ)
    松明や焚火、町のかがり火などの火のグラフィックを一新する。これもすごく効果があると思う。割と欠かせない。

    JHAERIKS DUNGEON FOG REMOVER_MAJOR FPS INCREASE_
    要クリーニング(済)
    ダンジョン内の霧を無くす。FPSを稼ぐためでもあるんだけど、霧が光って見えてとにかく邪魔、というのが大きい。とてもスッキリします。

    LUSH AND GAUDY WATER
    水質改善。水の質感自体はORのLiquid Waterが一番だと思うけど、これを追加すると水底の光のゆらゆらがとてもきれいに映るようになる。これはねぇ…かなりいいですねぇ…。
     Lush & Gaudy SI Water.esp
     上記のMODのSI対応用。まぁあそこは濁っててもそれらしいっちゃらしいけどね。

    MOUSE CAST
    ボタン一つとマウスのクリックで簡単に複数の魔法を使い分けられるようにするMOD。たくさん登録できるんだけど、普段使うのは攻撃魔法一つ、回復魔法一つ、馬を呼ぶ魔法一つくらい。3つまでならマウスホイールも回さずにパッと使える。便利すぎる。起動ボタンはゲーム中から変更できるので、他のMODとの競合も心配ない。

    KEYCHAIN
    これも必須だろうなぁ、イベントで手に入った鍵類を一つにまとめて、インベントリ内で表示されなくする。ズラズラ並ぶからねぇ。
    DarnifiedUIの機能で、鍵カテゴリーをクリックすると表示を隠せることに最近気が付いた…。これいらないわ。

    SIDE_S BACKPACKS
    背中に背負う鞄をゲーム中に追加する。形や大きさのパターンが多く、見た目がかなり好み。インベントリ内でさらに物を収納して、重量制限を少し無視できるようにもできるけど操作が面倒なのであくまで見た目装備としてしか使ってない。ただ、アクセサリー枠と同じ扱いなので、BashedPatchで装備の上からでもアクセ類が表示されるようにチェックを入れとくのと、複数のアクセを追加で装備できるように変更しました。ちょっとチート気味になるけどねぇ。
    アミュレットの複数装備は、装備しても透明になっちゃうんだね。把握してなかった。iniを編集しないと、荷物が重くなった時に走ったり戦闘したり出来なくなるので注意。


    VANILLA STAFF REPLACER
    杖の見た目変更。魔法使いキャラならぜひ。これがまたstrTrollstaffreplacer.espって名前で、見つけにくい。

    VANILLA GEAR REDUX
    バニラ装備の体系を変える。オプションで大胆にデザインが変更されたのもあるけど、もはや紐。esp名はMass Outfit Redesign。違いすぎだろ。

    QUEST AWARD LEVELLER
    クエスト報酬のアイテムには取得時のレベルによって強さが変わるものがあるが、それを動的に変更させるMOD。序盤に取った武具がちゃんと自分のレベルに合わせて変わってくれる。なぜかKoTNに対応したespがBashedPatchでエラーを吐くので、これに同梱されてる奴は一度アンインストールして、次のMODの修正されたespを導入しました。
    FIXED_QUEST_AWARD_LEVELLER
    こっちね。これだとちゃんとBashedPacheが作成されました。espの修正なので、これで実際に導入されるのはQuest Award Leveller - Knight of the Nine.espになります。
    前述の別MODに変更しました。

    ALTERNATIVE START ARRIVE BY SHIP
    バニラの牢獄スタートを変更して、船でタムリエルに到着、というスタートに変更する。何より早いのと、「生まれ・職業」設定によって所持金や初期アイテムが変わるのが面白い。錬金セットを持ってないとかね。何をしに来たか、という選択肢によってはかなり高性能な全身鎧でスタート出来たりもします。ちゃんと下水道でアミュレットは拾える。夢の啓示、という設定になって、皇帝とは直接会ってないなど細かい点で食い違うところは発生するけどまぁ問題はない。Ultimate3rdPersonCameraと競合する。NEWGAME時はランチャーからでいいので、U3Pカメラのほうを一時的に切っておくのが無難です。

    ELZ - RELISTIC GRAVITY
    ふんわりじゃない、自然な跳躍。ORのジャンプよりも細かく調整が可能なのと、着地モーションが一瞬表示されるのが個人的にお気に入り。空中での方向転換を禁止したりね。前述のように、Demolish Systemのステップ移動がうまく働かなくなります。

    SM REST
    睡眠や食事によるメリットを追加するMOD。OblivionXPをやめたので、睡眠の必要性が薄くなったことを補完するために導入。睡眠時間や食事に応じて、スキル経験値に一定量のボーナスが入るようになる。寝起きや食後にトレーニングすると若干スキルが上がりやすくなる、という感じ。これのいいとこは睡眠や食事を強制されないところ。あくまでメリットがあるよ、という程度なので遊びやすい。現在のボーナスは「/キー」(テンキーじゃない方ね)で確認。細かい数値的なものはiniで設定できるので、好みのバランスで。

    SUPREMA MAGICKA
    新規魔法の追加、魔法周りのシステムの改善、既存の魔法の威力等の調整など様々な内容が含まれるMOD。スニーク状態で倍率が発生したりダンジョン脱出魔法があったり、「こうだったら便利なのに」というところをフォローしてくれている感じ。
     SM_ShiveringIsles.esp [Version 0.90] 要クリーニング(済)
     Supreme Magickaのオプションesp。SIで追加された魔法もSMに沿ったものに変更される。
     SM_EnchantStaff.esp [Version 0.90]
     Supreme Magickaのオプションesp。自分でエンチャントできる杖をゲーム内に追加。
     SM_Scrolls.esp [Version 0.90]
     スクロール類の効果をSMに合わせて変更する。
     SM_SigilStone.esp [Version 0.90]
     シジルストーンの効果を以下略

    DIVERSE EFFECT ICONS
    魔法用のアイコンの種類が増えて、見た目で効果がちゃんとわかるようになる。

    ATTACK AND HIDE RUS GOLD EDITION
    スニーク状態から攻撃を当てた際に、敵がこちらに気が付くまでの間を追加する。まっしぐらにこっちめがけて走ってくるからねぇ。

    DENOCK ARROW TOO
    弓をつがえた状態から構えキーを押すと、矢をしまってくれる。これは必須だろ。

    MAGES GUILD SKILL REWARDS
    メイジギルドのクエストを完了するたびに、特定の魔法スキルが上昇するようになる。これくらいあってもバチは当たらないでしょ。

    SAVE SKILL TRAINING FOR LATE
    消費できなかったトレーニング回数を、次のレベルに持ち越す。序盤はなかなか訓練できないからね。

    BETTER SHACK
    帝都の自宅を魔改造。

    OBLIVION CHARACTER OVERHAUL VERSION 2
    なんかどうも、つるっとしたアニメ顔よりもこっちの洋風ファンタジーの方がしっくりくるんだよなー。おじさんとかいっぱい作りたい。

    AUTOMATIC TIMESCALE
    シチュエーションごとに時間の流れる速さを変えてくれるMOD。街中や戦闘中では時間の流れを遅くしたりとか。それよりもほしかったのは、ボタン一つで早送りになる機能。通常の大気は1時間区切りで、しかもロードが入るためクエスト中の時間つぶしがかなりやりにくい。張り込みとかをもっとどうにかできないかと思い導入。いろんなショートカットキーと競合するので、その機能は「g」に割り振りました。

    INITIAL GLOW
    エンチャント装備を着けた際に体が薄く光り続ける効果を無くす。地味に邪魔なんです。

    VISUAL ENCHANTMENT EFFECTS_VEE
    エンチャントされた武器に、それっぽいエフェクトを追加する。実際の画面でちゃんと比べられてないから、類似MODでどれがベストかは知らないんだけど、参考画像的にはこれが好みだった。矢のエンチャントは別MODで表示されてます。


    ESPが無く、MODリストに表示されないもの(グラフィック変更系)

    FAR CRY INSPIRED GRASS
    FAR CRY INSPIRED GRASS - EXPANDED
    作者は別で、下のは範囲拡張用。バニラの名もなき草テクスチャがもっさもさのふわっふわになる。こうこの草以外では歩き回れない。下の作者はさらに地表をコケなんかが覆うMODも作ってるんだけど、帝都内の舗装路に草が増えすぎてあまり好みではなかったです。

    OPTIMIZED VWD
    遠景表示MOD表示するための、超軽量サイズの建築物データ。おいおい追加されるとのことだけど、2019/9/12現在ではカテドラル、農園用民家、道の社の三つ。でもほんとにデータ小さくて、かなり期待してます。使い方としては全部を圧縮して一つにまとめて、RAEVWDで遠景用データを作った後にこれを読み込ませて上書き。その後Tes4LODGenで実際に表示…で合ってる、と思う。

    NIRNROOT RETEXTURE
    若干、夜でも探しやすくなる。なによりきれい。音を大きくしたりもしてみたけど、思ったほどではなかったなぁ。設定の仕方かなぁ。

    CAVES RETEXYURE
    洞窟の内壁をリアルに。とにかくゴツゴツ感が好き。

    COMBAT STANCE REANIMATION
    立ち姿勢の変更のために導入。普通にCCAOに上書き。

    BEOWULFS CLOUD NEBULAS
    夜空のテクスチャを変更して、美しい星雲が見えるようになる。夜が明るくなったような気がする。多分気のせいだけど。

    KSTN STYLIZED STANCE
    モーション変更MODなんだけど、この中から武器を構えた状態のスニークモーションだけ抜き取って使わせてもらっています。意外とないんだよね、そういうの。

    UNIQUE SIGNS
    店の看板を、町が変わると全く違う外見になるように変更してくれる。看板が全国共通ってのは分かりやすいけどやや不自然。見て楽しいです。

    PAINTINGS VARIATIONS
    絵の種類を大幅に増やす。雰囲気を壊さない内容で大変いいです。

    BEARD SLIDER FOR OCO2
    インペリアル、ノルド、レッドガードの年齢スライダーの中に、数パターンのあごひげ追加テクスチャを入れる。メッシュを追加する付け髭タイプじゃなくて、濃いめの無精ひげ、って感じのものすごく自然な髭。この人うまいねぇ…。今まで見た中で唯一満足できた顎鬚MOD。

    RETEXTURED ROAD SIGNS
    道路標識のデザイン変更。この中の、文字が白くて夜間でも視認性が高いものを使用。ちょっとおしゃれなかわいい感じになって大変気に入っています。

    IMPROVED MOON
    月がものっ凄いリアルになる。しかしちょっと近すぎるね。くっきり見えすぎるからか?

    FARM FENCE RETEXTURE AND UV MAPS
    フェンスがものすごいリアルに。どこでも目にするのでこれは大事かも。


    以下続く。WryBashのMoD Checkerから、コピペできるModリスト表示があったのね…知らなかった…。

    以下はとりあえず後々詳しく書いていきますので。まだ増えるけどね…。

    Duke Patricks - Actors Can Miss Now.esp

    ROC Standard Road Record.esp

    Bashed Patch, 0.esp




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。