ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

エヌシさん のコメント

今更かもだけど応援してますよ!!ふぁいと
No.1
39ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
どうもお久しぶりです。カネダ・ルガ・タカミツです。 無職になって1年が過ぎ病状も安定してきた今日このごろですが、私ある決断をしました。 生活保護を受ける! 就活してきたんですが良い就職先に恵まれず、手持ちのお金も底を尽きそうです。 なんとか生活しようと様々な方法を試してみました。 ①障害者年金を受け取りアルバイトをする。 このたび精神障害者2級を受けることとなり(だいぶ前からですが・・・) 障害者年金の受給が出来ると聞きやってみたものの、 年金不払い滞納のせいで受給資格がないことになりました。 皆年金は払おうね! ②雇用保険を活用する。 精神疾患での退職のため通常1年以上の雇用保険の加入が不要となり、通常3ヶ月待機3ヶ月支給の雇用手当が5ヶ月即支給になりました。 このお陰で失業後半年近くは治療に専念出来ました。 ③生命保険を利用する。 母が掛けていた生命保険が統合失調症での適応になり、手元に15万円程手にする事ができ、②と合わせて半年間治療に専念できました! ④職業訓練を受ける。 雇用手当が底をつき、就職先も見つからず途方にくれていた頃にハローワークの担当に教えてもらい雇用対策法の給付金制度を使いビル管理技術科で半年間訓練に勤しみました。ここでの就職活動も上手く行かず満期退所する。 その後普通に就職活動をしていたのですが、貯金が底をつき今日に至るわけです。 出来る限りの制度は使い果たしたし、仕事も見つからない。もう絶望しかありません。 いっその事自殺も考えましたが、生放送でとある方から助言頂きました。 「もっとプラス思考で考えてみな。」 助言や励ましを頂き、また生きようと考えるようになりました。そこで最終手段。 生活保護 を受けることにしたんです。 ざっくばらんに生活保護とはどうゆうことか調べました。 生活保護とは、憲法25条「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」の理念に基づき、国民の基本的人権の1つである。生存権を保障する国の制度のことです。ー引用ー生活保護を相談されるかたへ より。 生活保護は次の要件を満たしてもなお、最低生活が維持できない時に適用されます。 1、活用できる資産(不動産、預貯金、生命保険、自動車など)及び収入はすべて活用すること。 2、働く能力がある方は、その能力に応じて働くこと。 3、他の法律、制度など、その他あらゆるものを活用すること。 ー引用ー生活保護を相談されるかたへ より 現状私の場合。 1、活用できる資産は自動車しか持っていなく実家ぐらしである。 2、働く能力に関しては就活が完敗であり、社会的には無能の烙印を押されている。 3、①~④の制度を使い果たしている。 2と3はクリアしているのですが1だけがポイントです。 鳥取県西部総合事務所福祉保健局に行き事情を説明したところ、 原則としては所持使用は認められないが、地理的条件、通勤通院使用する際はOKとのこと。所持している車も10年落ちのスバルプレオのため売却価値なしの為所持は可能で仮に高級車など売却価値のある車などの所有に関しては売却する必要があるそうです。 ゲームやパソコンなどの娯楽品について聞いてみたところ、二束三文にしかならないので売却は不要のこと。やったぜ。 実家ぐらしに関しては世帯別に、つまり一人暮らしになればOKとのこと。 要は住居の確保が重要! 方法はグループホームに入る。町営市営県営住宅の入居。格安アパートを見つける。 家賃上限は共益費込みで34000位内で探しました。 まずはグループホームですがどこもいっぱいですぐの入居は出来ないとのこと。 町営市営県営住宅については、大山町の建設課より生活保護目当ての入居は拒否しますと言われ断念。これについては言われ方がイラッとしました。 町内に25000円の物件があると聞いたので問い合わせてみるもSOLD OUT・・・ 万策尽きたと思いましたが、米子市に目を向けてみれば有りました! 共益費込み駐車場込みで23200円と物件が有りました!大島てるでも事故物件でもなさそうなので安心。 1月頭からの入居となりました。 というわけでそろそろ1時なるので今日はこれまで。今後の活動等は生放送やツイッターでつぶやきます。 それではおやすみなさい。
ハルマリカネダの自由帳
鳥取県西伯郡大山町出身の私がお送りするブログ。持病の統合失調症からなる障害者ネタからアニメやサバゲーネタまでありとあらゆることに浅く広く突っ込みつつ、日々を書き記していこうと思います。