転売がなぜ横行し悪と呼ばれるのか?私なりの視点で書いてみた。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

転売がなぜ横行し悪と呼ばれるのか?私なりの視点で書いてみた。

2019-06-27 14:14
  • 39
どうもハルマリカネダです。最近京都のヨドバシの転売対策が話題を呼びましたが、なぜ転売が横行しているか私なりの視点でまとめてみました。

まず結論から言うと
「転売行為をすると価値が低くなり経済全体が縮小してしまう危険があるので悪い。」

なぜそうなるのか考察します。

まず転売とはなにか。
小売から買い販売する行為だと私は思います。

用語的なもの
メーカー:商品の開発を主とする所
卸:複数のメーカーの商品をまとめ管理する所
小売:卸から売りたい商品を選んで消費者に売る所
消費者:買いたい人たち

基本はこんな感じで本題に入ります。

購入価格は業者を通すほど高くなります。
今回の例
商品Aをメーカーが原価5000円を10000円で販売した場合。
業者ごとに価格の同等の利益で販売する場合。
メーカー:10000円
卸:   20000円
小売:  40000円

となります。

消費者は基本的に小売からしか購入できません。
なぜならメーカーも卸も基本的に小売の能力がないのです。

転売も1つの小売として機能しますので価格と同等の利益を得るには80000円で販売することになります。

消費者は40000~80000円でAを購入することになります。

需要と供給で需要が変化する場合は、供給も同等に調整するようにします。
例えば
1個のもの1人1個で販売し10人がほしいと思ったら9個増やさなければなしません。

しかし用意ができない場合は価格を上げることで需要を減らしバランスを取ることになります。

こうして価格は決定されます。

転売行為を一つの小売と捉えていればなんの問題もありません。

なぜ転売が横行するのか?
それは業者の単価の異常な高さが理由の一つです。


先程の例に商品A1つ1業者100人が関わっているとします。
すると1人あたりの単価が見えてきます。
利益からの単価とします。

メーカー:5000円/100人=50円
卸:   10000円/100人=100円
小売: 20000円/100人=200円


となります。
ここに同じ条件の転売を加えると、

転売:  40000円/100人=400円

です。
しかし転売行為は個人で行いうことがメインなので

転売:  40000円/1人=40000円

となり、小売から200倍の単価に跳ね上がります。

仮に転売と同じ利益を出すために何種類出せば同等になるかというと、

転売の単価40000円として

メーカー800種類
卸400種類
小売200種類


作らなければなりません。

こうすることで転売がいかに稼げるかが分かるかと思います。

ある程度の資金があれば転売行為が一番儲かることがお分かりかと思います。

消費者は小売からしか購入出来ないので買い占めて価格を釣り上げて転売することで莫大な利益を上げることが出来ます。

そうなると

買いたいけど高すぎて買えない。


という状態になります

これに加えて、
価格上昇で需要を下げ調整すると、

値段が高すぎる→間口が狭くなる→規模が縮小する。

という悪循環になります

物の価格は買いたい人に行き渡る最善の設定で作られているので、

価格が変化すれば高くなれば消費者が低くなれば販売者が損をしてしまいます。


このバランスを転売行為は破壊してしまうので悪いと呼ばれるかと思われます。

つまりは
転売行為=市場の価値を下げ破壊する行為

と言えるのではないでしょうか?

なので転売行為増えれば増えるほど市場は低迷してしまいます。

とすれば転売行為をすれば気に入らない商品の価値を下げることも可能だったりします。
もっともそのためにはかなりの資金が必要ですし、供給が増えれば意味はなくなります。


「お金を払って売っているから問題ない。」は理由にならないということです。

以上の事が転売行為が悪と言われるのかと私は思います。
単純に高くて買えないのではなく、市場自体を破壊してしまう行為ということが転売の恐ろしいところです。

自分さえ良ければいいという身勝手な考えで利益を上げる事の愚かさが見えるかと思います。

そこで転売行為を減らすにはどうすればいいか私は考えました。

小売価格以上の買い取り出品を禁止。

これ一つで転売行為は少なくなるかと思います。

現状の法律では中古買取などにおける価格に規定は無いです。

絶版や生産されないものに関してはプレミアがついてしまうのは当然なので、数量限定品に関しては転売減らすことは出来ません。

中古買取の管理において共通の証書をつくることで、1個人での大量転売を抑える事が出来るかと思います。導入コストがかかることと、未加入店などのグレー買い取りが増える恐れがあります。

複数人でバラバラに転売すれば利益は減りますが転売が可能なのもあります。

なのでどうしても転売が無くなるというのはありえないです。

しかし消費者側は1つの行動をすることで転売を防ぐことが出来ます。

転売された商品を買わない。

需要と供給の関係で買わなければ価格が上がることはないのです。

小売価格より低くなれば転売の意味を成さなくなるので購入すればいいかと思います。

いくら規制しても悪いやつは穴を見つけそこにつけ込むものです。

しかし行動一つで規制云々する必要が無くなるのも事実ではないでしょうか。

こればかりは倫理がものをいうので一番は転売品の購入を禁止するのが妥当だったりするんじゃないかと思うんです。

なんかまともなこと書いたので疲れました。
私は無い袖は振れないので買おうとは思いませんがw

最近は無職でやること無いんで素朴な疑問の考察や分解をよくやったりします。
案外なぜこうなのかと言われて、答えるのは難しいものなのだと日々思う次第ですね。

という感じでひさびさに記事を書いてみました。結構な長文だったですが、思考しながら打つ文章は結構楽しいものだなと思ったりします。

一応最後に宣伝
この度コミュニティ名が変わり
Daisen Rare Meat Club
になりました。
内容はいつもと変わりません。
よろしくおねがいします。




























広告
他29件のコメントを表示
×
買いたいのに安すぎて買えないんだよなあ
転売があるおかげで入手できる
3ヶ月前
×
>>27
この手の話題でよく出てくるけど「本当に欲しい人」ってなに?
3ヶ月前
×
一般的に販売している商品に関しては発売した最初期に転売が起きても、大手のメーカーであればメーカーがその後に製造できるので最初買えなかったとしても後々に買うこともできるし、メーカー側も多く製造できるから急ぎで無ければ特に問題はないと思う。
問題はイベントなどでの個数が限定されているものが転売されることなんだよなぁ。
グッズであれば本当に買いたかった人は手に入らず、それのために並んだりしていればそれまでの行動が無意味になり時間が無駄になるし、チケットであれば最近は規制が厳しいので、転売屋から買ったものでは入場できないor入場後に追い出されることもあり、スタッフや運営に負担がかかるし、何よりも空席が目立てばアーティストなどが嫌な思いをするから悪になるんだよ。
何よりも限定品が高く売れるので転売屋はそこを狙うのがたちが悪い。本当に欲しい人だけが買えるようなシステムがあればいいのだけどね...
3ヶ月前
×
完全に自由な市場だっていうんならこれもまたこういう手段だとは思う
3ヶ月前
×
古物商の免許を取得して古物商として法律を守り税金を払え
3ヶ月前
×
細かいこと考えずに、頼まれてもいないのに勝手に間に割って入ってきて仲介料取ってる、ってのと何も変わらないんだから単純に他人に迷惑かけるだけの悪党でしょう。
3ヶ月前
×
これが米の買い占めだと米騒動につながり、打ちこわしや政権を終わらせることになる。
3ヶ月前
×
まあ、法や経済事情がどうであれ一般的な観点からいくと、それを欲しいと思っている人間の気持ちに付け込んで金をせしめる行為だからな。そりゃ疎まれてもしかたないわな
3ヶ月前
×
>>30
転売屋から買ってる奴は転売屋と同じぐらい害悪な事に気づきなさい
3ヶ月前
×
1 本当に欲しい人ほどお金を多く払うのだから、転売者が媒介したほうが「本当に欲しい人が買える」状態に近づく。むしろ安い値段設定で抽選みたいな運ゲーのほうが、本当に欲しいファンにとっては理不尽。
2 メーカーが最初から高い値段にすれば転売屋は現れない。大量に買い占めて転売しても利益出るなら、それはもともとの価格設定が下手糞なだけ。
3 結論 自分たちの価格設定が下手糞なのに、「本当にほしい人が~」という誤った理屈付けで転売者に責任転嫁してるだけ。
4 なお、生きていくのに必要な生活必需品であれば、「本当にほしいけどお金が足りない」人にも配慮すべきだが、娯楽品についてはそのような配慮は不要なので、買占め規制は正当化できない。価格がつりあがって貧乏人が買えなくなっても、その価格で需給が成り立つならそれが正当な価格。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。