【瞬間最高50位】自称対戦初心者のペルテラ叩きパ【剣盾ダブルS11】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【瞬間最高50位】自称対戦初心者のペルテラ叩きパ【剣盾ダブルS11】

2020-10-22 16:42
    どうも、Taktです。

    S11で瞬間50位に到達したアローラペルシアン軸の叩きパを紹介します。
    ダブルバトルに挑戦したのは剣盾が初めて+過去作や他ルールでも良くてレート1600台とか1万位反復横跳び勢の僕がここまで到達してるので、構築自体はまぁまぁ良くできたんじゃないかなーと思います。

    そういえばポケモンホームでも確認したのですが、ランキングにはちゃんと載ってるのに「自分の順位を見る」を押しても何も起こらないので誰か原因わかる人いたら教えてください。


    画像

    パーティ構築経緯

    ダブルバトルでギミック起動するの楽しいなーと思っていたところ、そういえば今まで碌に準伝使ったことないなーと思ったので、とりあえずテラキオンを使った叩きパにしようと思いテラキオンを採用。

    続いて叩き役ですが、エルフーン使用禁止の中候補に挙がったのは以下の4匹

    ・マニューラ
    叩き要因としてトップの速さ、悪戯無効、高火力、凍える風
    ・エンニュート
    特殊AT、粉指使いに強いタイプ、範囲打点、電磁波
    ・ニューラ
    精神力による猫威嚇無効、悪戯無効、凍える風
    ・アローラペルシアン
    特性による高めの物理耐久、4倍弱点なし、凍える風、捨て台詞

    マニューラとエンニュートは叩かないプランでアタッカーとして使えるのが偉いが、今回はペルシアンを採用。単純に使いたかったというのもあるが、S操作と両立するなら耐久あったほうがいいんじゃないかなぁ、と思った。あとマニューラ使うなら火力両立させたい→技スぺしんどくない?と思ったのもある。

    叩きパの基本は「叩きをチラつかせて選出誘導して裏から真のエースを出す」だと聞いていたので次は真エース。古来よりリザードンが強力だとは言われているのだが、メガがない今自力で晴れにできないのが難点で、コータスもいない以上キュウコン必須になるかなぁと思うところ。S10ではそちらで試していたのだが、あんまりしっくりこなかったのでS11で再考した。
    そこで浮かんだのがビリジオン。エースと呼ぶには素の火力が足りないが、初手に出したペルシアンとテラキオンのどちらが生き残ったとしても、叩きやダイナックルで火力を補強できるほか、怒りの粉で叩きを止めてくる相手に対し圧倒的に強く、高い特殊耐久で雨パ耐性もあるため採用。マジで偉い。

    4枠目には、ペルシアンの凍える風ではS操作しきれない相手に対応しつつ、数多く生息するウーラオスや、テラキオンを上からワンパンしてくるアイアント、最後に残ってたりするナットレイに強いファイアローを採用。相手のアローに追い風されても追い風+凍える風で返せたりするのが偉い。

    5枠目には、特殊アタッカーでパーティの補完ができる子が欲しかったのでアシレーヌを採用。雨パ耐性の他、セキタンザンをワンパンできたり、ウオノラゴンの一致技をどちらも半減以下で抑えられるのがかなりポイント高い。

    6枠目も5枠目同様補完枠なのだが、範囲フェアリーがしんどいと思ったのでギルガルドとしている。正直ガルドの枠はもっといい子がいる気がするが、先制技の存在に助けられることもあったし難しいなーという感じ。

    明確に重いなーと感じているのは後発ファイアロー。あとマニューラ叩きでマニュがダイマックスしたりするとしんどいと思う。


    個別解説
    アローラペルシアン HS252D4 臆病
    主に先発で使用。初手でテラキオンと合わせて猫挑発したりする。マニューラとの差別化点はやはり耐久と捨て台詞の存在で、高速捨て台詞で隣の子を守りながら動ける……のだが、「捨て台詞が強すぎて隣を倒してほしかったのに倒されなかった」という事故が発生したので注意したい。捨て台詞ではなくバークアウトなら相手2体両方にデバフが入るのだが、負けん気勝気を発動させたくなかったのと、捨て台詞なら物理相手にもデバフが入ること、バクア採用ならチョッキを持たせたいがビリジオンが持ってることなどから捨て台詞を選んだ。
    初手で猫ではなく凍える風をすることも多いので、ちゃんと見極めて使おう。

    ・テラキオン AS252H4 陽気
    ペルシアンと並べてよく先発で使用。本構築では、打たれると死ぬほどヤバイトリックルームを止めつつ、ビリジオンを安全に降臨させるための生贄になることが多い。守るを思ったより使わなかったので地震とか入れてダイアースするのもいいかもしれない。相手が叩きを止められない場合テラキオンでイージーウィンとなる。
    圧倒的存在感故に早めに処理されることが多いのだが、ビリジオンが控えてるためかペルシアンから処理されることもしばしば。とはいえテラキオンは叩かなくても珠持ってるしそこそこ火力出るので、そんときは普通に殴る。

    ・ビリジオン A252S196H52B4D4 陽気
    叩かれて真のエースになる子。100族抜き。テラキオンが倒されてから出ることが多かったため、リザ等を抜けるようにしている。
    ダイマックスすればキングドラ程度のダイジェットなら耐えてしまうほどの特殊耐久が魅力。物理は脆いので優先して倒したりペルシアンの捨て台詞を入れておきたい。実はウーラオス相手がしんどい。一番の課題は火力不足で(エースなのに)、ダイマックスしたパッチラゴンなどは叩いても削り切れなかったりする。余裕があればダイナックルも併せて火力を上げたいところ。
    ストーンエッジは当たらない。

    ・ファイアロー AS252H4 陽気
    このパーティずいぶん陽気ですね。こご風で抑えられない相手に追い風かましたり、先制ブレバで狩り残しやウーラオスを殴る。ジェネリックリザードンと呼ぶにはいろいろ苦しいが、焼きたい相手はちゃんと焼いてくれるので偉い。タスキじゃない理由は「退場してほしい時に生き残られると困るから」。こんなんばっかだなおい!

    ・アシレーヌ HC252S4 控え目
    雨パなどを殴る。めっちゃ怖いけど捨て台詞からダイドラグーン透かしも狙える。元々はS最遅の子を流用していたのだが、さすがにトリルさせないパーティで最遅にするメリットがなく、激流かうるおいボイスか悩んだまま厳選してたら先に激流の子が生まれたので激流で使ってた。オボンは特に持たせたいものが思いつかなかったから。
    うるおいボイスの子を採用してた場合は眼鏡ハイボしてたと思う。どっちが強いかはよくわかりません。

    ・ギルガルド HC252D4
    先制技の存在が偉かった子。実は叩きで弱点保険の能動起動ができる。サマヨールを潰したり、相手のDを稀に下げたりするのも偉い。


    基本選出
    先発 ペルシアン/テラキオン
    後発 ビリジオン/ファイアロー
    相手のトリルやこの指持ちを猫挑発で止めながら殴られてテラキオン退場、邪魔されない状況でビリジオンを叩いて全抜きする。

    また、本構築はトリックルームを通された瞬間にハチャメチャに厳しくなるので、フーディンや晴れナッシーなどにも挑発を撃つことを徹底したい。ゲンガーに関してはこご風トリル両立してたりするので、多分基本選出じゃいけないんだと思う。
    あと後発アローとかパッチアローもしんどいぞ     あれ?


    感想
    自分が想定していたより遥かに強いパーティができてびっくりしたが、基本選出から外れた選出をする必要がある相手に対する動きを覚えきれてないことなど、本人のプレイングスキルの拙さがよく出ていた。とはいえギミックパーティ故に「これをして勝つ」というのが明確なため、僕でも回しやすかったのがうれしいポイント。

    冠環境でも叩きを使うかはわからないが、ギミックパーティが好きなので何らかのギミックパーティは組みたいし、せっかくなら今月のようにちゃんと勝てるパーティに挑戦したい。

    画像
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。