ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

「お鍋で炊飯」一人暮らしの自炊記録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「お鍋で炊飯」一人暮らしの自炊記録

2017-03-10 06:11

    ↓サムネ↓


    一人暮らしを始めた当初は、そんな毎日米を食うわけじゃないだろうしごはんはパックごはんで十分かなと思っていたけど、それでしばらく過ごしてみて気づいたことがひとつ、パックごはんて量がめちゃくちゃ少ない。

    メーカーによって多少違いはあるかもしれないけど、だいたいどこも「1パックの量は150グラムでお茶碗一杯分ですよ~」と謳っています。それで食べてみるとお茶碗一杯分てこんなに少ないものかと衝撃を受けます。もしかしたらあのペラペラの容器で直接食べているから余計少なく思えるのかもしれないけど、パック一個の量ではとにかく物足りません。

    物足りないので一回の食事で2パック食べたりしたのですが、それだと量は足りても別の問題が生じて、あの手のパックごはんは4個一まとめで売っている場合が多く、私もそれを買っていたので、1回の食事で2パック消費すると2回の食事で全部なくなってしまうんです。

    今日食べて次の日も食べたらもうなくなってしまうので、買出しに行く度パックごはんを買わなきゃいけなくなってしまいます。あんな嵩張るものを買い物に行った際に毎回買って帰るなんてやってられません。それに値段も気になります。一度の食事で1パックしか食べないことを想定して考えるとそんなに気になる値段ではなかったのですが、こうなると絶対米を炊いたほうが安い気がしてきちゃいました。

    そんなわけで、たぶんパックごはんよりお得で一回買ったらしばらく買いに行かなくてすむお米を炊いて食べることにしました。

    でも、ごはんを炊こうにも炊飯器を持っていません。買うとなるとそこそこお金がかかります。安いものもあるにはあるけど米を炊く以外に使い道がないものをわざわざ買うのってなんかなぁって思っちゃいます。そんなことを考えていたら飯盒炊爨のことが頭に浮かび、別に炊飯器なんかなくてもご飯は炊けることに気づきました。

    そんなこんなで今回は、お鍋でごはんを炊いて食べることにしました。

    まず、お米をうるかします。

    今回は1合分のごはんを炊くので、鍋にお米を1合分放り込んで水を入れてしばらく放置します。水はどうせ捨てるのでテキトーな量入れちゃいました。



    正直この手順が必要なのかはよくわかりませんが、レシピサイトとか見たらそう書いてあったので唯々諾々とそれにしたがってます。

    あ、ところで今回は無洗米なのでといでませんが、普通のお米だったらどっかのタイミングでとがなきゃだと思います。

    ちなみに無洗米とはとがなくてもいいお米です。便利ですね。でも動画のコメントで、無洗米でも軽くといだほうがいいよとアドバイスもあったので、そうしたほうがいいかもしれません。

    しばらくたったら水を捨てて今度はちゃんと計って水を入れます。



    だけど、無洗米の場合普通のお米より水の量を多くしないといけないとかなんとかで、よく分からないから結局大体になっちゃいました。

    水を入れたら蓋をして火にかけます。

    最初は強火でグツグツ煮立ってきたら弱火にします。



    弱火にしてから10から15分で炊き上がります。この数値もネットの受け売りです。

    水分が飛んで炊き上がっているようだったら火を止めます。



    火を止めた後は蓋をしたまましばらく放置して蒸らすらしいのですが、なんのこっちゃ分かりません。でも従います。

    蒸らす時にそのまま放置派と混ぜてから放置派がいるようですが、どっちがいいかわかるはずもありません。なのでなんとなくかき混ぜたかったから混ぜました。





    ごはんを放置している間におかずの用意をして・・・・。

    おかずの準備も完了したのでご飯をお茶碗に盛って・・・。



    お鍋で炊いたごはんの完成です。



    味は普通のごはんて感じでした。よく分からないけど。あとおかずを用意している間にちょっと冷めちゃった気もします。でもおいしいです。

    お茶碗に盛ったごはんの上にレタスを敷いてその上に唐揚げを載せて「から揚げ丼」にして食べました。おいしかったです。



    ↓動画版↓

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。