• 邦画【この世界の片隅に】

    2016-12-31 23:22


    邦画、豊作の年なんて言われた2016年。
    最後の最後にとんでもない作品が出てきました。ジャパニメーション、ここに極まる。

    原作はこうの史代による日本の漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 - 2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻の形式と、前編・後編の形式で発売。(wikiより)

    舞台は1940年代の広島・呉(くれ)で毎日を過ごす女性・「すず」の物語。
    戦時中のお話しです。

    簡単にこの映画の魅力を箇条書き。
    ・とにかく当時の広島の情景、書き込みが凄い。
     └頻繁にロケハンや取材を重ねた、とはよく聞きますが、今作に至ってはそれの最たる例ではないでしょうか。
    当時の広島・呉に住んでいた住民が再現率100%と言うくらい絶賛し、更には丘の上で見た場合の軍艦のサイズまで精密に計算したそうです。



    (画像は原作漫画。)


    ・声優"のん(能年玲奈)"がとにかく凄い
     └シンクロ率400%なんて言葉がありますが正にコレ。
    主人公・すずのアニメーションがのんの声により生命を宿します。
    脇を固める他の豪華声優がのんに合わせるように動いてるような(勿論アフレコ別取りでしょうから編集が合わせたが正しいのかもしれないけど)バランスです。



    地元は兵庫県。岩手で「あまちゃん」、今作では広島。3つの故郷を作ったと言っても過言じゃないでしょう。恐るべし のん恐るべし。


    ・サウンド関連がゴイスー
     └著名人が推薦コメントをいくらかしていますが、特におぉ!ってなったのがコレ。
    --- これから戦争を語り継ぐにあたって、とても大切な映画が誕生した。空襲のシーンは、これまで見てきたどの映画よりリアル。ついにそれがどういうものであったかがわかった。 ---   塚本晋也

    どうでしょうか。長くもなく力の入った箇所を見事に絶賛したコメントだと思います。
    本当にその通りで、鈍く、地味で、重い。爆弾が投下されるシーンでのSE・効果音は当時を知らない自分ですら身構えてしまう怖さでした。
    ※本作監督の片渕須直さんは「ブラックラグーン」と言うアニメも監督しており、その時からサウンド関連は好評だったそうです。



    左がブラクラの主役レヴィ、右が今作の主役すず
    神は細部に宿るとは言いますが、ここまで世界観や絵柄が違ってもキッチリ仕事できるとは恐るべし 片淵監督以下略


    戦争が起きても毎日は繰り返す、繰り返すしかない。
    戦争作品は他にアニメ畑として【火垂るの墓】、海外だと【プライベートライアン】などでしょうか。
    ただ、他の作品に無く、今作にある日常を重点にしたアプローチはむしろ【ライフ・イズ・ビューティフル】に近いかと思います。
    今ある状況を受け入れ、それでも生きていく。戦争へのヘイトは声高らかにせず、むしろ逆側を鮮明に描く事が、もしかしたら戦争の愚かさを伝える一番の方法かもしれない。



    外国の軍に捕らわれた親子。子供のためにゲームをすると言う嘘の翻訳をする親父殿。
    この映画はダウンタウンの松ちゃんが「芸人の到達点」とも。



    さてさてそのあまりのすずの強さにやられてしまい、今年最後の映画鑑賞の作品にしてしまいました。
    そして来年1発目の作品もこれにしようかと思います。


    総評9/10点

    得点の理由はありません。
    できる事と言ったら上記のように良い所を上げるくらいで言葉で纏めるのがとても難しいからです。

    最初に観た際、特に驚いたのは、終わった後のお客さんが全員無言で部屋を出て行った事。(聞こえてきたのは2~3人の鼻をすする音くらい)
    アニメーションと言うコンテンツが、今作を持って終焉となるならば、こんな幸せな最後は無いだろう。と言うのは言い過ぎだろうか。


    この世界の片隅に。これは自分たちの世界の片隅で起きたすずの物語。
    中心にいる我らは今作で何を手に入れるだろう。生きていくエネルギーが日に日に募るジャパニメーション最高傑作の1つ。
  • 広告
  • 【VITA】ペルソナ4 ダンシング・オールナイト

    2015-07-08 01:37
    ■Wikipediaより参照■

    ジャンル_Pサウンドアクション
    対応機種_Playstation Vita
    開発元_アトラス/ディンゴ(開発協力)
    発売元_アトラス
    シリーズ_ペルソナシリーズ
    メディア_PS Vitaカード
    発売日_2015年6月25日
    対象年齢_CERO:B(12才以上対象)








    2008年に発売されたPS2「ペルソナ4」のその後のストーリーを主軸にしたスピンオフタイトル。

    ジャンルはいわゆる音ゲー。
    使用するボタンは↑←↓△○×とアナログスティック(タッチによる操作も可)



    音ゲーと聞くとまず比較されるのがKONAMIの「ビーマニシリーズ」だが、こちらはそれほど敷居が高くないのが印象的。(もちろん最高難易度は別)

    8ビートを基本としたポップスなので非常にノリやすく、ボタンを押す際のPUSH音も少し固めで爽快感があります。
    問題の譜面も拍の頭に配置されているので、音ゲー初心者のユーザーにも入りやすい作り。

    敢えてシャッフルビートの曲を少な目にしているのかはわかりませんが、コレは正解かと思います。
    アナログコントローラーを使ったスクラッチはミスをしてもコンボが切れません。必須箇所を覚えて余裕が出てきたらスクラッチ、と言う風に上達方法の教授にも思えます。とても初心者目線であり、経験者以上も満足させるやりこみやオートプレイ等の機能も充実してます。


    曲中のアニメーションが譜面の邪魔をしてるのも意図した挙動だと思います。
    こんなに音ゲー勢が欲しがる機能を実装しているのに、曲中の視認性をポカるとは思えません。
    難易度が低目に設定されているバランスから考えると、反射神経や目押し制度ではなく音ゲーの楽しさとキャラゲー性を重視した結果ではと思える。
    これより高見を目指すなら、ようこそビーマニシリーズへ。と言ったところでしょう。
    恐らく制作会社は初音ミクシリーズに関わった人がいると予想。それぐらいアニメーションの動きや演出は凝ってます。



     ◆良いポイント◆
     ・キャラゲーとして、音ゲーとしてペルソナ4のポップさを全く損なっていない
     ・操作性が良い PUSH音やスクラッチ音も爽快感有り (しかもキャラ声に変更可)
     ・難しい曲でもアイテムを使用した嘘クリアによりオートプレイの閲覧が可能
     ・もちろんだが曲がグッド。(個人的に今作のEDテーマだけで買ってよかったと思える程)
     ・○○が欲しかった、○○が足りない、とならない豊富な機能

     ◇悪いポイント◇
     ・曲数が少ない (少ないと言うより別Ver.で作られた曲が割と多く感じる
     ・コミュニティのコミュフィーバー達成率、または進捗率がわかり辛い(プレイには支障無し)
     ・難易度が低い、いわゆる「ボス曲」が無い
     ・完全にペルソナ4の続編となっているので「P4U」同様、新規プレイヤーにはストーリーがチンプンカンプン

     ★その他★
     ・好みに寄るが曲が丸々1本入っていて1曲のプレイ時間が長め(ビーマニシリーズは基本ショートVer.に編集されている)
     ・自分の好きな順にプレイするオーダーシステムが無い(ここらへんはKONAMIが著作権取ってそう)

     ☆要望 及び 妄想☆
     俺にはわかってるよ、ボス曲はきっとDLCで「キャサリン」シリーズが来るんだ。そして若本さんが曲中で大暴れするんだってね。(頼むよ!アトラス!!)



    【総評】6/10点

    結果、ビーマニ勢には物足りないレベルだけど、これから音ゲー界へ飛び込むなら最良の教科書となるのではないでしょうか。
    やればやる程上手くなる、音ゲーは(とSTGは)陸上競技。





    終わりは無いのだ・・・



    ■メモ■
    判定はかなり甘目、早目入力でもPerfectが取れる
    友情王メダルのコミュフィーバーコンプで足りなかったのは完二絡みだった
    スクラッチ1000回はアイテム使用で一曲丸ごと最初から最後までスクラッチしまくる