公務員も、自衛隊警察消防と同じくキツい災害時対策訓練してれば、給料高くてOKだよね。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

公務員も、自衛隊警察消防と同じくキツい災害時対策訓練してれば、給料高くてOKだよね。

2016-04-25 21:46

    公務員を叩くけど自衛隊を賞賛。 する奴を斬る!。の話の続き:TAM @TAMUSICのブロマガ - ブロマガ
    http://ch.nicovideo.jp/tamusic/blomaga/ar1016224#-

    の続き。



    このBlogにも一番多くかいている個人意見として、教育の大切さ、意識改革、マインドコントロール、の大切さを国としてある程度コントロールするべき、だと思っていて。

    ここまでSNSが発達し、もう教育マインドコントロールで悪い方向に行く可能性が殆ど無くなった現代においては
    もっと突っ込んだ教育をしても良いと思っている。

    学校教育とか、NHK~民法、マスメディアの話は別の記事でそれぞれ書いているのですが、

    「公務員」に対して「普段あなたたちは良い待遇条件でゆるい仕事かもしれませんが、災害時には一切の自由は無くなり全力でやってもらいますからね」みたいなものを最初から条件として教育しておき、そして防災訓練もあんなゆるいものではなく、自衛隊並の~災害有事のプロによる1ヶ月に1回訓練をさせるとか、そういった事を仕事として法律条例も制定して普段から訓練し教育を受けてもらっていれば。。。

    自衛隊や警察消防レスキュー等に対して「うん、有事の時にはがんばってくれるし、ありがとう!」という気持ちと同じく
    「うん、普段仕事はないけど、自衛隊や警察消防と同じく有事の時には頑張ってくれるし、その時には「残業はやだ、有給はとりたい、休みたい」という権利がなくなる、強制的に拘束されて働かなければいけない、という条件があれば。
    この待遇で当然だし、どうぞ宜しくお願い致します^^」

    という民意になってくるのではないか。

    もちろん、有事の時も同じような仕事しかしたくない、もしくはその責任が無い、という人は、
    公務員の正規採用ではなく。とかというように二段階に分ければいいのでは。


    あとは。。。権力を持っている組織は基本的にお金を高く払う事で、腐敗の率が減ってくる。というのは全世界の歴史共通であり、人間の生理的欲求がなくならない限りは永遠の課題ではある。
    そこは、裕福な?(相対的に裕福な)国である日本が「教育による全国民の民度を高める(教育もリソースがかかります)」と「高い給料待遇により、汚職や腐敗や「有事になったら逃げ出そう」という人の確率を下げる」のダブルで、日本は世界一の安全な国となっている。

    そこの拡大解釈で、大人に対しても教育を行い、有事の契約や条件によっては高いお金を普段から払い、その分普段からキツイ訓練を受けてもらい、有事の時には人権がなくなる。 という形で良いのではないか??

    まー私は、子供だけではなく大人も教育を受ける義務を発生させてもいいのではないかな、、とは思いますが、、
    でも歴史上もそんな事は成立できてないし、大人になってしまった人間に対して教育は、本人が拒否した時にやらせる効果が殆ど無い、んですよね。

    独裁政権とか、宗教による人生観まで含めたマインドコントロールが成功していれば、ある程度は可能であります。
    ただ日本ではそれはほぼ無理なので、、、

    。。。。

    おっと、5分過ぎてしまった、ここまで^^



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。