ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

表現者(同人、創作、パフォーマー、他)の3本の王道戦略
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

表現者(同人、創作、パフォーマー、他)の3本の王道戦略

2016-12-06 18:46


    自分の好きなものが創れる、表現できる


    3本の王道

    ・お金か、時間をかける

    ・ブランディング、自分だけの価値、を高める

    ・個人のファンへ直接伝達できるツールを使う



    ・お金か時間をかける=効果良く

    お金をただかけて、変なものを買ってもダメ
    パソコンを買う、スマホを買う
    絵師さんがペンタブをかう、音屋さんが、マイクを買う
    変なものや、安物買いの銭失い、してはダメですよね

    時間かけるときも、変な所に時間をかけてはダメ
    勉強をする時に、同じだけの時間をかけても伸びる人伸びない人いる
    教え方によって、この先生好き!という教科が伸びる事、よくありますよね
    嫌いな先生の教える事って、勉強したくなくなりますよね
    そして、みんな、やって欲しい事ありませんか?
    と聴いて、それをやる
    特に個人ファンがつき出した時、まだまだ駆け出しの素人のクオリティ低い時のファンは
    自分の素の姿、もうその時点でファンになってくれる、偶然の運か、凄い波長が会った人
    その方々の望む方向へのシフトして時間を使う、のも大切

    ____________________


    ・ブランディング、自分だけの価値、を高める

    人って、直ぐに飽きたりする
    いい人とか、普通に素材を提供している、だけだと、どんどんファンが減ってしまう

    やはり、何かポイントとなって、何かのスキルで、何かの表現で人が集まった時、注目された時

    その時に、自分だけのキャラが立っていたら、、、


    恋愛をした事がある人は、一対一の駆け引きや心の通じ合い、相手が何を思っているのか
    そういうことを、何百時間も、何千時間もやってきた人
    それをまったくやったことなくても、もちろん出来る人はいる

    学校のクラスに30~40人居て、そこでキャラが一番立つくらいの
    「クラスの人気者」「クラスのリーダー」になれる人はいる
    やったことなくても、勝手にそういう素質を持つ人はいる

    でも、せめて、一対一での経験レベルや、30人40人くらいの集団の中で際立つレベル
    まずはそこに到達してない方は、そこをまず目指すべき

    恋愛をしたくない、という人は別として
    将来結婚したいな、と少しでも思っている人は
    まだ恋愛経験ゼロの人、少ない人ほど、伸びしろがあるチャンスです
    100回失恋し、101回までプロポーズするくらいの「時間=労力」をかけるのも有りです
    ここに関して「お金か時間」の「お金」をかけちゃダメですよw
    高い車、料理、プレゼント、それで対人関係を学ぼうと思っても、そんなスキルは人生に必要ありませんw
    無尽蔵にお金がある場合は、そのお金を使った豊かで幸せな人生を歩む事を知るべきだから、
    お金の使い方が大切になってくるのですけど、あなたも私もそんなにお金持ってないですよね??

    TAMがやった事は、お笑いのライブ映像とか、テレビのお笑いを、全部見る
    もちろんTOP級の、賞をとるレベルの方々が数十組ある
    そして、それを実際毎週イベントに行って1年に1~3回会うファンと直接話しを数十秒する時に、実践する
    相手が何か言った瞬間に、それに返して突っ込んだり、知識を総動員して反応したり、話しに乗ってあげたり
    またtwitterやメールの文章でも、エンターテイメントを考え、他の人よりも楽しい、面白い、ずっと見てたい、
    そんな文章を心がけ、常にレベルアップをしていく
    最初に3分かけないと128文字がかけなくても、だんだんとその分数を少なくしていく労力をする
    常に自分のタスク消化の為に時間を計り、計測し、かける時間を減らしていく、、、
    そうすれば、成長していけば必ずいつかは、面と向かった時に、瞬間で、1秒で、相手の言葉に返す所まで到達できる
    TAMはそこまで到達したと思っている。元ニートで、クラスの殆どの人と喋る事をしないレベルだったのに
    親と一切しゃべりたくないから、夜ご飯は絶対一緒に食べず、夜中に台所にいってひっそりご飯を食べるクズニートだったのに


    顔を出すと、それだけでブランディングが大きく違ってくる
    その他、超有名な人と自分と、何が違うのか
    それは、本当にわかりやすし、もうそこに答えがある、落ちている
    教えてくれるのだから、取り入れないともったいない
    あなたが取り入れなくても、他のだれかが取り入れてしまいますよ


    ・俺様キャラ、叩かれキャラ、生意気キャラ、悪者キャラ、ラインギリギリを攻めるキャラ

    エンターテイナーであるべき、お笑いキャラであるべき
    圧倒的な才能が無い限りは、、、俺様、生意気、悪者キャラ、がやりやすい
    それについて、なぜか、、、は、、、私が実践してきた事で超長文がかけるので
    とりあえずここでは、ここまで。


    ____________________

    ・個人のファンへ直接伝達できるツールを使って、相手の望む事を提供


    結局人と人との繋がりって
    「相手の望む事をしてあげる」
    これだけ
    笑わせて欲しい、という人に対して、お笑いトークをする
    かわいい絵がみたい、かわいいコスプレがみたい
    あれが欲しいこれが欲しい、みたい、ききたい、、、、

    とか、とにかく最終的には、固定ファンに対して、相手の望む事を提供すること

    メールマガジン登録者、ブログの読者、SNSのフォロワー、YouTubeやニコ動や投稿サイトのフォロワー

    そういった登録者に対して、そのアカウントでの方向性。をキメていく。方向性をブラさない。
    キャラクターにも似たものがあるけど
    「他とは違う自分だけの表現、キャラや方向性」が好きだからこそ、濃いファン、固定ファン、登録ファンになってくれた
    そこからの道をうまくやっていかねばいけない

    キャラが立った後だと、そのキャラがただ単にコンビニに売っているジュースやご飯やお菓子を食べて感想を言う
    それだけでもファンが喜ぶ、けど、そのレベルまで到達してない時にやっても無駄
    だって、恋人でも友達でも無い人の普遍的な話しなんて、誰も聞きたくない

    これも、自分自身を客観視できる人はいる、けど、
    どうしても自分がどうみられているか、どういう立場で、どういう道を歩いていけば正解なのかわからなければ
    これは、周りに聴いたり、ファンに聴いたり、するべき
    「相手の望む事をしてあげる」
    これを、公開で質問を投げかける
    「私に質問ありますか、公開で答えます」
    「私に描いて欲しいキャラ、演奏して歌って踊って欲しい曲ありますか?」
    「私に語って欲しい話題、レビューしてほしいものありますか?」

    そして、ファンが沢山ついて超有名人になって、一対一の恋人レベルの密接な繋がりとなったら
    「私の昔話とか、面白い話し、悲しかった事、嬉しかった事が知りたいですか?」
    「私が普段食べているコンビニのご飯、お菓子、ジュースが知りたいですか?レビューしてほしいですか?」
    まで。

    超有名人まで辿り着いた人の事を、無名の人が真似しても、まったく無駄
    いやでも、超イケメンとか超美少女とかの場合は、いきなりそこからスタートする逆パターンもあったりする
    最終形態は「あなたの生活ぜんぶ見たい、生放送でずっとあなたの人生を一緒に体感したい」となる
    生放送主、と言われている所までになってくる
    (そのようなパターンは、TAMは未経験だけど、まだまだ世界には様々なやり方はあるよね)

    それらも結局

    (今の登録ファンが)自分に望むものはなんだろう?

    それをやってあげる、と、喜ぶ^^

    そうすると、長く関係が続く


    今日はここまで。今から、冬コミの製作録音の書き出しが終わったので、続きをやります~~~^^
    ふぅ、普段は喋ったりするけど、キーボードで文章を即興で書きなぐるのも、定期的にやるべきだし、やぱり楽しいね♪



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。