ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

人気職業ほど給料は下がる。需要と供給の市場経済の原則。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

人気職業ほど給料は下がる。需要と供給の市場経済の原則。

2014-04-23 12:16
    音楽「歌ってみた、演奏してみた、ボーカロイド歌わせてみた、作詞作曲編曲、、、」
    をはじめ、スポーツ、芸能、芸術、系は、、、

    人気である、頂点は、億万長者になれる
    でも、頂点が億万長者になれる=その他大勢が養分になる

    という図式を義務教育で教えるべきだと思う・・・・


    頂点が稼げる業界ほど、新人は辛い。という現実。

    若しくは、チヤホヤされたり、楽しい、楽しそうな仕事ほど、競争率は高い

    努力せずに新人として入れる業界ほど、競争は激化している


    例えば、国家公務員一種、弁護士、医者、等の資格試験
    一部上場企業に入る為の学歴や面接や入社試験

    のハードルを超えられなかった人は、仕事ゼロ。


    例えば、声優やアニメーター、音楽やスポーツや芸能芸術は、
    専門学校に入れば、若しくは自分でNetで活動をするなりすれば
    ハードルを超えて、クリエイター、パフォーマーの仲間入りとなる

    そのハードルの低さ。。。

    1次試験(大学入試等)を突破し、4年~8年、努力をして習得をし、2次試験(資格試験や論文)に通り、さらに三次試験(就職試験)に通る

    そのハードルがあるからこそ、需要と供給が保たれている現実



    市場経済
    =市場機能を通じて需給調節と価格調節が行われる経済。

    反対語=計画経済



    今、スポーツ選手として、アーティストとして、声優として、芸人として、
    ブレイクする人というのは
    1000人に一人くらいの才能じゃ、かなり辛い。(学校内で一番レベルじゃ、辛い)
    もっと、上じゃないと・・・。

    学校で一番の美少女 のレベルとか
    学校で一番頭がいい レベルとか
    学校で一番スポーツ万能 のレベルは

    TVで華々しく活躍している人にはレールの上だけ歩いていては無理。

    もちろん「コネ」とか「自分で頑張って道を切り開く」とか、
    スポーツ万能×美少女、イケメン
    とか、

    まぁこれをいっちゃうと
    美少女やイケメン×それを売りにして、グラビアとか写真とかで売りにすることができる精神力

    があれば、そういう人が好きな三次元アイドル層というのは
    二次元好き層と同じくらい、いやそれ以上存在するのと

    旬が短く、劣化しない二次元と違って、特に女性の場合は5年くらいでサイクルが起きるからこそ
    市場が常に回転するものであり、だから「新人枠」が空いている。
    特に15歳前後で芸能入りする「新人枠」に限り、ハードルは下がる。

    初期のAKBとか、地下アイドル系やジュニアアイドルは、リスクがあり覚悟も必要で供給が少ないからこそ、ハードルが下がるんだけどね

    とか、わかってないけど目指している人に
    どうやって、教えたらいいのか・・・

    ・・・・

    ボーカル、アイドル養成学校とか、需要があるからやるんだけど、、

    それは、職業としての需要があるからではなく
    養成されたい需要 があるからやっているのであって・・・・

    ・・・

    公立高校や公立国立大学 の数は国が管理し、それ以外は市場自由経済に任せる
    その原理・・・

    橋下知事が、大阪の私立学生に対して、バッサリ正論言って切り捨ててたけど。
    どこまで税金をかけるか、どこまで保証するか、、、
    生活保護的な保証はあるが、職業「選択」自由はあるが、
    それで「豊かな」生活と「楽しい職業」を沢山の人に両立させて上げるリソースは国家には地方自治体には無い
    「高校生を全員税金で学ばせる」事をしないのは、国家の政策であるし、それを変えるにはやはり政治的に間接的に動くか、直接政治家になって変えるしか無い

    とね・・・。

    自己責任。の範囲の問題。


    で話を戻して。





    会社なら、当然利益追求するべきですけど・・・

    身近にそういう脱落した人が居ないというか、そのレベルの人と一切付き合って来なかったからこそ、感情的に理解できてない自分が、、、




    ん?学校は現実叩きつける場所、としての機能なら、

    義務教育での部活動で、上位の人しか試合に出れない、し、
    数値で評価して、評価の低い人は「学校選択や試合出場選択等の選択肢が少ない」
    のは当然だしあたりまえだし、、、そこまで平等には出来ない、、

    それはそれで、うまく社会ができているし

    その学校教育システムが人間という動物と親和性があったからこそ。。。



    でも、そこでは脱落したけど、集団でテストとか評価とかされてない分野なら
    大丈夫なはず!!!と思った所で、
    結局テストや評価されるんだけどなぁ・・・

    それを「わかってない」人か「何も考えてない」人が、殆どなんだろうなぁ・・・
    いや、分かっている人は、自分で勉強して考えて聞いたり調べたりして動いている

    動いてない人に対する救いの手は、、、、??



    あれか、オンリーワンで、評価とかテストとかでの選別が少ない分野に行けばいいのに
    (地道に裏方で働く職人とか、技能に応じて給料はもらえるし)

    一同に集まって競争させてテストさせて点数を付けて、という場所が「無い」場所をもとめればいいのに、
    そういう競争が激しい場所で頂点をとったから、華やかな職業になり得るのに


    やはり、そういう事を、義務教育で語るべきだし

    それが無いのなら、影響力のある人が、しっかりと語らなければいけない
    それが国益にも繋がるんじゃないだろうか???

    お花畑で自分の夢を追いかけ、現実をいつまでたっても直視しないような大人が
    今後量産されていってしまってからでは遅い・・・


    ・・・・で。

    TAMとして、自分の人生の中で、何が出来るんだろうか、具体的な事は何があるかな・・・

    と妄想。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。