ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

全国世界規模でのTAM企画グループ構築のグループウェア導入の検討
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

全国世界規模でのTAM企画グループ構築のグループウェア導入の検討

2014-04-23 13:35
    全国世界のイベントスタッフ、製作スタッフ、が一同に集まり
    TAM企画グループとしての情報集積所。

    の検討。

    構築導入までの、TAMの脳内。

    の中のほんの一部を文章で。殴り書き。

    考えているんだぞ!という雰囲気を出す為だけで
    意味不明な文字列とかもあります^^


    ・導入の検討要因
    無料か、若しくは買い切り1万円程(TAMUSICのHPはこれ)
    サーバーインストール型か、クラウド型か
    使いやすさ
    サービスの永続度
    今後の発展度合い
    中国からのアクセス
    関係者が使っているサービス度合い


    ・結論
    mixiコミュ(10年~5年前の大学生はこれ。今はログインしてない重い使いにくい)
    Facebookグループ(大学生は今これか。匿名NG。同人アカウントで使えない)
    サイボウズ系(大手会社員の半分くらいはこの会社のグループウェア使っている?)
    Google+ (今後の匿名可能でのシェア、発展度合いはMAX。ただし中国NG)

    中国からのアクセスを切り捨てるか、
    若者を切り捨てるか
    mixi世代を切り捨てるか
    Facebookのコミュニティーを行っている所もあるけど。。。

    博麗神社例大祭みたいに、サイボウズLiveを使っている所も多い
    一昔は、同人イベントやサークルの殆どはmixiコミュだったけど。。。

    mixiと一緒で個人ページは統一して、グループに参加して、という事で、、、

    シェア的には、今はどんなもんなんだ???


    みなさん的に、この4つ、だったら、どれ選びますかね????







    _____________________






    秘匿情報、大本営はmixiコミュのこちらをひとまず継続。
    (こちら=mixiのTAM企画運営主要メンバー10名所属会議コミュニティー)

    1~2回しかスタッフやってない、製作に参加してない、人が入るコミュということで
    万が一漏れても問題無い情報。

    TAMがこちらに書いてない事を中心に。

    ・イベントスタッフ支部
    ・全国遠征イベントの情報、現地スタッフとの打ち合わせ(全国支部)
    ・海外遠征イベントでの情報、海外現地スタッフとの打ち合わせ(海外支部)

    ・サークル単位、製作企画単位

    ・製作企画支部
    CD等、型番ごとに行う
    現在、こちらでTAMとぽこだけのやりとりで、その情報を再度流す二度手間を無くす
    (現時点で、秘匿データは、直やりとりでやっている)

    ・サークルとしての方向性、心構え、等
    製作メンバー、スタッフ、一同あわせて、育てていくコミュニティーとしての役割
    (現時点で、こちらのコミュでTAMの書き込みしてるが、スタッフにも見せても問題ない所なので)

    ・TAMの動き、の報告。
    渉外情報とか、漏れても問題無いけど、公開はNG、のレベルの(誰と合った、話した、とか)
    を、スタッフレベル、製作メンバーレベルまで見せる。

    ・特に、PCを持ってないレベルの人にも、スマートフォンでやりとりできるように・・・??


    _____________________



    50くらいサイト見て、ざっと勉強してみたけど。
    その中で一番ためになったサイト。
    全体的な業界全体を俯瞰した記事+ここ3年以内の記事、というのがGood
    (5年前10年前の記事とかがあって、古すぎて参考にならないものも・・・)


    CMSを導入するメリット(前編) - Webサイト制作最新トレンドの傾向と対策 - MdN Design Interactive
    http://www.mdn.co.jp/di/articles/2661/?page=1

    CMSとは、コンテンツマネジメントシステム(Content Management System)の略で、Webサイトの文章や画像などのコンテンツを入力する管理画面を持ち、その管理画面からコンテンツの追加編集をすることで、Webサイトを運営する仕組み
    このような業界全体の視点を持ってなかったので、ひとつ勉強になりました^^





    _____________________




    ・現在のイベントスタッフファンの9割を占める東方ファンにおいて
    博麗神社例大祭が導入している! そして、そのインタビュー受けている代表と知り合いだ!
    というセットでのプッシュによるメリットはかなり大きく
    特に20歳前後の若者で、こういうコミュニティーをやったことが無い人に使ってもらう為に
    この殺し文句は最適?か?

    大手のイベントスタッフに(イベントに能動的に参加するレベルの人)の方が
    一般参加で、TAMUSICだけに参加する、というレベルの人よりは継続性が長い
    事を考えると、、、
    イベントスタッフ全体においても好印象で、さらにTAMUSICのスタッフからはじめないか?
    というリクルート形式のスタッフにおいては、超メリットがある
    地方スタッフなので、博麗神社例大祭にスタッフ参加する、という人は結構少ないけど、、、


    ・パスワードをいちいち入れる、というだけで、ログイン率が超落ちる現在において
    twitterでログインできる、という機能は、たぶんここ5年くらいはマストな機能


    _____________________



    ・xoops詳細
    WordPressが導入できたので、ざっと関連ページを見た所
    WordPressと同じくらいの労力で導入はできる、、、
    HPとか全体的なカスタマイズが出来る

    が、、、
    プラグインとか、デザインテンプレートとか、が、WordPressに比べてかなり少ない!
    =TAMがWordPress導入に踏み切った決定的な所が含まれている所が足りない・・・

    掲示板とか、グループウェアに特化したプラグインだとか、が、検索かけても見つからない
    導入事例も少なそう
    =カスタマイズとかが出来なければ、やっぱり難しいか


    ・重要度
    ガラケーでの閲覧も重要視していた構築は「いらない」(切り捨てる)
    初期から、TAMは、ガラケーでの閲覧を(重い、大きい、等)切り捨てて
    動画投稿やHP構築、コンテンツUPをしてきたのは、
    結局定期的なメンテナンスや状況にあわせたリニューアル頻度との相対的な関係によるもの。
    で、それが当たっていた、正しかったと思っている^^

    よって、スマートフォンかPCで見られるような、ある程度リッチコンテンツでOK

    ・デザインカスタマイズ
    xoopsの関連サイトとか、30くらいを30分くらいで見たけど
    その中で調べた事は

    ・関連サイトの更新頻度、盛り上がり度
    WordPressに完全に押されている?
    開発の継続性、無料でのサービス提供の継続性、
    サードパーティーその他追加機能の提供持続性

    が、5年10年で必要。

    自サーバーで導入してログインするくらいだったら、
    mixiにログインしてもらって、導入の方がいい??
    (HPPSさんは、カレンダー機能使ったり、一部の人への日記だったり、申請をコメントで受け付けていたり)
    似たような所を一から構築するほどの凝った事をするつもりは、、、
    今後5年後まで無い

    +商業や複雑な企画(同人PCゲーム開発等、3~4名のコア数で3ヶ月とかで可能なもの)
    をやる可能性は、3年後に30%くらいある
    (ALVINE関連の人脈=会社倒産で余った人的リソースがあるか無いかが最大の要件かな)
    時には、また別のものを構築予定
    =そこまで考えてない

    若い世代は、自分でカレンダーをやったり、というよりは
    「掲示板」に特化して、twitterと似た感覚で、タイムラインとかだけ。
    くらいのレベルのスタッフに標準をあわせたシステム??で十分

    デザイン的に、旧式のものは、そもそもダサイと思われてしまう可能性固い
    これはTAMの偏見ですが、でも、たぶん若い世代はデザインが凝ったサイト「しか」見てないので
    そのハードルは思った以上に高い、と思う・・・
    例えば同人CDのパッケージングで、委託ショップで買う層は、すでに昔の同人デザインレベルのものを
    見る事は無いレベル、かもしれない・・・


    カレンダー機能とか高機能システムを「切り捨てて」ブログ+αのシステムがブレイク
    システム的にやれることが少ないからこそ、どーにかTAMが「触れる(時間的能力的に)」
     →盛り上がっているので、現在のTAMUSICのような10万レベル?のデザインが6千円で買える
     →WordPressと似たような構築を、さらにもうひとつ勉強導入する意義が半減する



    _____________________


    mixiのコミュニティーにおける、現在のただの掲示板機能、だけでも十分^^

    たぶんこれくらいの熱量で、TAMの書き込みが8割くらいを占める事になり
    それをみんなが共有し、視聴し、
    そしてやりとりをする人が数人居て、それを見ながら、自分でも手伝える所とかを能動的に見つけたり
    時々募集したり、というのをやる、程度・・・。

    これ以上の機能をTAMが使うか(カレンダー機能に描きこんで、それと連動させて~とやるかどうか?
    ToDoタスク管理とか、
    個人のメンバー個々ステータスに応じて何かやるか?といったら

    今現時点では使ってないし、やらない。。。
    Google系のものを使っての管理とかも出来たけど、結局導入見送った

    重要なデータとか秘匿性の高いものは、メール。+会ったり、電話Skypeチャットにて

    と、全体一斉に。 というのでOKか???

    _____________________



    サイボウズLive導入の、最大の難点

    =無料じゃなくなる
    =機能が削られる

    というのは、、、ブログサービスとか、SNSサービスとかのように
    広告機能が沢山入ったり、サービスの質低下で遅くなったり、するレベルはあるが
    消える可能性は殆ど無い、、、、今後5年後、10年後、まではmixiのように、一応持つ、確率、期待。


    とはいえ、既にmixiで情報蓄積させてしまっている時点で、
    「文字のみなので」

    メールでのやりとりをバックアップしているのとそんなに変わらない。


    TAMの現在の文字全てにおける管理方法は
    書き込んだ、やりとりした全てを、日付を付けて、順番にテキストにコピペしていく
    (1記事コピペで5秒)
    1ヶ月枚に区切ってバックアップとる
    何かあればテキスト検索で書き込みを探している。
    全体検索は、Windows付属の検索でテキストファイル全体検索できる、ので
    いろんな書き込み箇所の横断検索ができる

    これだと、オフラインでも10秒くらいで探せる

    これをやっているので、掲示板程度の機能だったら、「メール、twitterと同じレベルでの手軽さ」
    で、若いスタッフが導入して滞留してくれればいいので
    高機能すぎるのは、もっと上層部のみの製作管理運営チームレベルになったら導入検討、か?



    _____________________


    前の記事の関連どころ抜き出し


    サーバー導入型。 WordPressをやってきたが、
    結局、PHPその他システムを触る事はしないし、TAM以外に触る人は居ないし
    TAMがやれる範囲内で、TAMUSICのWordPressのHPを、これで運営5年目。

    同じような感じで、運営していく事は間違いないでしょう。


    サーバー導入型の
    デメリットとしては
    http://ryus.co.jp/modules/case/index.php?content_id=14
    こういう事例が、LINKの一番上を掘って見つかったのですが、

    もしこれを導入するなら、このような事例とか含めて数時間は納得行くまで見て
    さらに、TAMが1人でも解決できるか、作業できるか、復旧できるか(バージョンUPとかね)

    というのは、必ずしも絶対条件じゃないにしろ、かなりの重要要件ですね
    WordPressにする時も、それがいけるかどうか、が、最後まで選択の最大要因でしたけどね^^

    WordPress、くらいの世界的規模で有名なソフトなのか(その日本語公式サイトがLINKなのか)
    だったら、かなり導入に傾くのですが

    もしWordPressほどのものではない場合、専門書とか本屋で立ち読みで(TAMは基本買いません^^;)
    マスターできるか、とか、ぐぐって解決できるか、が問題なのと、、

    あと、インターフェースとかもWordPressと一緒で、いろいろ変えられるメリットとデメリットがありそうだなーと
    サーバーにインストール、は、出来るとは思いますが、、、
    ん~~~

    あとは、、、 っと、、、とりあえずかなり重要な選択ですので、
    10年後にも残っている、、、かとすれば、サーバーにインストールした方が残るのか、、

    具体的に、やりたい事をやっているページが無い事にはイメージがまったく湧きませんが、、、
    もしかして、それを一からいろんなパーツとかをインストールしていったり、デザインを変えたりして、やっていくという事ですかね???
    専門的な言葉が多すぎて、よく分かりませんね、><

    デザイン的にシステマチックになって、今風のデザインにはできるのかなー とか(調べればでてきそうですが、10分では見つからなかった)

    と、10分でざっと調べてみました!
    [231] 2014年02月11日 07:43

    TAM @TAMUSIC あと、
    EC-CUBE
    http://www.ec-cube.net/product/
    とは関連あるんですかね?
    こちらも、昔オンラインショップ時の検討の一つに考えたのですが
    こちらのサイトは、だいたいやれることが分かりやすいのですが、、、
    こういうことも出来る、ようにも見えますけど、、、

    実際にサイボウズっぽいシステムとデザインを、
    無料でインストールして5分とかで使えるようになる、のか、(ならないとは思いますけど)
    どれくらいのリソースが必要なのか

    BlogとWordPress くらいの違いなのか、どーなのか、とか、、、

    [11] 2014年02月15日 21:02

    TAM @TAMUSIC ・日記より

    現状において。
    mixi所属メンバー限定コミュにて、運営を行っている
    そこでは、最盛期で20名の所属、主要ゲストメンバーがやりとりしていたが、
    現在では、機能的にはかなり小さなものになってしまった・・・

    もちろん、TAMが一人で動かせる範囲内で年間24企画回せているのだが・・。

    で。
    スタッフは、内部に参加出来ない、けど、
    全国世界に定期的に毎年20回行く所において
    全国世界で繋がった大きな形でのワールドサークルとしての形があるんじゃないかと模索
    手伝います!というスタッフを受け入れて、TAMが管理監督できている中で
    受け入れする中間管理者を入れての、将来を見据えた組織創り

    所属じゃないメンバーとの製作についても、メールでのみやりとり。
    合同的なものや、ライブの検討、オフ会の検討、ができるか

    全国世界に支部を作り、そこを拠点に運営を行う形が可能かどうか。。。

    mixiコミュは、10年間使ってきた。
    今後10年間は使う形で。何が最良か、何が10年後まで残るか!
    (多くの人に使われているもの、は、大前提)




    ・グループウェア検討

    Skypeとかチャットとか、個別メールとか、
    一対一の対応を極力しない事をずっとやってきたけど(最初期から時間効率その他で)
    現在、mixiのログインが、携帯とかスマートフォンでやりにくいのと
    外部の若い全国各地~海外のスタッフがmixiに殆ど入って無いのもあって、、、

    新しい全体掲示板的な、グループウェア検討中、です^^


    それをやると、現在TAMがmixiコミュ、こちらに書いてない所をだいたいやるつもり。

    海外イベントについての予定と、それにあわせて参加可能な全国各地のスタッフの参加表明
    合同企画で参加者を募集したり
    全国各地のイベントにあわせて、関係者打ち上げを企画したり
    海外イベントの予定と、現地で手伝ってくれる人、を複数用意したり迎えたり、
    中国語、英語、の翻訳とか、
    また、メールマガジンにて、有料にて参加可能なコミュニティにしたりとか
    運営について勉強したい人が覗けるような
    外部の主要製作スタッフが参加できるような。。。

    です。
    ただ、CD製作については、TAMは3人までとしかやりとりせず。

    メールの総量は、1つのCD企画やライブ企画で、合計10通まで。
    電話やSkypeや直接会議の時間量は、合計1時間まで。
    そのレベルで出来る範囲内の企画のみ、回している。

    なので、同人レベルでのCD、ではあるのだけどね。
    でも、100枚以上CD作っていたら、超速で、企画書もまったく書かないで
    頭の中だけで全て回せて、リスク管理もして、
    もしそれで何かストップした場合の代替案や最悪の代替企画も含めて
    99%うまく運営できている、、、、。


    が。

    スタッフ運営、全国世界のイベントでのスタッフ、現地支部、といった所は
    まったく手付かず。

    ファンとの交流も、mixiコミュニティーがある、はずだが、、、超過疎って居るし、、、
    (どこも一緒だけど)
    かといって、いまさら独自のSNSとかやっても、どーせ過疎るでしょうけど
    でも、熱量の高い、TAMの超ファンで、何か手伝いたいんです!!!
    という方々に対する受け皿的なものも含めて、、、

    サークル設立10周年を記念して、何かできないか考える。。。


    話をもどして。

    現状の、企画書が無い状態での、その場でのメールでの指示とかだけで、回せるレベルが
    現状のTAM企画のレベルであって。

    これは、例えば企業とかで関連会社とかも入れて、10名くらいが入り乱れる企画規模になったら、ダメ。崩壊する。

    ワンマン社長と、その下にラインが分かれていて、相談役がいて、
    という形のみ成り立つ所であったりする。

    それ以上の規模になった場合は、ディレクター情報統括をたてて、それが機能する限りやる、という事で。
    あとは当日現場での即興とか、その場で判断してその場で行動して結果を出すもの、のみ。
    それが可能なステージでのみ活動をする
    自分の管理運営能力や、それに呼応する人モノ構築含めて、今の自分の即興で可能なステージ以上の事を無理して望まない

    その制約をあえてもたせる事で、年間24企画を回しているといえますね

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。