結果論として、日本の歴史は最善の選択肢か???
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

結果論として、日本の歴史は最善の選択肢か???

2014-08-04 13:29
  • 2

今いろいろ騒がれている、

原発問題
核兵器~原子力の(平和)利用の開発維持使用
日米安全保障条約


いろいろ問題はあるが、それでも最善の歴史なのではないのだろうか??
資源の無い日本がここまで発展し平和になった最善の歴史選択だったのでは???


例えば、極論をいえば、、、

明治維新~軍国主義~ 日清日露戦争に勝ち、白人以外で唯一列強入りを果たし、
第一次世界大戦では戦勝国となり、東アジア最強国として地域のボスとなり、、、

この奇跡は、まさに当時世界最強レベルの急成長を遂げる事となった・・・。

しかしながら、同じくらい急成長を遂げたアメリカには到底届かず(国力は20分の1くらい)
そして、
第二次世界大戦の前まで、石油の75%程をアメリカからの輸入に頼っていた。
それが一気に禁輸措置となったため、戦争に発展することになり

建国歴史上唯一の敗戦を経験し、、、

焼け野原となったが、人口の90%以上は生き残っており、

ダメな指導部、政治家、帝国主義、そして財閥、地主、といった既得権益を「完全にしがらみゼロのアメリカによって完全に解体」される。

そして直ぐに朝鮮戦争特需が起こり、
共産国と資本主義国の代理戦争として、日本の発展(不沈空母)が急務となった。

その為、日本が過去、台湾や韓国等へ資本を投入し、搾取どころか発展を寄与し、(当然ながら教育や人事や政治を牛耳り、将来的には本国のプラスとなる事を確証してからだが~)

たぶん日本の2回目となる奇跡の発展が起こる。


これは、一度戦争に負けて、日本以外からの既得権益解体が無い限りは、成し得なかった奇跡であった。


よーするに、

明治維新後、「軍国主義」がなければ、列強入りしなかったし、植民地支配できなかったし、国としての発展は軍隊がどーしても必要だった。

そして、国際法だとか共産主義と資本主義の戦いだとか、いろいろと「戦争に負けるならかなり良いタイミング」で一度負けて、リセットして、、、

で、軍国主義で培った技術等を経済発展に使用し、、

そして世界最強のアメリカの占領下によって、サテライト国家として、不沈空母として、莫大な資本投下を受け、恩恵を受ける。

例えばアメリカの海外基地では世界最大の拠点が日本なわけだが、
そのおかげで、思いやり予算等の支出以上の、メリット大な状態になったわけだ・・・。

まさに、世界最強国家の属国的な立ち位置に着く、というのは、
「戦争に負ける」という流れが必然であるなら(負けなければ軍国主義がずっと続いていただろうし)

だったら、アメリカに負けて、アメリカに占領されるという歴史が必要だった。


例えば、中国国民党とロシアに負けて、占領される、となった場合、かなり日本の今の歴史は違ってきているだろう。



それまでの植民地支配は、現地の資源を搾取する為に、現地に植民を行う事が主目的だったが、、、、

アメリカを盟主とする西側諸国(日本とオーストラリアが、極東に配置された西側)
が冷戦を勝ち、そしてアメリカ一強時代となる所において、

日米安保を結ぶ、というのは、歴史の結果を見ても、最も良い選択肢だった、といえる

これは、日米がWin-Winだった、のだが、それでも日本の政治家の判断は間違ってなかったということだ。


いや、もしかしたら、暴走する陸軍、関東軍、等、戦線を拡大し続け、もう軍を政治で押さえつけることがどーにもならなくなった時には、

アメリカに戦争ふっかけて、占領してもらうしかないか。

という選択肢を、将来未来の今の日本の大躍進に賭けて、勝負に出た、という政治的思惑がった、のではないのか??

当然、戦争に勝つ、若しくは早期講和を結ぶ、というシナリオが一番重要なのは言うまでもないが。


で。アメリカ式の憲法、政治、資本主義、既得権益の廃止、民主主義、を受け入れた結果、、、

もちろんデメリットもあるだろうが、歴史上最速の復活を遂げる事となった。


そして、これもまた見落とされがちだが・・・
太平洋海域がアメリカの支配になった事で、シーレーンが確保され、
結果として「世界最強国家アメリカ」へ「輸出」が出来るようになった。

そしてアメリカも、日本を支援するために?日本からの輸入をどんどん行い、日本に外貨を落としていった。

ブロック経済というものがあるのだが。
資本主義陣営同士での貿易が盛んになるので、やはり世界最強国と貿易が出来る、というのは大きい。

例えば日本国の最大の産業である、自動車産業(国家のGDP割合、輸出外貨獲得品目別、等でみて数十年1位)の、最大の輸出先はアメリカである。

もし、ここまでアメリカの属国、手下となってなければ、(アメリカの意向によって日本の政治経済軍隊が変わるような状況じゃなければ)
ここまで自国の産業を衰退させてまで輸入をしただろうか???


日本が、アメリカの国の占領を受けて、そして再度主権を回復した、という歴史があったからこそ。
アメリカという世界最大の生産国であると同時の消費国へ輸出が出来た、とみるべきである。

世界最大の貿易黒字国。 として君臨する日本の経済を支えたのは、その黒字を支える貿易赤字を抱えたアメリカであり。

それは、日本を52番めの州として見る節もあるからこそ成り立った事であり。

とすると、
結局の所。


軍国主義がうまくいく所まで拡大し続け、
石油禁輸されるくらいまで暴れまくった後に、アメリカに戦争をし、

負けて、占領され、 と同時に隣の国で代理戦争が勃発し、 その後輸出しまくり、経済発展しまくり、、、


という流れ、

この流れがあったから、日本は世界二位~3位の経済大国となったのではないか・・・



・・・・。





広告
×
だが、戦後「成金」が発生したことで今現在は旧体制に戻りつつある。
太平洋戦争のように2度めの「解体」も必要なのかもしれない。
68ヶ月前
×
おぉ、コメントありがとうございます^^
旧体制に戻りつつあるけど、それが「人間という不完全な生き物の集合体として、ベストでは無いけどベターな社会」
だとも思ってます^^
理想を追い求める社会主義とか共産主義は、人間の生理的な欲とか競争とかが邪魔して難しいので、そこまでは考えてなかったり。
63ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。